悪女は変化するネタバレ&感想

漫画悪女は変化するは原作NUNOIZ先生、漫画希羅月(Comicloft)先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪女は変化する」48話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

≫≫『悪女は変化する』の他の話数ネタバレはこちら

悪女は変化する48話の見どころ・考察予想

ラシアはエルザのことを陥れようと、自作自演で湖に落ちてしまいます。

岸に上がったラシアは、同情されるように言葉を並べますが彼女の目論見は上手くいくのでしょうか?

 

避暑に来るまでは、皇子たちはエルザのロベリアでの悪評を半ば信じているような感じでしたが、実際に会ったエルザには好印象を持っています。

アナスターシャはエルザのことを大好きだと言うほど。

 

ラシアは男爵令嬢という立ち位置から、皇子の婚約者にまで上り詰めたと慢心しています。

ただ自分の自己満足のためだけに、エルザを貶めようとしているのですが、皇子たちもそれほど愚かではありません。

ラシアはこのまま黙っているでしょうか?

悪女は変化する48話のネタバレ込みあらすじ

ラシアはあることないこと並べ立ててすすり泣いています。

周りにいる皇子たち、レン、そしてエルザはそんなラシアをただ黙って見ていました。

呆れるエルザ

ラシアがエルザに「何か仰ってください。そんなに私のことがお嫌いですか?」とまだ演技を続けています。

 

エルザはラシアに対して、呆れていました。

どうしてそこまで心が歪んでいるのだろうと訝しみますが、深入りする気にもなりません。

 

疲れたので部屋に戻ると告げました。

するとラシアは怒り出しました。

 

エルザは今度はラシアに向かって同じことを繰り返し言います。

 

レオドリックとアナスターシャが頷きました。

バラディミールは表情を固くしていました。

 

そんな空気に気づかず、ラシアはエルザに向かって人の心がないのかと怒鳴ります。

さすがにバラディミールが窘めますが、ラシアはバラディミールを押し留めて尚も続けました。

 

あなたのフィアンセが理由もなく傷つけられたのだと・・・。

そしてエルザを指差し、湖に振り落としたと断言して、自分より地位の低い人を気分で踏みにじるなんて大公妃のすることかと糾弾しました。

 

レンが我慢にも限界があるとラシアに凄みます。

すると、エルザが自分が何とかするとレンを制しました。

ラシアの読みは外れる・・・?

レオドリックもアナスターシャも、そしてバラディミールさえ押し黙ったままです。

さすがにラシアもこの空気はおかしいと感じ始めました。

 

こういう状況になれば、大公妃が責められると思いこんでいるのです。

 

エルザは、ラシアに「私はあなたを湖に落としたりしていません」と冷静に言葉をかけました。

 

そしてラシアに急に腕を掴まれたときに何かに刺されたような痛みを感じたから軽く手を払っただけで、ラシアが大げさに悲鳴を上げて自分からボートに落ちたと説明します。

 

なぜそんなことをしたのか、私のほうが聞きたい、と至って平静に言いました。

 

ラシアはどういう意味かとまだ食って掛かります。

堪りかねたバラディミールが仲裁に入りエルザに対して詫びの言葉を口にしました。

 

ラシアがまだ何か言おうすると、バラディミールはもう何も言うなと冷たい声をかけます。

 

全員が引き上げる時、レンがエルザにラシアは何をしたのかと聞きました。

さっき話したとおりだとエルザは答えますが、刺された腕を庇うようにしています。

バラディミールも味方になってくれない?

部屋に戻ったラシアは、まだバラディミールに訴え続けています。

 

婚約者が侮辱されてもなんとも思わないのかと噛み付くラシア。

バラディミールはいい加減にしろとうんざりした様子。

 

大公妃はそんなことをする人じゃないし理由もないと言いました。

ラシアは自分の言うことを信じてくれないのかと泣きつきますが、そんなことはどうでもいいと言い放ちます。

 

今回ここに来た目的は、大公家との関係を修復することだから婚約者ならぶち壊すようなことはするなと告げるバラディミール。

 

侍女がやってきたので部屋からバラディミールは部屋から出ていってしまいました。

 

怒り心頭のラシアは、レンとエルザの仲をぶち壊してやる!と息巻いています。

侍女を通じて何かをしかけようと・・・。

 

その夜、ラシアは一人部屋を抜け出し人気のない庭園にやってきました。

レンを手紙で呼び出したのです。

 

二人になったら襲われたフリでもしようと企んでいました。

そこへアナスターシャが現れてラシアに声をかけます。

 

何をしているのか聞かれたラシアが散歩だと言うと、散歩ってこれのこと?とラシアが送った手紙を見せました。

レンを待っていたのではないかと詰め寄るアナスターシャ・・・。

悪女は変化する48話の感想&次回49話の考察予想

やっぱり・・・という展開でした。

皇子皇女もそこまで浅はかではありません。

人となりをちゃんと見る目は持っていますから、エルザがそんなことをする人間ではないことくらいわかります。

 

一人で喚き立てるラシアが気の毒に思えてくるほど滑稽です。

窘められても、あくまで自分の自己満足を優先させようとするラシアに、バラディミールもうんざりしているのでは?

バラディミールは第2皇子で、末は大公または公爵?として国政に関わってくることは必至です。

ラシアは今回のことで婚約解消されてしまうかもしれませんね。

まとめ

今回は漫画『悪女は変化する』48話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫『悪女は変化する』の他の話数ネタバレはこちら

 

「悪女は変化する」はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう♪

おすすめの電子書籍のU-NEXTでは異世界系や悪女系の漫画が600円分無料で読むことができます!

マンガ|電子書籍はU-NEXT
今すぐ異世界系や悪女系を読むならこちら
\初回600円分無料/

無料期間中(登録日を含む31日間)の解約なら、0円

今だけ「31日間無料トライアル」初回登録で、600円分のポイントプレゼント中!好きな漫画を600円分無料で読めますので、ぜひ絵付きの漫画を楽しんでくださいね。登録は3ステップで簡単。いつでもすぐに解約できます。