俺だけレベルアップな件のネタバレ込みあらすじ&感想

漫画「俺だけレベルアップな件」は原作Chugong先生、漫画H-goon先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「俺だけレベルアップな件」34話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

道門との戦いがついに決着しました。

対人戦の経験が豊富な道門でしたが、水篠は状態の回復やスキル殺気を駆使して立ち向かいました。

 

最弱兵器とまで呼ばれた水篠はB級ハンターに勝利できるまでの実力を手に入れたのです。

≫≫前話「俺だけレベルアップな件」33話はこちら

俺だけレベルアップな件34話の見どころ・考察予想

水篠は道門に勝利し、以前よりも遥かに強くなったことを実感します。

しかし、強くなると同時に何か大切なものを失っているのではないかと不安に駆られました。

 

事実、以前の優しい青年だった時の水篠には、とてもできないような行動をとることがあります。

システムとはいったい何なのか、強くなった先に何が待ち受けているのか。

 

迷いはありますが、現実が彼を逃してはくれません。

俺だけレベルアップな件34話のネタバレ込みあらすじ

強くなった水篠!その深き闇!?

道門は、驚くほど素直に己の死を受け入れていました。

ハンターは常に死と隣り合わせの存在です。

 

モンスターだけでなく人間と敵対することもあります。

誰もが殺人者になる可能性を秘めているのです。

 

だから、敗者は命を落として当然なのだ。

そう語る、道門にも一つだけ心残りがありました。

 

それは、水篠の正体です。

普通、暗殺系のハンターは治癒魔法やデバフ魔法まで使えることはありません。

 

常識を超えた力を持つ水篠とは何者なのか気になりました。

しかし、水篠自身も自分がプレイヤーであることしか知りません。

 

道門は、水篠の影から延びる闇の深さが、彼の強さそのもであると悟りながら息絶えました。

道門を撃破したことで、クエストをクリアしボーナスを獲得します。

 

水篠の実力は、以前とは比べられないくらい高まりました。

しかし、強くなるにつれ何かを失っていっている感覚に不安を拭えません。

強くなる代償!失いゆく人間性!?

水篠は馬渕と観月の二人を先にダンジョンから脱出させ、ボスを討伐することを決めました。

水篠の実力を知った二人は反対することもなく、協会への報告をかって出ます。

 

道門から短剣を引き抜く水篠は、ルーン石を発見しました。

ルーン石を割ることで、道門の使っていた隠密を獲得できます。

 

あまりの都合のよさに、気味の悪さを感じました。

二人がダンジョンの入り口に向かい始めると、水篠は囚人の遺体に話しかけます。

 

なんと、死んだふりをしていた囚人がいたのです。

その囚人は声帯を切られており、声を出せません。

 

おそらく、道門が拷問して楽しむためにとっておいたのでしょう。

治療のために観月の所へ連れていくと言いながら、囚人を引きずっていきます。

 

しかし、囚人は激しく抵抗しました。

なぜなら、水篠が向かっているのはボスの部屋だったのです。

 

水篠に囚人を生かして帰すつもりは、ありません。

この囚人も、どこかの誰かに危害を加えている犯罪者です。

 

苦しんで死ねばいい。

水篠は、囚人がモンスターに襲われ、苦痛の中で息絶えるさまをただじっと見ていました。

 

犯罪者の末路を見届けた後、速やかにボスを討伐し、ダンジョンを脱出します。

受けた恩は返す!馬渕の嘘?!

馬渕と観月の報告を聞き、監視課の犬飼が駆け付けます。

犬飼は、他の職員に遺体回収の指示を出しました。

 

クリアしてから既に40分ほど経過しており、猶予はあまりありません。

犬飼は違和感を感じます。

 

報告が間違いないなら、犠牲者の遺体を先に運び出してからクリアするはず。

真相を確かめるため、生存した三人に近づいていきます。

 

そこで、水篠と犬飼はお互いの存在に気が付きました。

犬飼は水篠の変化に驚き、水篠は犬飼の実力の高さを感じ驚きます。

 

犬飼は水篠との会話もそこそこに、誰が道門を討ち取ったのか問いただしますした。

もはや再覚醒を隠すことは敵わないと、諦めかけたその時、馬渕が名乗りを上げました。

 

ヒーラーの観月の力を借りて戦ったと説明します。

犬飼はそれでもB級上位の力を持つ道門に勝てるだろうかと疑問に思いました。

 

しかし、E級の水篠が勝てるはずもなく、ヒーラーの観月も同様です。
不信感は残るが、馬渕から調書を取ることにします。

迫る驚異!水篠の進む道は?!

犬飼は水篠に忠告します。

右京隼人攻撃隊全滅事件の生存者である水篠は命を狙われている。

 

隼人の兄将人はS級ハンターです。

S級ハンターは貴重な戦力であると同時に、災いでもあります。

 

彼にとって、真実が何であるかは関係がありません。

疑わしい者は皆殺しにするつもりでしょう。

 

家族と共に日本を離れるべきだ。

そう言い残し、犬飼は去っていきます。

 

取り調べの最中、道門に殺害を依頼した男が自首してきました。
それにより、水篠たちの無罪が確定します。

 

解放された観月は、魔力石を取り出し、あの時のことを覚えているかと、語り掛けてきました。

俺だけレベルアップな件34話の感想&次回35話の考察予想

道門には無事に勝利できましたが、まだまだ強い者たちはいます。

以前は犬飼に何も感じなかったのに、今の自分では勝てないと悟ることができました。

 

また、犬飼の忠告からS級ハンターに狙われていることがわかりました。

どうして、水篠の前には困難ばかり立ちふさがるのか。

 

水篠を戦わせようとする何者かの意思が介在しているのかもしれません。

残虐な行動も平気でとれるようになり、ますます人間から離れているように感じます。

 

しかし、水篠のことを大切に思ってくれている人もいます。

観月はかつて水篠からもらった魔石を取り出し、うれしそうに語り始めました。

 

観月の様子から、水篠のことを憎からず思っていることが伝わります。

水篠の心を人間にとどめるためには、観月のような存在が必要です。

 

次回、水篠と観月の関係はどうなってしまうのか楽しみですね。

まとめ

今回は漫画『俺だけレベルアップな件』34話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

今回の話をまとめると、

1、失っていく人間性

2、馬渕の恩返し

3、新たな脅威、右京将人

 

S級ハンターに命を狙われている水篠は、彼が日本に現れるまでにどれだけ強くなれるのか。

≫≫次回「俺だけレベルアップな件」35話はこちら

 

「俺だけレベルアップな件」はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、電子書籍化されているので、よかったらそちらも読んでみてください♪

さすがに無料では読めませんでしたがebookjapanが一番お得に読めると思います。(2020年12月時点)

ebookjapanでは6回利用可能なスペシャルクーポン50%OFFが期間限定などで頻繁に配られています。
そちらを利用して購入することで半額で読むことができるので、ぜひお得に読んでみてくださいね。