異次元傭兵7話ネタバレ&感想(ピッコマ)哲平が挑む新たなミッション!

漫画異次元傭兵は原作GMHO先生、漫画BALLO先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「異次元傭兵」7話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

前回までの異次元傭兵では、タマナビの碓氷社長から仕事についての大まかな説明を受け、異次元への派遣において死亡した際のリスクや報酬、レベルアップについてなどを教えてもらいました。

 

その上で哲平は次の依頼を受けることを決め、新たな依頼者のもとへ転送されるのでした。

哲平が転送されたのは、洞窟の中、ミッション内容は伯爵の息子の救出。

 

センパート率いる四人組の傭兵団と共にミッションに挑む哲平の今後は……!!

≫≫前話「異次元傭兵」6話はこちら

異次元傭兵 7話の見どころ・考察予想

お金のために二度目の依頼を受けた、柏崎哲平はユリバルツ・フィルシオンという人物に成り代わることとなった。

 

今回のミッションはレイルリッヒ伯爵の息子レオポールの救出だが……。

今回はいったいどんな物語があり、何が待ち受けているのか……。

 

前回のチュートリアルのように簡単にクリアできるものなのか!?

今回のミッションにも要注目です!!

異次元傭兵 7話のネタバレ込みあらすじ

ユリバルツ・フィルシオンの人生

依頼のためにユリバルツ・フィルシオンに成り代わった哲平ですが、前回と同様に彼の脳内には”ユリバルツ”の人生の情報が流れ込んできます。

 

ユリバルツは騎士の一家の息子として産まれ、将来騎士になることを楽しみにしていました。

しかし、母が大貴族の馬車に引かれてしまうと父は酒浸りの廃人になってしまいます。

 

働かない父と病弱な妹を養っていくためにユリバルツは戦場に向かい、幾つもの死線をくぐってきました。

それでも彼の戦功や努力は上司に奪われてしまい、彼が貰える給料ははした金程度しか貰えません。

 

ユリバルツが家族を養えず、幸せにもできず、「もうここまでなのか」と絶望していた時、一筋の希望が差し込んできたのでした。

 

ユリバルツは、騎士団の主君であるレイリッヒ伯爵から、ダンジョンに行ったきり戻ってこない彼の息子を救出してくれと直接依頼をされます。

伯爵から直接の頼み事であったため、ユリバルツにもついに出世のチャンスが舞い込んできたのです。

 

哲平とユリバルツ

ユリバルツの人生の回想を終えた哲平ですが、今回彼にはあるデバフがかかっていることに気が付きます。

彼は睡眠障害を患っていたのです。

 

ミッションを確実にクリアしたい哲平は、睡眠不足を恐れ「頼むから寝かしてくれ」と苦悩します。

そんな苦悩をしていると哲平の頭に、ふと疑問がわきました。

 

哲平の家庭環境とユリバルツの家庭環境がとても類似していたのです。

哲平自身も母親を亡くしていて、それ以来父親は酒浸り、そして妹が一人います。

 

タマナビの美人社長の碓氷が「他人事とは思わず、出来る限り自分の事のように臨んでくれ」と言っていたことを思い出し、これが意図的であることを悟ります。

モンスターとの遭遇!!

哲平と彼の依頼者であるユリバルツの奇妙な類似性に、ある程度の結論を出したのもつかの間、洞窟の奥から”キンッ”という音が聞こえてきました。

 

この音が金属音で、仲間の一人のフィゼルが戦っていると気付いた哲平は皆を起こし、仲間の救出に向かいます。

一方そのころフィゼルはゴブリンの群れに囲まれ、苦戦を強いられていました。

 

一度に四匹とびかかってくるゴブリンを何とか撃退するも、後ろからは通常よりも二回りは大きいゴブリンが……!!

 

殺される、と思ったときそのモンスターの首元に剣が突き刺さります。

間一髪哲平はフィゼルのもとに駆け付けることができたのでした。

異次元傭兵 7話の感想&次回8話の考察予想

いかがでしたでしょうか??

 

今回の異次元傭兵は、これから伯爵の息子を救出するミッションをこなしていく上での導入だったと思います。

そのため伏線もいくつか隠れていそうですね!

 

まずは話の冒頭では今回の依頼者、ユリバルツ・フィルシオンの人生回顧から始まりました。

彼の人生はびっくりするぐらい哲平とそっくりですね!

 

前回のファーソンも哲平と同じような人生でしたね……。

 

ここまで見て私の予想は、「哲平・ユリバルツ・ファーソンの三人は同一人物なのでは??」と感じました。

この漫画のタイトルも”異世界”ではなくて”異次元”ですしね……。

 

難しい話ですが、現実でも、世界は無限に存在する複数の宇宙の内の一つに過ぎないという多元宇宙論という説があります。

 

いわゆるパラレルワルードですね。

そういえば、5話で碓氷社長が多元宇宙論の話をしていたような……。

 

気になる方はぜひ5話のネタバレも見て見てください!!

 

そんなこんなでユリバルツの人生を回想していたわけですが、彼に睡眠障害があることが発覚しました。

 

前回は特段見られなかったデバフが開幕から賦与されているのは、何かありそうですね。

この、睡眠障害がもしかしたらミッションを進めていくにつれて大きな障害になるかもしれません。

 

睡眠に悩んでいると今度は洞窟の奥から金属音が聞こえてきました。

これはパーティーメンバーのフィゼルが大量のゴブリンと戦っている音でした。

 

一応はフィゼルの窮地に間に合った哲平ですが、まだまだ多くのゴブリンを前にしている状況です。

 

次回はこの窮地を無事に脱することができるのか、楽しみです!!

 

また、フィゼルは何で一人で戦っているのかも気になります……。

他の仲間は寝てるのに……。

まとめ

今回は漫画『異次元傭兵』7話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

楽しんでいただけたでしょうか??

 

≫≫次回「異次元傭兵」8話はこちら

 

「異次元傭兵」はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう♪

おすすめの電子書籍のU-NEXTでは異世界系や悪女系の漫画が600円分無料で読むことができます!

マンガ|電子書籍はU-NEXT
今すぐ異世界系や悪女系を読むならこちら
\初回600円分無料/

無料期間中(登録日を含む31日間)の解約なら、0円

今だけ「31日間無料トライアル」初回登録で、600円分のポイントプレゼント中!好きな漫画を600円分無料で読めますので、ぜひ絵付きの漫画を楽しんでくださいね。登録は3ステップで簡単。いつでもすぐに解約できます。