悪女が恋に落ちた時のネタバレ&感想

漫画「悪女が恋に落ちた時」は原作redgu/HJ先生、漫画DCBO、Seo Gwijo先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪女が恋に落ちた時」23話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

≫≫前話「悪女が恋に落ちた時」22話はこちら

悪女が恋に落ちた時23話の見どころ・考察予想

イビエン令嬢に会いに行こうとするルペルシャですが、何もなく目的地まで到着するのか、道中色々あるのか気になりますね。

お供はカインとユジンですかね?

 

そして、サロンの処分といい、目的の為に大胆な行動に出るルペルシャに、周りはどういう反応をするのか?

あまり派手ににやると色々と急激に元々の物語からの乖離が広がりそうな予感がするのですが・・・

悪女が恋に落ちた時23話のネタバレ込みあらすじ

イビエン令嬢に会うために向かう3人

サロンを持っていても何の意味もないというルペルシャの発言に、メイドたちは困惑したような態度をとります。

不思議に思うルペルシャに「なんでもありません」とその場を去るメイドたち。

 

「まあいいか」と、ルペルシャは特に気にしませんでした。

それよりも、今日は待ちに待った日で、この日の為に準備を万全にしたと気合いをいれます。

 

外に出る扉の前には、カインとユジンの姿がありました。

「皇女さま行きましょう」と言う2人。

 

キリッと絶ってる姿にルペルシャは「詰めな程イケメンだわ・・」と思い、2人がだ明日手と手を取り合うのでした。

外に出ようとしますが、振り返るとリニの姿が。

 

「次は必ず一緒に行こう!ごめんね・・」と思い出発するのでした。

 

貴族でありながら天然で純粋なアリエルは、よく笑い、よく泣くというヒロインだった。

彼女は初めて訪れたブランチェット街で、皇室ですら実態把握できてない情報ギルド長と暗殺ギルド長を虜にします。

 

そして重要人物であるジェインとイビエン令嬢までも虜に・・

物語を思い出すルペルシャは「重要人物全員の心を一瞬で掴むとは・・」と、頭を抱えます。

 

きっと作者は物語を考えるのが面倒だったのだと思い込むルペルシャなのでした。

ですが、そんな作者のおかげで遠出する手間がはぶけれるとも思い、対策がとりやすいと前向きに考えます。

 

ブランチェットに着き、早速サロンの処分

そして、原作の舞台である皇宮前のブランチェット街についに着きました!

ユジンは「皇女様私たちから離れないように」と言いました。

 

「わかりましたボルタン卿」と答えるルペルシャ。

ルペルシャはさっそくサロンの売却書類を提出しにいくことに。

 

売却所に着くと、店主は居眠りしていました。

机に書類を「バンッ!」と置くと慌てて店主が起き上がります。

 

ルペルシャは少しキツイ目つきで「全部現金と宝石に換えて」とお願いしました。

「早く」と急かす彼女に、店主は書類を見てビックリ・・

 

たくさんのサロンが載っていて、これがバレたら後でひどい目に遭うんじゃ・・と思い震える店主。

どうやらルペルシャ自身が売りに来たとは思ってなさそうでした。

 

ルペルシャは「これくらいで優しくしててもキリがないのに、でもこんなとこでつまづいてられない」と覚悟を決めます。

「よろしく頼みます」と言うルペルシャに、皇女本人かも?と気づいた店主はルペルシャに聞きました。

 

ルペルシャは指輪を店主に見せ「そうよ」と答えると、店主は慌てて「すぐに処理します!」と、手続きに向かいます。

店主が机を離れ際に、ルペルシャは話しかけ「黒い洞窟の事あなたは知ってる?」と聞きました。

 

外ではカインとユジンが終わるのを待っています。

ユジンはぶすっとした表情でした。

 

「お待たせしました」と戻ってきたルペルシャ。

ユジンはすぐルペルシャの元に駆け寄り、「何か問題はなかったですか?」と心配して聞きました。

 

なにやら状況が飲み込めない彼女に「皇女様自ら行ってしまわれたので、周りの視線やら噂で気分を害してはないかと・・」と心配するユジン。

勿論原作を読んでいるルペルシャは、噂の事は知ってるのですが、知らないフリをしました。

 

ユジンはにっこり笑い「何でもありません、さあ行きましょう」と言うのでした。

 

照れるカインとユジン

街の中は人が多く賑やかです。

「何処か行きたい所等はありますか?」と言うカインに、「カインは優しいね」と萌えるルペルシャ。

 

ルペルシャは「それより皇女様という呼び方ではなく、2人ともリシャと呼んでくれませんか?」とお願いします。

その言葉に驚く2人。

 

「ですが」と謙遜するカインに、「お望みとあらば喜んで」とひざまずくユジン。

「体裁なら気にしないでください、公爵」と、彼女はユジンを説得するのでした。

 

カインは照れながら「では・・お言葉に甘えさせてもらいます・・リシャ・・」とルペルシャの顔を見れない状態に。

そのなんとも言えない表情が胸に突き刺さるルペルシャ。

 

そして「リシャ、何処か行きたいところかるかな?」と、これまた照れながら言うユジン。

「ユジンまで・・!」と、萌えが止まらないルペルシャは「幸せ過ぎて天まで飛んでいけちゃいます」と神様に祈るのでした。

 

ですが「このままじゃ、また倒れるから落ち着け・・」と自分に言い聞かせ、「月光庭園」というところに行ってみたいとお願いしました。

ユジンは「顔色がよくないようです。体調が悪いのなら明日出直したほうが・・」と言い、カインも「月光庭園は酒場では・・?」と体調を気遣って話します。

 

「平気です」と言う彼女は、今は皇帝より幸せな自信があると確信し「早くいってみたいので」とお願いしました。

 

月光庭園の中は賑やかで、あちこちで乾杯の音頭がとられています。

そして、テーブルに座る3人。

 

カインは心配そうに「ここに来てみたかった理由を良かったら教えてもらってもいいでしょうか?」と尋ねます。

「いや・・それはその・・」と焦る彼女。

 

照れながら「お酒を飲んでみたかったので」と言う彼女ですが、実は原作にここのお酒は美味しいって書いてあったからです。

しばし無言で彼女を見つめる2人でしたが、「そうでしたか、では喜んで私どももお付き合いします」とユジンは言うのでした。

悪女が恋に落ちた時23話の感想&次回24話の考察予想

予想どおりというか、サロンの処分に関してメイド達はあまりいい顔はしなかったみたいですね。

売却するという言葉を聞いてどう思ったのかは分からないですが、後々何かあるのかと心配してしまいます。

 

そして、イケメンに挟まれて街へ繰り出すルペルシャは、2人に萌えまくりなんだなって思いました。

 

ついには「リシャ」と呼ばせるとは思いもしませんでした(笑)。

照れながら応えるカインとユジンもナイスです。

 

あと、少し不信に思われる行動が多くなってきてるので、目的のイビエン令嬢に会った時は気を引き締めないといけないですよね。

脱線しなように願いながら、次回期待したいと思います。

まとめ

今回は漫画『悪女が恋に落ちた時』23話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「悪女が恋に落ちた時」24話はこちら

 

「悪女が恋に落ちた時」はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう♪

おすすめの電子書籍のU-NEXTでは異世界系や悪女系の漫画が600円分無料で読むことができます!

マンガ|電子書籍はU-NEXT
今すぐ異世界系や悪女系を読むならこちら
\初回600円分無料/

無料期間中(登録日を含む31日間)の解約なら、0円

今だけ「31日間無料トライアル」初回登録で、600円分のポイントプレゼント中!好きな漫画を600円分無料で読めますので、ぜひ絵付きの漫画を楽しんでくださいね。登録は3ステップで簡単。いつでもすぐに解約できます。