悪女の定義ネタバレ&感想

漫画悪女の定義は原作HÆON先生Yuns先生、漫画Min(REDICE STUDIO)先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪女の定義」97話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

≫≫「悪女の定義」その他話数ネタバレはこちら

悪女の定義97話の見どころ・考察予想

97話の見どころです!

シャティをガン見する皇太子!

注目が集まるのは皇太子とアイリーンだとわかっているシャティは、ちょっとしたことを思いつきましたね。

 

レジーナが壇上に上がる直前にマントを脱ぎ、真っ赤なドレスをお披露目!

一同の注目を集めようと企みました。

 

それは見事成功しますが、皇太子までもシャティに見惚れてしまっています。

アイリーンが可愛そうだったかな、と頭をかすめるシャティなのでした。

皇帝vs皇后、推しのレジーナ対決!

皇帝はシャティ贔屓なので、ドレスも演出も気に入ったようです。

 

皇后はアイリーンに物足りなさを感じてはいても、何としても皇后にしたいようで、皇太子とお似合いだと言い出し、孫の顔が早く見たいとまで!

 

皇帝は皇帝で、シャティとの子が見たいと言って、二人の会話は噛み合わないまま火花を散らすのでした。

悪女の定義97話のネタバレ込みあらすじ

発隊式で弓にハンカチを結ぶ儀式で注目を集めることに成功したシャティ。

 

マントの下に隠されていた真っ赤なドレスでカイラードの弓にハンカチを結びました。

カイラードはシャティに見惚れています。

 

シャティは武運を祈る言葉をかけ、カイラードもそれに応えました。

その様子を皇太子はじっと見ています。

 

シャティもそれに気付き、アイリーンへの関心を奪うことが目的だったとはいえ、少し胸が痛むのでした。

シャティ推しの皇帝、アイリーン推しの皇后

発隊式が終わるといよいよ騎士の行列が森へ向かって出発しました。

皇帝と皇后、そしてレジーナの二人が並んで見送ります。

 

皇帝がシャティに声をかけ、マントの下にこんな華やかなドレスを着ているとは思っていなかったと言いました。

 

皇后にも同意を求め挑発するような発言をしますが、皇后は眉をしかめています。

すかさず皇后が、服装よりも皇太子との相性が重要だとアイリーンを褒めシャティを牽制しました。

 

その上、アイリーンとの間だとわかるように、早く孫の顔を見せて欲しいと言い出します。

皇帝に話を向けると、皇帝は同意して早く元気な孫を見せてほしいものだとシャティの方を向きました。

 

さらに、二人に似た子であればきっととても賢く愛らしい子だろうと言うのです。

すると皇后がアイリーンを見て、令嬢の優しく温和な性格を受け継いだ孫が生まれるのが楽しみだと・・・。

 

なんともおかしな展開です。

火花を散らす二人を見て、シャティは皇帝と皇后はこんなに仲が悪かったかと不思議な気にもなるのでした。

皇后不在のアイリーンは冷や汗を?

騎士たちが皆森へ入るのを見届けた後、残った婦人たちは野外パーティー場のテントに入りました。

 

すると、皇帝が城へ戻ると言い出します。

冬の宴は主に皇后が主導することになっているのです。

 

皇后がレジーナたちとパーティーを楽しみながら、一方で彼女たちを評価する場なのでした。

 

シャティは味方がいなくなって焦ります。

皇后をさんざん挑発しておいて残されるなんて、と・・・。

 

皇后に促されて席につくシャティ。

するとさっそく皇太子の配偶者は皇后の素質を持ち合わせていなければならないから人を欺く好意は許されないとシャティを睨みました。

 

味方がいないので、シャティは素直に皇后の言葉を聞き入れます。

 

謙虚な態度を見せるシャティを相変わらず見据えていた皇后ですが、体調が優れないから先に失礼すると言って席を立ちました。

 

シャティとアイリーンが皇后を見送ります。

無理はしないでくださいとアイリーンは言いますが、顔が強張っているのは丸わかりです。

 

皇后という後ろ盾がいなくなることが不安な様子のアイリーン。

皇后が去った後、シャティはアイリーンに顔を向け、この状況をどう料理してやろうかしら?と考えているのでした。

悪女の定義97話の感想&次回98話の考察予想

シャティは皇太子がなぜ自分に見惚れていたのか本当に気づいていないのでしょうか?

 

好意はわかっていても、結局アイリーンを選ぶと思っているから、そういうことを考えないようにしているのでしょうけど。

皇太子が気の毒な気もします。

 

皇帝と皇后のやり合いは面白かったです。

相手の話し聞いてないなー、というより分かってて火花散らしているから余計ですね。

 

確かにシャティとアイリーンは傍から見ると対照的ですから、褒めるポイントも違うし。

でも、それぞれ的を得ているところはさすが!と感じました。

 

皇后が去ってしまって、アイリーンはすごく不安そうな顔をします。

シャティはちょっとイジワル心が出ちゃいましたね。

 

でも、今日はアイリーンに主役の座をとられるわけにはいかないと、いろいろ下準備をしていると思うので、何をするのか気になります。

まとめ

今回は漫画『悪女の定義』97話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫「悪女の定義」その他話数ネタバレはこちら

 

「悪女の定義」はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう♪

おすすめの電子書籍のU-NEXTでは異世界系や悪女系の漫画が600円分無料で読むことができます!

マンガ|電子書籍はU-NEXT
今すぐ異世界系や悪女系を読むならこちら
\初回600円分無料/

無料期間中(登録日を含む31日間)の解約なら、0円

今だけ「31日間無料トライアル」初回登録で、600円分のポイントプレゼント中!好きな漫画を600円分無料で読めますので、ぜひ絵付きの漫画を楽しんでくださいね。登録は3ステップで簡単。いつでもすぐに解約できます。