その悪女に気をつけてくださいのネタバレ&感想

漫画「その悪女に気をつけてください 」は原作Soda Ice先生、作画Blue Canna先生、脚色Berry先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「その悪女に気をつけてください 」26話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

狼人間から受けた攻撃が体内に入り、強い拒絶反応が出て吐血したメリッサ。

療養先としてユーリのいるエリザベス家領地、リプトンを選びました。

 

しかしリプトンへ向けての移動中に強盗に襲われてしまいます。

そこには、メリッサたちより先にユーリが捕えられていたのです。

 

≫≫前話「その悪女に気をつけてください 」25話はこちら

その悪女に気をつけてください 26話の見どころ・考察予想

ジャックを追い出したあとメリッサが倒れたので、使用人たちは心配でベッドの周りに集まっています。

メリッサが倒れたのは、狼人間に受けた攻撃が体内に入り強い拒絶反応を起こしたからでした。

 

メリッサは療養することとなり、行き先をユーリのいるエリザベス家領地のリプトンに決めました。

リプトンを選んだのは、ユーリの魔法で自分の体とナインの舌の両方を治してもらおうと思ったからです。

 

メリッサはナインとヨナの二人と共に馬車でリプトンへ向かいました。

しかし道中で盗賊に襲撃されてしまいます。

 

そこにはメリッサたちより先に捕らえられたユーリがいたのです。

その悪女に気をつけてください 26話のネタバレ込みあらすじ

血だらけのメリッサ

ユーリを見てメリッサが驚いたので、盗賊は知り合いなのかと尋ねました。

ユーリが捕まっていることに呆れたメリッサはヒドイおじさん顔で落胆しています。

 

ユーリはヒロインだからピンチの時に男たちが助けに来てくれるのか?

でも小説とは違っているから自分が助けなくては!

 

そんなことを考えているメリッサですが、口から血が流れ始めました。

 

血を流しながら、メリッサは盗賊に向かって凄みます。

その様子にゾッとする盗賊たち。

 

男の主人公がいなくても自分が救うのだと、秘宝の剣で盗賊たちをやっつけてしまいました。

 

盗賊たちを倒して仁王立ちで笑うメリッサは、口から流れた血で染まり鬼のようです。

そして盗賊たちに、早く手当てをしに行くようにと言います。

 

しかし、ビジュアルでは血だらけのメリッサの方がずっと負傷がひどそう。

 

自分でそのことに気づいていないメリッサは、できる限りの営業スマイルでユーリに自己紹介をしました。

しかしその様相は血だらけで、まるでホラーです。

 

ユーリに心配されてメリッサは、これは自分の血ではないから大丈夫だと答えます。

盗賊たちに致命傷を負わせないようにやっつけたのだとアクションをして見せました。

 

そしてユーリに怪我はないかと尋ねます。

ユーリは、メリッサの言っていることがめちゃくちゃだと言い、しゃべり続けるのを遮りました。

 

自分は病人で療養に来たのだと思い出したメリッサ。

体のなかではまだ狼人間の力が体を攻撃していて、さら宝剣を振り回したのです。

 

体力に自信のあるメリッサはこの程度では倒れないといいながら倒れてしまいました。

それでもなんとか起き上がろうとするメリッサは何者かに気絶させられてしまうのでした。

エリザベス邸

目が覚めるとメリッサはベッドの中でした。

ベッドのそばではユーリが本を読んでいます。

 

そこはリプトンのエリザベス邸だったのです。

 

混乱しておかしなことを口走るメリッサに、もう一度気絶させた方がいいのかというユーリ。

あのときメリッサを気絶させたのはユーリだったのです。

 

ぐっすり眠って元気になったと言うメリッサは、4日間も眠っていたのだと知らされます。

その間、ナインは心配でずっと部屋の前で待っていました。

 

お礼をいうメリッサに、命の恩人だから自分にお礼をさせて欲しいと言うユーリ。

男爵もぜひお礼をしたいと言っているようです。

 

チャンスです!

メリッサの計画通り?

メリッサはすでに、排他的で皇帝でさえ部外者とみなして出入りをさせないエリザベス家の邸宅にいます。

さらにお礼までしてくれると言うのはもう、計画の半分は成功しているも同然!

 

そこでメリッサは、自分の病はユーリにしか治せないのだと言います。

やる気になったユーリは書斎へ調べに行くと言い出ていきました。

 

ユーリは小説でジャックのことも治していたので期待できるでしょう。

 

そこへ、誰かがこっそり忍び込みます。

その侵入者はベッドにいるメリッサに飛びつきました。

 

やられると思ったメリッサですが、そこにいたのは泣いて目が赤くなった青い狼ナインだったのです。

青狼はメリッサを見てポロポロ涙を流すのでした。

その悪女に気をつけてください 26話の感想&次回27話の考察予想

吐血のせいで血まみれの姿なのに平気で剣を振り回すメリッサが、本当なら痛々しいのになんだか笑えてしまう!

 

だれよりも重症に見えるのにペラペラしゃべる所がなんとも可笑しいですね!!

 

ユーリのことを可憐だと言っていたけど、止まらないメリッサを片手チョップで気絶させるとか?!

なかなか強くない?

 

この二人、ちょっと気が合いそうです。

 

メリッサを心配するナインは、弱々しいけど本当にカワイイですね!

 

次回はエリザベス男爵が出てくるのかな?

排他的で魔法至上主義の男爵って、クセが強そう。

 

どんな人なのか、ちょっと楽しみです!

まとめ

今回は漫画『その悪女に気をつけてください 』26話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「その悪女に気をつけてください 」27話はこちら

 

「その悪女に気をつけてください 」はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう♪

おすすめの電子書籍のU-NEXTでは異世界系や悪女系の漫画が600円分無料で読むことができます!

マンガ|電子書籍はU-NEXT
今すぐ異世界系や悪女系を読むならこちら
\初回600円分無料/

無料期間中(登録日を含む31日間)の解約なら、0円

今だけ「31日間無料トライアル」初回登録で、600円分のポイントプレゼント中!好きな漫画を600円分無料で読めますので、ぜひ絵付きの漫画を楽しんでくださいね。登録は3ステップで簡単。いつでもすぐに解約できます。