悪女の定義ネタバレ&感想

漫画悪女の定義は原作HÆON先生Yuns先生、漫画Min(REDICE STUDIO)先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪女の定義」101話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

≫≫「悪女の定義」その他話数ネタバレはこちら

悪女の定義101話の見どころ・考察予想

シャティを訪ねてカイラードがやってきます。

狩猟祭で、シャティの騎士だったにも関わらず守ることができなかったことに、責任を感じているカイラード。

 

シャティは、自分と正式に騎士の誓いをしたわけでもないのに、ここまで気にするなんて生真面目だと感心します。

 

でも、カイラードはそれ以上にシャティに対して好意を持っていると思うのですが、シャティは全然気付いていませんね・・・。

そういう点では本当に鈍いです。

 

カイラードの気持ちはダダ漏れに近くなっていくのですが・・・。

 

そして!皇太子がアイリーンを無碍にできない最大の理由がわかりました。

姑息な手を使って!と腹が立ちますが、アイリーンが単独でこんなこと出来るわけがないです。

皇后は本当にそこまでしたのかも断定できないような気もします。

悪女の定義101話のネタバレ込みあらすじ

あの魔獣襲撃の後、シャティは落ち着かない日々を過ごしています。

 

その日もカイロン公爵から贈られた非常用の通信具を触っては両親を想うのでした。

公爵夫妻は領地内で雪崩が起こり視察に行くことになったので、シャティに会うことができずにいます。

 

シャティは家族を安心させるために、何度ももう大丈夫だと自分に言い聞かせていたのでした。

 

朝早く目覚めてしまうシャティをバンス夫人も気遣います。

シャティは心配させないように大丈夫だと言うのでした。

カイラードの好意

昼になるとカイラードがシャティを訪ねてきました。

カイラードは、事件当日の夜もシャティを心配して部屋を訪れたとシャティは聞いています。

 

カイラードは狩猟祭ではシャティの騎士だったにも関わらず、守ることができなかったと謝罪するのでした。

 

正式に騎士の誓いをしたわけでもないのに、こんなに責任を感じているカイラードを、シャティは本当に生真面目だと思います。

 

シャティはカイラードを安心させるために、大人しくしている方が退屈で仕方ないから、乗馬でも習おうと想っていると口にしました。

するとカイラードは、今まで習ったことがないのかと少し驚いた様子。

 

シャティは頷き、この前実際に乗ってみたら楽しかったのだと言いました。

それは皇太子の馬に同乗したときのこと・・・。

 

何から初めて良いかわからないと言うシャティに、カイラードは手伝うと言ってきます。

シャティはそういうつもりで話したわけではないので戸惑いました。

 

もともと馬が好きで世話をしているから、いつでも教えると言うカイラードに、シャティはやっぱり親切な人だと関心しています。

まずは乗る馬を選んでみるとカイラードが帰り際に言いました。

 

見送るために横に並ぶシャティ。

ふいにシャティの髪に、カイラードが手を伸ばしました。

 

不思議そうな顔をするシャティに、カイラードはすぐに手を引っ込めて、いい香りがしたからつい・・・と顔を赤らめます。

 

カイラードの贈り物の香水だとシャティが言うと、カイラードは嬉しそうにこんな香りだったのですねと顔を近づけました。

 

以前よりいい香りだと言って、シャティの髪を一束とり、そこへ口づけをするカイラード。

さすがにシャティも唖然としました。

第7皇子事故死の真相

皇太子は討伐したシステインの亡骸をじっと見ていました。

そこへ、呼び出されたラティスがやってきます。

 

護衛もつけずにこんなところで何をしているのですかとラティスが尋ねました。

何か見つかるかもしれないと思ったが収穫は特にないと伝えます。

 

皇太子は唐突に「ラティス」と改まって名を呼び、お前は私に忠誠を誓ったなと言いました。

どのような状況でも誓いを守ることができるかと真剣な顔で訊ねる皇太子。

 

尋常ではない様子を悟ったラティスは、「もちろんです」と膝を折り頭を垂れました。

 

皇太子は捕まえなければならない者がいると切り出します。

ストラヴィンを殺した犯人だと言うと、ラティスの顔色が変わりました。

 

第7皇子は・・・!と言うラティスの言葉を遮るように、事故だと言われているが本当殺されたのだと言う皇太子。

最近になって知ったことだが、証拠もあると話しました。

 

それはアイリーンが見せた映像具で、撮影方法はわからないものの、そこには皇后の姿が映し出されていて、殺害犯については声が聞こえるだけだったと説明します。

 

皇后の声で、誰が見ても事故死に見えるようできるだけ多くの者に目撃させて、と・・・。

 

母上の指示だったと、皇太子は努めて冷静に言い、内密に動くようにラティスに命じます。

犯人は声だけしかわかりません。

 

皇太子はアイリーンにもう一度聞かせてくれと頼み、その声をしっかり記憶していたのです。

 

ヒントは南部のイントネーションと皇族を殺害するほど度胸のある犯罪者というだけですが、何もないよりはマシだとラティスが言いました。

悪女の定義101話の感想&次回102話の考察予想

シャティはカイラードの自分に寄せる好意をどう思っているのでしょう?

自分はカイラードのことを真面目でいい人だと好意を持っているから、同じ感覚だと思っているのかも?

その線が濃厚ですね。

 

ただ、髪にキスをされれば、さすがに鈍いシャティでもこれはもしや・・・と感じるはず。

それはそれで、厄介事が増えるだけなんですけど。

 

皇太子はついに動き出しました。

信頼できるラティスに、皇后のことを打ち明けて事件の真相を探ろうというのですね。

 

アイリーンはどんな手を使ってもシャティに勝つ!という必死な思いは伝わってきますけど、どんどん嫌な女っぷりが際立ってきたような・・・。

まとめ

今回は漫画『悪女の定義』101話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫「悪女の定義」その他話数ネタバレはこちら

 

「悪女の定義」はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう♪

おすすめの電子書籍のU-NEXTでは異世界系や悪女系の漫画が600円分無料で読むことができます!

マンガ|電子書籍はU-NEXT
今すぐ異世界系や悪女系を読むならこちら
\初回600円分無料/

無料期間中(登録日を含む31日間)の解約なら、0円

今だけ「31日間無料トライアル」初回登録で、600円分のポイントプレゼント中!好きな漫画を600円分無料で読めますので、ぜひ絵付きの漫画を楽しんでくださいね。登録は3ステップで簡単。いつでもすぐに解約できます。