悪女は砂時計をひっくり返すネタバレ

漫画悪女は砂時計をひっくり返すは原作SANSOBE先生、漫画Antstudio先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪女は砂時計をひっくり返す」39話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

≫≫『悪女は砂時計をひっくり返す』の他の話数ネタバレはこちら

悪女は砂時計をひっくり返す39話の見どころ・考察予想

ミエールに会いに来たイシース公女とアリアの初顔合わせです。

アリアは貴族らしく礼儀正しく挨拶をしますが、イシースに臆することなく対応します。

 

その堂々とした態度に、イシースは気分を害して平民出身のアリアが知らないだろうことでバカにしようとしますが・・・。

アリアは砂時計を使ってその場を切り抜けるのでした。

 

そしてアリアの事業展開!

狙い通り砂糖は品不足なり、高値で取引されるようになります。

大量に買い込んでいたアリアは大儲けをすることに成功するのでした。

悪女は砂時計をひっくり返す39話のネタバレ込みあらすじ

その日イシースはミエールに会うために伯爵家に向かっていました。

イシースは、ビゲー子爵がカジノを買収したことを聞いて腹を立てています。

 

ビゲーは皇太子を騙して安く買えたと自慢気に言うのですが、イシースは皇太子を抑圧することに比べたらそんなことはゴミ以下だと怒っているのでした。

 

皇太子の後ろには絶対誰かがいると踏んでいるイシース。

皇族からの抑圧に絶えきれずに姿をくらましている皇太子がそんなことをするはずがないと思っているのです。

 

高級品を狙って画策しているのも皇太子だろうと予想していました。

砂時計を使ってイシースの嫌味を切り抜けるアリア

手土産の珍しいお茶を持ってきたというイシースを丁重に迎えるミエール。

庭でティータイムを始めました。

 

イシースがミエールのしているブローチを褒めると、オスカーからの贈り物だとミエールが答えます。

オルカーから?と驚いてみせるイシース。

 

実はオスカーも似たものを持っていて、ミエールを想って買ったと言っていたと話します。

お揃いだったのね、と笑いますが実は大嘘でした。

 

イシースはあのブローチはアリアが贈ったものだと知っています。

それを知った上で似たブローチをイシースがミエールに贈ったのです。

 

さらに、イシースはミエールがオスカーからのプレゼントではないことを分かっていることも察しが付いていました。

それでも上のものに合わせるミエールを高く評価しているのです。

 

それなのに伯爵が売春婦を後妻に据えたことを苦苦しく思っていました。

そんな伯爵と手を組まなければならないことも気に入らないのです。

 

イシースがアリアが挨拶にも来ないと文句を言いました。

 

ミエールはアリアを呼びたくなかったのですが、イシースはミエールに対してもひどい態度だろうから、一言言ってあげると言ってアリアを呼んでくるよう侍女に伝えます。

 

現れたアリアは丁寧に挨拶をして、公女の許可もなく挨拶には来れなかったと弁明しました。

そうね、とイシースはアリアの出自を仄めかしてバカにしたように笑います。

 

イシースの嫌味にもアリアは努めて冷静に、丁寧に答えました。

イシースは、公女である自分を前に緊張している風にも見えないアリアに対して、ナメられているのかと気分を害します。

 

どうせ高級な紅茶の味なんてわからないだろうと味はどうかと尋ねました。

しかし、アリアはクランベル地方の夏の紅茶であることを見抜き、公女たちを見返します。

 

実は、このときアリアは砂時計を使ったのでした。

 

下がっていいと言われ、アリアは席を立ちます。

イシースの悪意に満ちた目を感じ、危険人物だと思うアリア・・・。

砂糖で大儲けするアリア

アニーが公女の来訪を告げなかったことを平謝りしてきました。

気にしないでいいとアリアは言います。

 

アニーがアンドリューから手紙が来ていたことを聞いて、さっそく確認すると、フラワーマウンテンの主人と契約したという知らせでした。

 

既存の10倍で5%分を先行販売したのです。

 

そのフラワーマウンテンでは、砂糖をどこから仕入れたのか仲買人たちが群れをなしてやってきていました。

 

フラワーマウンテンの1階はカフェを営んでいて、砂糖を手に入れたこの店は繁盛しています。

他の店主たちは、独り占めするなと念を押しました。

 

後日連絡すると言ってフラワーマウンテンの店主は彼らを引き上げさせますが、高値で手に入れた品だからそう簡単に教えるものかと思っています。

 

砂糖はすっかり手に入りにくい高級品のひとつになっていました。

貴族たちの間でも砂糖は手に入れることが難しくなっていて、伯爵家の食卓も味気ないものになっています。

 

伯爵が仕入先が決まったのに税関で足止めを食らっていると言いました。

皇太子の対応が遅すぎると文句を言うと、ミエールまで柔軟性が欠けていると同調します。

 

アリアはそれなら最初から砂糖を独占しなければよかったのにと思っていました。

高値で売ったりするから高級品になっているのに、国のせいにするなんてと呆れます。

 

自分がもし皇太子だったとしても、こんな自分勝手な貴族のことなんて考えたくもないと思うアリア・・・。

 

その頃、アンドリューはフラワーマウンテンの店主に、砂糖を通常の20倍で売ろうと持ちかけていました。

 

10倍でも厳しいと難色を示す店主に、アンドリューは意味深な事を言います。20倍で大量に供給したあとのことは自由にしていいと言いました。

 

30倍で転売しても構わない、ということです。

 

30倍で売っても上級貴族は買うに決まっていると踏んだ店主は、砂糖を大量に購入しました。

数日後、フラワーマウンテンでは砂糖を購入しようと客が押し寄せます。

 

30倍どころか、それ以上でも買うという人もいました。

それほど砂糖は品不足なのです。

 

アリアは大金を手にすることに成功しました。

貴族たちを可愛そうだと思う必要はない、そう思うのでした。

悪女は砂時計をひっくり返す39話の感想&次回40話の考察予想

アリアは砂糖で大儲けをしましたね。

高級品が値上がりすることを前もって知っていたとはいえ、砂糖を選んだのは良い選択でした。

 

これでアリアは人財産築いたのでしょうか?

それとも、この資金を元手にさらに事業を広げる?

アリアだったらそうするかもしれませんね。

 

イシースは皇太子との婚約は、あくまで権力を手に入れるためのようです。

ただ皇后になるのが目的ではないのです。

 

アリアが時を遡る前のアースは、どちらかというと影の薄い皇太子だったようです。

それが、アリアと早くから知り合うことによって、彼もまた運命を変えた一人だったのです!

運命の2人・・・?

まとめ

今回は漫画『悪女は砂時計をひっくり返す』39話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫『悪女は砂時計をひっくり返す』の他の話数ネタバレはこちら

 

「悪女は砂時計をひっくり返す」はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう♪

おすすめの電子書籍のU-NEXTでは異世界系や悪女系の漫画が600円分無料で読むことができます!

マンガ|電子書籍はU-NEXT
今すぐ異世界系や悪女系を読むならこちら
\初回600円分無料/

無料期間中(登録日を含む31日間)の解約なら、0円

今だけ「31日間無料トライアル」初回登録で、600円分のポイントプレゼント中!好きな漫画を600円分無料で読めますので、ぜひ絵付きの漫画を楽しんでくださいね。登録は3ステップで簡単。いつでもすぐに解約できます。