エボニーネタバレ

漫画「エボニー」は原作Neida先生、REDICE STUDUIO先生、漫画kakaopage先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「エボニー」59話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

帰国記念パーティーに、シュナイダー大公の兄たちが現れましたが、そんなタイミングで、国王陛下が息を引き取りました。

それは二人がこれから国王の座を狙って、幼稚で醜い足の引っ張り合いをするということを表すのです。

≫≫前話「エボニー」58話はこちら

エボニー59話の見どころ・考察予想

いよいよシュナイダー大公の兄たちの戦いが始まるのか?

前回、国王の悲報を聞いて取り乱す長男と冷静な次男に対し、シュナイダー大公は、こんな状況で国王継承者が決まっていないことに懸念していましたね。

シュナイダー大公の言う通り、二人の兄たちが継承権をめぐって戦いを繰り広げることは間違いないでしょう、

 

しかし、それは幼稚といってもどのような方法で足の引っ張り合いをするのでしょうか。

お互いのスキャンダルを流したりして足の引っ張り合いをするのかなとも思いますが、それがエボニーはじめ国民に影響を及ぼさないかも心配ですね。

 

衝撃の前回から今回はどのような流れに物語が進んでいくのか楽しみです。

エボニー59話のネタバレ込みあらすじ

エボニーのラルソンへのお願いの返事は?

帰国記念パーティーから五か月、エボニーは雪の中ラルソンに、レイブンにけられたと追いかけられていました。

そして、お互い仲良く喧嘩しながら屋敷に戻ると、シンコはラルソンに、お嬢様に何かあったら命は保証しないといつもの感じで脅すのでした。

 

そんなシンコは、エボニーが大雪ですべての予定がキャンセルになったことにより休め、少しは楽しんでいるようで安心もします。

シュナイダー大公は国王没後、忙しくなりほとんど会う機会もなく、エボニーもエボニーで、アカデミー関係で忙しくしており、こんな風にゆっくりするのは久しぶりなのでした。

 

ラルソンは、エボニーに次空いている日を聞くと、アカデミーにもう一軒家を建てる予定のエボニーは毎日予定があり断ると、レイブンを狙っているラルソンは、いつになったらあの馬に乗れるのかと巨体に似合わず泣くのでした。

 

エボニーは、本来騎士の養成所であったアカデミーを、騎士を訓練する名門という地位も保ちたいがために、ラルソンに教授として向かい入れたいとお願いしていました。

しかし、ラルソンは一向にその返事をくれないままなので、エボニーは、ラルソンに対し、チャンチャ族最高の騎士であり最高の実力者だとたたえ、褒め殺し作戦に出ます。

 

そんなエボニーの会話にシンコは、白けた顔でその会話を聞いていました。

エボニーは褒め殺しを続けて、教授になることをお願いしようとすると、ラルソンは、散々ほめたにもかかわらず、もっと褒めろというので、エボニーはあきれて、これ以上褒めるのなんて不可能だといい、今度は文句を言い始めます。

 

そして、二人はまた文句を言いあい、いつものように喧嘩をして、エボニーは怒って出ていったのでした。

そんなラルソンに、シンコはなぜ教えないのか聞くと、ラルソンは、いばらの道を歩かせるよりも、護衛をつけるほうが合理的だといいました。

 

そして、自分の実力も知らないカルカスの小僧たちに、自分の部族の理由で馬鹿にでもされたら、自分はそいつらの命を奪ってしまうかもしれないといったのです。

また、エボニーは実戦経験が足りなすぎるとも言ったのでした。

そして、エボニーのジュディスへのお願いの返事は?アカデミーの校長になってくれるのか?

一方、エボニーは子爵に会い、小癪に、夫人が好調になるためにランセンを毎日歩き回っていることを聞きました。

それを聞いたエボニーは、嬉しそうに顔を赤らめ、夫人が来てくれることを期待します。

 

その後、ジリアンと、子爵夫人(ジュディス)に会いに行き、待ちきれないエボニーは、単刀直入に、マイスターアカデミーに校長として来てもらえるのか聞いたのです。

そう、エボニーは充分待ちましたが、もうすでに、新学期の準備を始めなければならない時期になっていたのです。

 

すると、ジュディスは、自分も準備が整ったから答えるといい、その優しい目でしっかりとエボニーを見つめて、はっきりと答えを言いました。

そう、エボニーの提案を断ると言ったのでした・・!

エボニー59話の感想&次回60話の考察予想

これは驚きました。

まさか、ジュディスがエボニーのお願いを断るだなんて、夢にも思っていなかったからです。

 

勝手に、ジュディスは絶対に受けてくれると思っていました。

ラルソンがエボニーのお願いを聞いてくれない理由は、なんだか少しわかる気がして、納得できます。

 

意味は違いますが、要は、大変に優秀な黒人やアジア人が、白人世界に行き、その功績を知らない白人の見習いたちにその肌の色だけで差別され馬鹿にされたら許せないということですよね。

私は白人世界に住んでいたため、なんだかそれがよくわかる気がするので、ラルソンがその話題を避けるのは本当に納得します。

 

しかし、ジュディスはなぜエボニーのお願いを受けてくれないのでしょうか?

子爵も、ジュディスがエボニーのお願いを受けると思っていたくらいですから、がっかりさせて、結果的には受ける、下げてあげるパターンも考えられますが、どうもそんな風には思えないんですよね。

 

さもなければ、エボニーが納得する理由を次回話してくれることでしょう。

まさかの展開に、次回の展開が待ちきれません。

まとめ

今回は漫画『エボニー』59話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「エボニー」58話はこちら

 

「エボニー」はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう♪

おすすめの電子書籍のU-NEXTでは異世界系や悪女系の漫画が600円分無料で読むことができます!

マンガ|電子書籍はU-NEXT
今すぐ異世界系や悪女系を読むならこちら
\初回600円分無料/

無料期間中(登録日を含む31日間)の解約なら、0円

今だけ「31日間無料トライアル」初回登録で、600円分のポイントプレゼント中!好きな漫画を600円分無料で読めますので、ぜひ絵付きの漫画を楽しんでくださいね。登録は3ステップで簡単。いつでもすぐに解約できます。