悪女の定義ネタバレ&感想

漫画悪女の定義は原作HÆON先生Yuns先生、漫画Min(REDICE STUDIO)先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪女の定義 」102話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

≫≫「悪女の定義」その他話数ネタバレはこちら

悪女の定義 102話の見どころ・考察予想

今回の見どころは、アイリーンが独壇場の祭儀で大人しくしていようと思っていたシャティが、あることを耳にして奮起するところです。

女性蔑視!人民を虫けら呼ばわり!?

シャティはレジーナとして最善を尽くしています。

その実力を評価する人もいますが、大方の貴族男性は「女は男に愛されるのが一番幸せだ」と思っているのです。

 

要するに、女は黙ってろ、ということなのですが、シャティはそれよりも貴族ともあろう者が人民を虫けら呼ばわりしたことが許せません。

ちょうどそこへ皇太子が現れて・・・。

息のあった2人にも注目です!

悪女の定義 102話のネタバレ込みあらすじ

その日、シャティは嬉しくない報告を受けました。

魔獣騒動で中止になっていた狩猟祭の祭儀が行われることが決まったというのです。

アイリーンの独壇場!

狩猟祭の祭儀はアイリーンが完全にスポットライトを独占する機会。

何としても行いたいアイリーンを支持する新興貴族たちが意見を出し、チャイラム宗教側も積極的に賛成したと言うのです。

 

他の貴族たちも、祭儀だけを執り行うのだから特に反対する理由もないのだろうと説明をされました。

受け入れるしかないシャティ・・・。

 

祭儀は皇宮で行われました。

アイリーンはこのような儀礼を初めて行うとは思えないほど完璧な姿で壇上に上がります。

 

その姿は貴族たちに深い印象を残しました。

シャティもその努力を認めるしかありません。

 

シャティを支持する貴族たちは、シャティが執り行っても素晴らしいものになっただろうに残念だと慰めます。

魔獣騒動もあったのだから今回のラハディーンは休みをとったと思って気楽に過ごすようにと言ってくれました。

 

アイリーンに明確な敗北を喫する日ではあったものの、自分にも支持者がいることにシャティは救われます。

 

しかし、シャティにはアイリーンの他にも頭を悩ませる人物が。

それはカイラードでした。

 

髪にキスをされたことをどう受け止めていいのか思いあぐねているシャティ。

大きなため息をついてホールに目をやると、皇太子がアイリーンと一緒にいる姿が目に入りました。

 

ますますシャティの気分は沈むのでした。

下劣な貴族に憤慨するシャティ

そのとき、シャティの耳に貴族男性たちが立ち話をしている声が飛び込んできました。

レジーナを通しての政権争いのことを口にしています。

 

アイリーンを支持しているマルケル侯爵とカイロン家のことを話しているので、シャティは思わず耳を傾けました。

彼らにも、皇太子の想い人はアイリーンだと広まっています。

 

シャティの活躍を評価し、アイリーン自らが成し遂げた功績はないと口にする人もいますが、もし皇后になれなくても皇太子の寵愛を手に入れていれば問題ないだろうという輩もいました。

 

むしろその方が自分たちにとって好都合だとさえ言うのです。

 

さらに、次の競合ではシャティに割り当てられる地域は極貧に瀕している西部だろうと言い、そこに住む人民たちを虫けら扱いする発言までする人がいました。

 

シャティは怒りがこみ上げてきます。

気分が乗らないからと言って隠れている場合じゃないと奮起しました。

 

その男はセオフェル伯爵だとシャティは当たりをつけます。

 

ずんずんとホールに向かうと、皇太子がやってきました。

今日も美しいなとシャティに声をかけます。

 

普段はこんな風に褒めないのにと不思議に思っているシャティですが、ニッと笑って皇太子に手を預け礼を言いました。

皇太子もシャティに何か思惑があることに気付き、合わせてくれます。

 

シャティの手をとりエスコートするふりをして、演技をしているのだな?一体どうしたのだ?と耳打ちしました。

シャティは皇太子に、そう言えば紹介してくださる方がいると仰っていましたよね?と言い出します。

 

セオフェル伯爵のことですわ、とシャティが言うと一瞬間があったものの、すぐにシャティに合わせて「ああ、そうだな」とセオフェル伯爵の元へシャティを連れていきました。

 

シャティは、さて、どうやっていじめてやろうかしら?とほくそ笑むのでした。

悪女の定義 102話の感想&次回103話の考察予想

シャティが大人しくしているはずないですよね。

女性蔑視があからさまは発言を聞いて、猛烈に腹がたったシャティ。

 

その上人民をバカにする・・・というより虫けら扱いする貴族に気分が悪くなりました。

シャティもそれが一番腹が立ったのですね。

 

皇太子はシャティのすることを全面的に信用しているから、詳しいことはわからなくても協力体制に入ります。

いいコンビですね!

 

さて、シャティはあの下劣な伯爵をどうやってぎゃふんと言われるのでしょうか!?

まとめ

今回は漫画『悪女の定義 』102話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫「悪女の定義」その他話数ネタバレはこちら

 

「悪女の定義 」はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう♪

おすすめの電子書籍のU-NEXTでは異世界系や悪女系の漫画が600円分無料で読むことができます!

マンガ|電子書籍はU-NEXT
今すぐ異世界系や悪女系を読むならこちら
\初回600円分無料/

無料期間中(登録日を含む31日間)の解約なら、0円

今だけ「31日間無料トライアル」初回登録で、600円分のポイントプレゼント中!好きな漫画を600円分無料で読めますので、ぜひ絵付きの漫画を楽しんでくださいね。登録は3ステップで簡単。いつでもすぐに解約できます。