俺だけレベルアップな件のネタバレ込みあらすじ&感想

漫画「俺だけレベルアップな件」は原作Chugong先生漫画H-goon先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「俺だけレベルアップな件」37話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

前回のお話では、白虎ギルドの宍戸が何度も死地を潜り抜けている水篠ハンターとゲートの攻略権利を買い占めている諸菱の存在に気づき、スカウトをかけたのでした。

≫≫前話「俺だけレベルアップな件」36話はこちら

俺だけレベルアップな件37話の見どころ・考察予想

37話は前話から引き続き、白虎ギルドの宍戸と水篠ハンターとの交渉がメインとなります。

宍戸側はあくまでビジネスとしての商談をしかけますが、水篠ハンターは力をチラつかせたヤクザな交渉で応戦します。

果たして、宍戸は水篠ハンターを取り込むことが出来るのか?

俺だけレベルアップな件37話のネタバレ込みあらすじ

白虎ギルドの宍戸との交渉

唐突に水篠ハンターから白虎ギルドのビルの値段を質問される宍戸。

概算ではあるものの大体50億円であることを回答するも、「つまり、このビルをくださるということですね?」っと、水篠ハンターに更にかまをかけられてしまいます。

 

水篠ハンターから諸菱建設より30億の契約金が提示されている事をカミングアウトされ、驚愕する宍戸。

加えて、自身が提示した2倍の契約金がビルの金額に相当する事に気づきます。

 

しかしながら、値段を吊り上げるための交渉術ではないかと疑う宍戸。

そこに、「証拠もありますよ。」と更に水篠ハンターが追い打ちをかけると共に、「2倍出すと言うからには、契約内容を調べてきたのかと思いましたよ。」とマウントを取ります。

 

予想以上の大物。

そして予想を遥かに超える大きな取引に「上の人間との話し合いが必要」であることを宍戸は伝えます。

 

この言葉を待っていたかのように、「この場でのお話は以上ですね。」と席を立つ水篠ハンター。

完全に交渉は決裂です。

 

「焦りすぎた。」

 

「事前に契約の内容を下調べして、上と相談するべきだった。」

 

交渉の失敗に後悔する宍戸。

席を立った水篠ハンターは追加で宍戸に「自分の事を誰から聞いたのか?」もしくは、「隠れて調べたのか?」と隠密スキルを使いながら質問します。

 

目の前から姿を消した水篠ハンターに驚く宍戸。

更に、頬を軽く鋭利な刃物で切られ、血が滲みます。

 

冷静を装いながら、白虎ギルド圏内のC級ダンジョンの権利を買い占めている存在に気づき、調査した結果として水篠ハンターに到達した旨を説明します。

 

また、3度のゲート内事件において生還している水篠ハンターが再覚醒者であると仮説すると、一連の話の説明が付くという宍戸の見解を洗いざらい白状します。

 

説明を聞いた水篠ハンターは、「自分の事を知っている者が他にいるか?」と質問を加えます。

宍戸も正直に自分とその部下2名であることを説明します。

 

最後に、自分の噂がたてば、真っ先に3名の事を疑うと脅迫するのでした。

宍戸も自身と部下の身を案じて、部下に口止めする旨、口外しない旨を約束します。

 

一連の話の中で、C級ダンジョンを買い占め、目立ってしまったことを反省する水篠ハンター。

もうしばらく落札価格が高騰する事を宍戸に告げると共に、取引を提示します。

 

現状予約している3件のC級ゲートの参加許可を特別に1つ3千万円で譲ると持ち掛けます。

宍戸もどんなに持ち出しても2千万円であると食い下がります。

結果として、3件の参加許可を各2千万円で交渉成立するのでした。

 

最後に宍戸にアイテムを差し出して、頬につけた傷を癒すのでした。

実は騙されていた宍戸

交渉を終えて、部下に「思っていた以上に大物かもしれない。」と告げる宍戸。

交渉通り、6千万円を振り込むのでした。

 

実は水篠ハンターと諸菱は、キャンセルするつもりだった3件の参加許可権を高額で宍戸に売りつけたのでした。

 

宍戸は部下から、C級の入札価格が100万円以下であること、諸菱建設がどこにも新規に入札していない事を報告され、水篠ハンターに騙された事にやっと気づきます。

 

スカウトに失敗しただけでなく、詐欺にあうとは…。

 

自身の失態に震える宍戸の携帯に、水篠ハンターからこの取引で隠れて調査していたことを水に流すとメッセージが届くのでした。

 

水篠ハンターが名刺を受け取ってくれた事。そして、水篠ハンターの電話番号を手に入れただけで一連の失態をよしとするのでした。

 

いざ、転職クエスト

所変わって、人里離れた山の奥で紫色のゲートが開きます。

水篠ハンターは転職クエストにチャレンジしようとしているのでした。

 

しかし、ゲートの奥深くの暗闇の中、深紅の騎士の目が怪しく光るのでした。

俺だけレベルアップな件37話の感想&次回38話の考察予想

巨大ギルドの交渉役相手にひるまないどころか、詐欺まがいな取引を成立するなど、水篠ハンターの頭脳面の成長を感じさせる回でした。

個人的には、散々な目に合っているにも関わらず、水篠ハンターの電話番号を手に入れた事を喜ぶ宍戸のサラリーマン根性が好きです。

 

水篠ハンターと宍戸や白虎ギルドとの今後の関係性も気になるところです。

そして、何と言っても後半の『転職クエスト』の展開が気になります。

38話では転職クエストの全貌が明らかになると共に、壮絶なバトル回となる事が予測できます。

 

最後の深紅の騎士も見てくれ通りの強敵だと思いますので、久々に苦戦する水篠ハンターが見れるかもしれません。

まとめ

今回は漫画『俺だけレベルアップな件』37話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「俺だけレベルアップな件」38話はこちら

 

「俺だけレベルアップな件」はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、電子書籍化されているので、よかったらそちらも読んでみてください♪

さすがに無料では読めませんでしたがebookjapanが一番お得に読めると思います。(2021年1月時点)

ebookjapanでは6回利用可能なスペシャルクーポン50%OFFが期間限定などで頻繁に配られています。
そちらを利用して購入することで半額で読むことができるので、ぜひお得に読んでみてくださいね。