暴君には悪女がお似合いネタバレ

漫画「暴君には悪女がお似合い」は原作YU-IRAN先生、漫画NAJEON先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「暴君には悪女がお似合い」43話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

≫≫『暴君には悪女がお似合い』の他の話数ネタバレはこちら

暴君には悪女がお似合い43話の見どころ・考察予想

今回は精霊のエールドが精霊界へ行った時の話から始まります。

ずいぶん登場していなかったので、てっきり封印されたと思っている人もいたのでは?

 

エールドはユゼンディフの血について情報を得るためにやってきたのです。

ユゼンディフの血を飲んだエスティアンにいつ殺されるかとヒヤヒヤだったから、その血を消滅させる方法を探しているエールド。

 

そこで、同じことを聞きに来た人物がいると聞かされるのでした。

 

帝国内では、ユリアナが計画通りに進まないことに苛立っていました。

セシルを蹴落として、皇后になることがユリアナの目的です。

 

ところが、それをセシルは全力で阻止しにかかりました。

その上、魔法の力が弱まってきたことも感じます。

 

そうだ!守護魔女たちに聞こう!と思い立ちました。

そして、偶然にも・・・!

暴君には悪女がお似合い43話のネタバレ込みあらすじ

『緑陰のエールド』に封印されていたエールドの登場です。

エールドは精霊界に来ていました。

何かを探している様子で、ぼろぼろになっています。

精霊界にやってきていたエールド

今にも倒れそうなエールドに妖精たちが声をかけます。

消滅したんじゃなかったんですねー、と言われるエールド・・・。

 

緑陰のエールドから出てこないから、てっきり消滅したと思っていたと言われて、いろいろあったんだよ、と話し始めます。

相変わらず話の長いエールドなのでした。

 

一通り話し終わったエールドが、ユゼンディフの血に詳しいやつを知らないかと訊ねると、どうしてかと驚く精霊たち。

ユゼンディフの血は大昔に絶滅したと言われているからです。

 

精霊界にはユゼンディフの血についての法律がありました。

それはすべての情報を共有すること。

 

かつて精霊界はユゼンディフ一族によって大きな被害を被ったことがあるからです。

だから、エールドはその血を受け継いでいるエスティアンをものすごく怖れているのでした。

 

一人思いつく人がいるけれど、住んでいるところが遠いと言われ・・・エールドはまた長い旅にでるのでした。

 

エールドが教えてもらった場所に着くと、どーんと看板がたっています。

エールドはお断り、と書いてありました。

 

そんな!と声をあげるエールド。

こんなところに誰が住んでるのかと思えば~、とにこやかに家の中に入っていきました。

 

看板はガン無視です。

知り合いのアユラの家でした。

 

げんなりした表情を見せるアユラを無視して、勝手に座り込みボロい家だと言いたい放題。

 

エールドはこんなだけど長老級の精霊なのです。

腹が立ってもアユラも手が出せません。

 

単刀直入に聞くが、とエールドが改まってユゼンディフの血に詳しいらしいなと訊ねます。

アユラも絶滅したと聞いていたのでなぜ知りたいのかと訝しみました。

 

まさかくだらないこと考えているのかと問い詰めるアユラ。

あれはあなたみたいな頭空っぽな精霊が手を出していいものじゃないとアユラも言いたい放題です。

 

脅されているんだ助けてくれ、とエールドはアユラにすがりつきました。

エールドはエルフの王のメンタルまでめちゃくちゃにした精霊だから、早く教えて帰らせた方がいいとアユラは考えます。

 

それにしても、エールドほどの精霊を脅す人間がいることにも驚くアユラ。

エールドがユゼンディフの血を飲んだ体を元に戻す方法はあるかと聞きました。

 

アユラはえっ?と声を出してびっくりした顔をします。

前に同じ質問をされたと言うので、誰にかとエールドが聞くと、大魔女だと・・・。

24年前に何があった!?

同じ頃、帝国では滞在中のユリアナが苛立っていました。

ユリアナが行くところ行くところにセシルが現れるのです。

 

怒りに震えるユリアナに、使用人たちまで以前の華やかな魅力ある姫君ではなくなったと気付き始めました。

ユリアナ自身も力が弱まってきていることを感じています。

 

大魔女が起きているから弱まるはずがない、そうつぶやくユリアナ。

今は力が必要だと臍を噛む思いなのです。

 

はっと何かを思い出したユリアナ。

守護魔女たちに話をしてみようと思い立ちます。

 

水のはられた容器に手をかざし、セシルの名を告げるユリアナ・・・。

 

そして精霊界では、大魔女が同じことを聞いたことを知ったエールドは、いつ?と訊ねます。

するとアユラはあれは確か人間の時間で・・・24年前だと言いました。

 

ユリアナがセシルのことを聞いているときもまた、24歳、と呟くのでした。

暴君には悪女がお似合い43話の感想&次回44話の考察予想

忘れかけていました!エールド!

そういえば、セシルが前に全然姿を見せなくなったと言っていたような・・・。

(ほっとしてましたけど)

 

精霊界はユゼンディフ一族にひどい目にあったから、あんなにエールドはエスティアンのことを怖れていたのですね。

一族は絶滅しても、その血はエスティアンの中に引き継がれているから、何とかしないと!と思ったのでしょうか。

 

でも、もとに戻す方法を聞くなんて、エールドは結構いい人(精霊)なのかも。

エスティアンごと消滅させるわけじゃなさそうだし。

 

ユリアナは皇后になるまで帝国に居座るつもりなのでしょうか。

こればユリアナ個人の思惑ではないだろうから、帰るに帰れない・・・?

 

そろそろ、セシルの出生の秘密が明らかになりそうです。

もしかしたら人間じゃあない?

まとめ

今回は漫画『暴君には悪女がお似合い』43話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫『暴君には悪女がお似合い』の他の話数ネタバレはこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら