ある継母のメルヘンのネタバレ&感想

漫画ある継母のメルヘン原作ORKA先生、漫画Spice&Kitty先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「ある継母のメルヘン」15話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

シュリーは貴族議会員の会議室へと向かう途中で人とぶつかります。

過去にぶつかった人とは違うようです。

 

ついに議会がスタートとなり、計画通りに進むよう臨むシュリーです。

≫≫前話「ある継母のメルヘン」14話はこちら

ある継母のメルヘン15話の見どころ・考察予想

第一歩を踏み出せたシュリーですが・・・?

議会へ出席し、自分の意見を伝えることができました。

そして追悼招宴についても話し、計画通りです。

 

ところがその晩、嫌な夢を見ます。

前世のシュリーの最期の時の記憶でしょうか。

 

目が覚めるとそこにいたのは・・・?

ある継母のメルヘン15話のネタバレ込みあらすじ

追悼招宴を開くことを伝えるシュリー

議会ではまずマンハイムでの暴動について討論します。

もうすぐ開催される聖誕祭の話も出てきました。

 

帝国のために盛大に祝うべき、現実的なことを考えなければいけない、反対など多くの意見があります。

そこへ静かにリシュリー枢機卿が聖誕祭は行うべきだと話しました。

 

貴族席の心配も理解できますが、聖誕祭は神を讃える行事です。

世論のことをも当然あり、予算もまかなうべきだという意見でした。

 

聖誕祭を行える状況でないと言う者もいます。

まとまらず、このことは今度また議論することになりました。

 

一度休憩に入ります。

沈黙の鐘と呼ばれているリシュリュー枢機卿。

 

他の議員からは饒舌だと文句を言われます。

リシュリュー枢機卿は教会側でも一番の保守派なので聖誕祭については仕方がない反応です。

 

シュリーは、生誕日は新年の後なのでそれまでに何か方法を考えれば良いと発言します。

周りはノイヴァンシュタイン夫人がいつの間にか政治を勉強していたのかと笑っていました。

 

ニュルンベル公爵に話し掛けるシュリー。

忙しなく夫の葬儀を行ってしまったことを後悔しているので追悼招宴を行うことを話します。

 

公爵に参列してもらいたいので招待状を送ると伝えると、同じことを考えていたことを奇遇だと話すニュルンベル公爵。

主催はシュリーで、ニュルンベル公爵の参列に期待の言葉を掛けます。

 

ニュルンベル公爵は快い返事をし、皇帝陛下も気に掛けていることを伝えました。

その話を聞いた外野が反応します。

 

ハインリッヒ公爵も参列する気満々です。

皇室の家臣であるヨハンを称えるために全員で参列すると盛り上がりました。

 

帰り道の場所で計画通りに行ったことを安心するシュリー。

第一歩が踏み出せました。

 

夫のヨハンの意志を引き継ぎ、シュリーがノイヴァンシュタイン家の新たな当主であることを明らかにする場でもあります。

過去のシュリーが起こした聴問会の失敗を繰り返すことのないよう考えていました。

 

きっと追悼招宴は大きなきっかけになると思います。

悪夢を見るシュリーを心配して駆け付けてくれた子供たち

夜、夢を見ます。

雨の中、馬車が襲われ従者が倒れていました。

 

シュリーにも危険が迫ります。

運命だと言いながら何者かが剣を向けて来ました。

 

叫び、グウェンを呼ぶシュリー。

グウェンとジェレミー、そしてエリアスが飛んできました。

 

見ると、シュリーの上には双子のレイチェルとレオンが寝ています。

静まるその場。

 

レオンが目を覚まします。

ジェレミーはレオンを見て笑いました。

 

ここで何しているのかと聞かれるとレオンは顔を真っ赤にします。

レイチェルも起きてレオンをからかうなと怒り出しました。

 

普段のレオンはビシッとして兄とレイチェルを子供だと言い大人ぶっているのです。

レイチェルはジェレミーの頭を鳥の巣だと騒ぎます。

 

ジェレミーもレイチェルにひどい顔だと反応しました。

エリアスはまだ寝ぼけています。

 

シュリーは夜中に呼び出したことをグウェンに謝りました。

グウェンが部屋から出ると、子供たちに話し掛けます。

 

ジェレミーに心配してくれたことを感謝しながらも弟をからかったことを注意しました。

レオンとレイチェルには、今日は服を買いにお出掛けすることを提案します。

 

一緒に行きたいけど素直に言えないジェレミーは、暴れる双子が着る服があるのかと言いました。

エリアスも自分をのけ者にするなと前に出ます。

 

レオンとレイチェルは自分たちだけと行くと兄たちに言いました。

シュリーは決めます。

 

買い物は全員で行くことにしました。

ある継母のメルヘン15話の感想&次回16話の考察予想

議会がシュリーの計画通りに進んだようで安心しました。

そして悪夢で叫ぶシュリーのために子供たちが飛んできたのは感動です!

 

さて、難しい仕事の話は一旦終わりです。

次回は子供たちと買い物に行くほんわかした話になりますね。

 

可愛い子供たちとの外出、シュリーも楽しんで欲しいです♪

まとめ

今回は漫画『ある継母のメルヘン』15話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「ある継母のメルヘン」16話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら