ネタバレ全話|悪女は2度生きる【ピッコマ漫画】1話から最新話・最終回まで臨時まとめ!

漫画「悪女は2度生きる」原作Mint先生、漫画PEACHBERRY先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪女は2度生きる」25話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

町では、皇帝の愛人が娘をいじめていると噂です。

婚約することについてはセドリックの評判が上がり話題となっています。

 

その頃、兄のローレンスがアルティゼアに会いにやって来ました。

≫≫前話「悪女は2度生きる」24話はこちら

悪女は2度生きる25話の見どころ・考察予想

届いたのはアルティゼア待ち望んでいたもの

兄のローレンスと今後について話します。

母と縁を切ると伝えるアルティゼア。

 

そして誰よりも母と縁を切らないといけないのは兄だと言いました。

皇太子が決まっていない今、兄が皇太子になる方法を伝えます。

 

その後、アルティゼアが待ちに待っていたものが届きました。

悪女は2度生きる25話のネタバレ込みあらすじ

母と縁を切ると宣言するアルティゼア

アザを隠すために施していた薄化粧を取り、屋敷を歩くアルティゼア。

使用人たちはその姿に驚き、ヒソヒソと噂をします。

 

兄のローレンスに会うにはぴったりな顔だと思っているアルティゼア。

ローレンスのいる部屋に入ると、まずは挨拶をします。

 

目を閉じていたローレンスがチラッとアルティゼアを見て、座るよう命じました。

アルティゼアは返事をし椅子に座り、ローレンスが離宮にいなかったことについて尋ねます。

 

ローレンスは少し気分転換していたと話します。

部屋に荷物がなかったことからアルティゼアが出て行ったことを知っていました。

 

アルティゼアは、結婚前ですがエブロン殿下がここにいる方が良いと言ってくれたことを説明し、母の様子を伺います。

ローレンスは、母親はいつも通りヒステリーを起こし寝込んでいるので様子を見に来るよう誘いました。

 

当分は会いたくないと話すアルティゼア。

母と縁を切るつもりなのです。

 

本気かと確認するローレンス。

アルティゼアは母のことを思い出します。

 

母は昔から興奮するとアルティゼアを殴り、疲れたその翌日には優しく接するのです。

それが繰り返されますが、母から離れることはできませんでした。

 

変わる必要があると考えます。

ローレンスは母を愛していないのかと聞いてきました。

 

愛していると答えます。

これは本音です。

 

ですが一生を差し出すことはしないと断言し、セドリックとの出会いを大切にして幸せになりたいと話しました。

全てを懸けて周りに評価されなくても妻になるつもりでいます。

 

これはミライラの娘でいると無理なことです。

ミライラの娘でいると何をしても避難されます。

 

そしてローレンスにはもうこんなアザがついた顔を見せたくないと語りました。

ローレンスは理解を示し、屋敷をどうするかと話します。

 

屋敷は母のもので、費用も渡すので兄も気にしないでほしいと答えるアルティゼア。

するとローレンスはおめでとうと伝え、もっと早く教えてもらえたら祝ったと話します。

 

アルティゼアは兄が今度どうするのか、ずっと母に縛られる必要がないと言いました。

母と縁を切る必要がある人は兄なのです。

 

ローレンスの妹で母の娘であるアルティゼアだからこそ言えることでした。

母は皇帝の寵愛がありますが、兄は皇帝の息子なので必要ありません。

 

ローレンスが皇太子になるには法律に伴った権利が必要です。

それを与えることができるのはたった1人、皇帝の配偶者の皇后陛下しかいません。

 

皇后陛下は婚外子の継承と養子を認めることができます。

話を黙って聞くローレンス。

 

現在の皇帝も同じ手段で玉座へと上り詰めました。

皇帝からローレンスに助言がなかったのかと尋ねます。

 

もしかしたら母が兄に対する執着が大きいことが邪魔をしているのかもしれません。

アルティゼアは、皇帝に愛されて周りからも認められている兄に何か問題が起これば後継者はロイガール大公になることを心配します。

 

この件は話すだけでも謀反になる、とローレンスに叱られるアルティゼア。

ローレンスがなぜ不安になっているのか尋ねると、アルティゼアは妹だからと答えます。

 

兄の安泰は自分の安泰です。

ローレンスはアルティゼアの話に同意し始めました。

 

作戦通りに進んでいると感じるアルティゼアです。

ローレンスは父である皇帝はまだ元気だから心配しないように伝えます。

 

いらぬ心配をしたことを謝るアルティゼア。

見送りを断ったローレンスは部屋を去ります。

 

現在皇帝には正式な皇太子がいません。

皇帝がローレンスを大切にしているのは、愛人である母と家庭を持ちたいと思っているからです。

 

でもそれは家族ごっこです。

ヒビが入れば愛もなくなり隙が出るだろうと考えるアルティゼア。

 

まずはそのを作るために動き出します。

そこへ執事がローレンスにバレないように持ってきた物を見せました。

 

皇后からの招待状です。

招待客の前で体を張ってまで期待していたものがついにやって来ました。

悪女は2度生きる25話の感想&次回26話の考察予想

アルティゼアの作戦通りに進んでいます!

ローレンスも母のミライラについては困っているので、アルティゼアの話をちゃんと聞いていましたね。

 

このままローレンスも母親離れをしてほしいと思います。

そして噂をすれば、アルティゼアの待ち望んでいた皇后からの手紙が届きましたね。

 

内容はアルティゼアの喜ぶものになるのでしょうか?

まとめ

今回は漫画『悪女は2度生きる』25話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「悪女は2度生きる」26話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら