かりそめの公爵夫人の韓国版ネタバレ

漫画「かりそめの公爵夫人」66話の原作/韓国版の小説を先読みして読んだので、あらすじ&ネタバレをご紹介します。

 

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

≫≫日本語版のネタバレはこちら

かりそめの公爵夫人66話【原作】韓国版のあらすじ込みネタバレ

旅先でトリスタンとガスパールに再会したイヴォナ。

トリスタンの態度からふたりの関係が良くないことを見抜いたイヴォナは、自分と一緒に来ないかとトリスタンに打診します。

 

自分の能力を買ってくれるようなイヴォナの言葉に感動するトリスタンでしたが全てはイヴォナが復讐のためについた嘘なのでした。

 

一方ガスパールを追っていったクロードは、イヴォナのことを侮辱するガスパールに腹を立て彼の腕を折ります。

クロードはイヴォナを侮辱されたのが何より許せなかったのでした。

 

クロードが負傷させたことへの報復を恐れたイヴォナでしたが、クロードの手配でガスパールはすぐに捕えられたのでした。

皇帝の前で裁かれるガスパール

トリスタンはガスパールへ、彼のパートナーとして働くのは辞めると伝えます。

トリスタンはイヴォナが彼のことを見逃すと言ったことですっかり彼女を信頼し、ガスパールを捨てることにしたのでした。

 

ショックを受ける暇もなく皇帝の使いの者に捕まり連行されていくガスパール。

道中ずっとクロードが馬車を壊して自分に怪我を負わせたと大声を出していたガスパールでしたが、自分の体調がとても良くなってきていることに気が付くのでした。

 

皇帝の前に連れてこられたガスパールはよりにもよって皇帝の前で、神殿の肩をもつような発言をしてしまいます。

 

そこへ現れたのは司祭レビオスでした。

ガスパールはいち早く神殿に手紙を送り、自分の味方になる者を呼び寄せていたのでした。

 

レビオスは神聖力はもちろん薬草も、人々を助けるために神がもたらしたものだと言います。

彼はそのことを気付かせてくれたイヴォナは聖剣の騎士のパートナーにふさわしいと褒めたたえるのでした。

 

皇帝はガスパールへ、神を何だと思っているのかと尋ねます。

皇帝を騙す言い訳のために神を利用したガスパールへ怒り心頭なのでした。

 

皇帝になる機会を失いたくないとごねるガスパールに皇帝は、厳罰は与えない代わりにしばらく大人しくしているよう命じます。

セヘーズを王にするような皇帝の発言に、ガスパールはいつか自分の失敗を取り戻すと心に決めるのでした。

旅行を振り返るイヴォナとクロード

一方、城へ帰ってきたイヴォナはガラス細工の動物たちを眺めていました。

 

その中にはクロードがよそ見をしている間に手に入れた聖剣の形のガラス細工もありました。

イヴォナはその美しく凛とした佇まいにクロードの姿を重ねます。

 

最終日にひと悶着あったものの、楽しい旅行だったと振り返るイヴォナ。

実は同じとき、クロードもイヴォナともう一度旅行に行きたいと思いを馳せていたのでした。

かりそめの公爵夫人66話の読んだ感想

今回の件で皇帝への道がすっかり途絶えたガスパール。

気が付いていないのは本人だけなのが何とも切ないですね。

 

イヴォナとクロードが初めての旅行を温かい気持ちでが振り返っていたのがとても印象的でした。

次回も楽しみです。

まとめ

今回は漫画『かりそめの公爵夫人』66話の原作/韓国版の小説を先読みお届けしました。

当サイトではピッコマ漫画の通常/日本語版のネタバレもご紹介していますので、そちらもぜひ読んでみてください。

 

≫≫次回「かりそめの公爵夫人」67話はこちら