公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ

漫画公爵家のメイドに憑依しましたは原作Jooahri先生、漫画Aloha先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「公爵家のメイドに憑依しました」62話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

≫≫「公爵家のメイドに憑依しました」その他話数ネタバレはこちら

公爵家のメイドに憑依しました62話の見どころ・考察予想

公爵家にリアンドロの貴賓として戻ってきたイベリナ。

メイド時代とは打って変わって貴族令嬢として過ごしていました。

 

リアンドロの気遣いで、使用人を一新したので、メイド時代のイベリナを知っている人はいないはずでしたが・・・。

 

バルコニーでお茶をしているとき、庭を走りゆくロレンゾを発見して思わず声をかけます。

 

ロレンゾはイベリナが追い出されるようの公爵家を後にした3年前、一緒に出ていこうと言ってくれた人。

久しぶりに会うロレンゾは、以前と同じように優しく接してくれます。

 

イベリナはあのとき一緒に行けなかったことを謝りますが、ロレンゾは恨んではいないと言うのでした。

それでも、万が一つらい思いをしたらいつでも自分のところに来て、と優しく伝えるロレンゾ。

 

2人でいるところへリアンドロがやってきます。

当然ヤキモチをやくリアンドロ。

 

2人の可愛いやりとりがほっこりします。

そんな時、イベリナ宛に皇室から手紙が届いて・・・。

公爵家のメイドに憑依しました62話のネタバレ込みあらすじ

ロレンゾの姿を見て、懐かしく思ったイベリナはバルコニーから声をかけました。

ロレンゾはすぐにバルコニーにやってきてくれます。

 

イビ!と声をかけるロレンゾ。

ロレンゾとの再会

ロレンゾはまさかイベリナがリアンドロの貴賓とは思っていなかったようで、ドレス姿のイベリナに驚きますが、美しいと褒めてくれます。

 

それでも、いつかは戻ってくると思っていたと言うロレンゾ。

3年前イベリナが屋敷を去ったあとのことを口にしたので、イベリナはセレナを下げさせました。

 

あのとき、ロレンゾの誘いを断ったことをイベリナは謝ります。

ロレンゾは、平気だと言えば嘘になるけど、時間も経ったし何よりも自分の一方的な気持ちだったから恨んでいないと言ってくれました。

 

イベリナは改めてこんな良い人を振ってしまったと申し訳なく思いますが、いつでもイベリナにとっての一番はリアンドロなのです。

 

一方セレナは、イベリナとロレンゾが親しげに話しているのを見て、かつての恋人同士?と邪推していました。

その時、リアンドロに出くわし、イベリナの居場所を訊かれます。

 

部屋か?と言われ、お部屋にはいるんですが・・・と言葉を濁すセレナ。

なぜロレンゾだけ屋敷に?

部屋では、イベリナは3年前一人で姿を消してしまったことをまだ気にして沈んだ顔をしていました。

そんなイベリナにロレンゾは、そんな顔をしないでと優しく言います。

 

そして、万が一旦那様がつらい思いをさせたら、いつでも私のところにきてください、と言葉をかけました。

 

イベリナは、そんなロレンゾに微笑みながら「私はあなたのそういうところが・・・」と口にしたときリアンドロが部屋にやってきて・・・。

 

そういうところが何だ?と声をかけました。

2人の間を割って入るようにイベリナへと近づいてくるリアンドロ。

 

ロレンゾは挨拶をして、仕事が忙しいからといって退室しようとします。

その割には暇そうだと言うリアンドロ。

 

今度ここに近づいたらクビだと牽制しますが、ロレンゾは気にしません。

そう言いながらも、リアンドロはロレンゾをずっとそばに置いてくれているからです。

 

そう指摘すると、リアンドロは真っ赤になって早く行け、と言うのでした。

 

イベリナも、ロレンゾだけが屋敷に残っていることを不思議に思います。

自分がいた時はあんなにクビにしようとしていたのに・・・。

 

ロレンゾは「イビ、また」と言って出ていきました。

部屋を出たロレンゾもまた、イベリナがあのあと何を言おうとしたのか気になっています。

 

イベリナの気持ちはリアンドロにあるとわかっているし、こうなったらもう2人の間につけ入る隙がないことも承知しているロレンゾ。

 

それでも、イベリナの傍にいたいと思う気持ちは抑えられないのでした。

拗ねモードのリアンドロ

ロレンゾが出ていった後、リアンドロはまだ頭から湯気を出しています。

イベリナのことをイビと呼ぶことも気に食わないのでした。

イベリナが宥めます。

 

突然どうしたのかとイベリナが訊くと、知ってるくせにと拗ねるリアンドロ。

イベリナの顔を見にきに決まっていると言います。

 

お前は俺に会いたくなかったのかというリアンドロの問いには答えず、忙しいと思っていたとイベリナが言うと、嘘でも気になってたって言ってくれもいいだろうとリアンドロが言いました。

 

ロレンゾには優しそうに話していたくせに、と拗ねた様子のリアンドロにイベリナは「わかりましたよ、すっごく会いたかったです」とガバッと抱きつきます。

 

子供扱いするなと言う言葉とは裏腹に、リアンドロは顔を真っ赤にしました。

 

そのとき、ドアがノックされ執事が入ってきて、イベリナ宛に手紙が届いているとリアンドロに手渡します。

それは皇室からのものでした。

公爵家のメイドに憑依しました62話の感想&次回63話の考察予想

ロレンゾが公爵家に残っているのはまったくの謎です。

リアンドロとしては、ます一番に遠ざけたかった人物では?

 

イベリナに好意を持っていたことは知っているのですから。

他の使用人を全部変えたのに・・・。

 

ロレンゾはイベリナの不利になるようなことはしないと確信してのものだったのでしょうか。

 

イベリナとしては、一緒に働いしている時から、良い人以上の感情は持っていなかったから、そういう意味では安心だしイベリナ自身も気負いはないけど、申し訳無さは感じています。

 

ロレンゾは立場をわきまえているからイベリナの困るような言動はとらないと思いますが、今も淡い恋心は抱いていそうですね。

うーん、切ない。

 

さて、イベリナ宛の皇室からの手紙、気になります!

まとめ

今回は漫画『公爵家のメイドに憑依しました』62話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫「公爵家のメイドに憑依しました」その他話数ネタバレはこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら