韓国→日本語略訳|公爵夫人の50のお茶レシピ先読みネタバレ!

漫画公爵夫人の50のお茶レシピ」69話の原作/韓国版の小説を先読みして読んだので、あらすじ&ネタバレをご紹介します。

 

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

≫≫日本語版のネタバレはこちら

公爵夫人の50のお茶レシピ69話【原作】韓国版のあらすじ込みネタバレ

フォートナムから噂の真相を聞かされたクロエ。

色々な不安に襲われながらも、アルフォンスの一言で少しは楽になったようです。

でも、噂は広がっているので、これからどうしていけばいいのでしょうか。

キエルの調査、アルフォンスの怒り

アルフォンスは、キエルに最近クロエの身辺であったことを調査させていました。

そして、最近社交界でバーデンベルグ夫妻が不仲である、メンツのために仲の良い演技をしている、不妊が理由で離婚されるという噂が流れていることを知るのでした。

 

アルフォンスがどう動くかで、クロエが救われます!

アルフォンス、がんばれ!

 

クロエが虚弱な体質で、妊娠しにくいということをアルフォンスは知っていました

しかし、それに対してたった一度も神経を使ったことがなかったと省みます。

 

初めは、全ての貴族がそうするからという理由で始めた結婚生活でしたが、いまでは、結婚の理由は自分にクロエが必要だだと再認識をします。

社交場での立ち振る舞いで、みんなにその考えが知れ渡っているとアルフォンスは思っていました。

 

最近社交場で積極的だったのは、そういう意図だったんですね!

 

先日、十分な妻かと泣きながら聞いてきたクロエを思うと、アルフォンスは怒りを抑えきれません。

噂話で自分を責めて、傷ついたクロエのことで頭がいっぱいです。

 

その様子を見て、キエルは相当怒っていると感じるのでした。

 

アルフォンスの気持ちは、本物ですね!

そして、アルフォンスはキエルに訪ねます。

この噂の根源は誰だと。

 

キエラ・ウィルフォート伯爵婦人と即答するキエルに、アルフォンスはご苦労だったと声を掛けます。

キエル、仕事出来すぎですね。

アルフォンスの行動① ウィルフォート家の大惨事

ウィルフォート家では、大変なことが起きてます。

重要な電報がバーデンベルグ閣下から送られてきたと、侍女はキエラを起こします。

 

その電報には、ウィルフォート夫人がクロエに対して侮辱した証拠と証言が全てあること、そして、二度としないように警告するという内容が書かれていました。

警告とは何かと疑問を抱く夫人の元に、大変なことが起きたと伯爵が現れます。

 

それは、全ての契約先が一方的に契約破棄をすると言いだしてきたということでした。

このままでは、商売ができなくなってしまいます。

 

ウィルフォート婦人は、コトの重大さに気付き倒れてしまいます。

アルフォンス、やることがすごいですね。

 

後日、ウィルフォート伯爵から、アルフォンスへ謝罪の手紙が届くのでした。

アルフォンスの行動② 宴会の開催

アルフォンスの行動はまだ終わりません。

クロエに宴会を開いてほしいとお願いをします。

 

そして、その場で発表することがあると話します。

アルフォンスの気持ちを何も知らないクロエは、何の発表なのかさっぱりわかりません。

 

クロエには言わずに行動するアルフォンス、かっこいいですね!

難しいことではないので、心配しないでと言いながら、クロエは宴会の開催を引き受けます。

 

その週の金曜日、重大発表のための宴会が開かれました。

その場には、社交界の重要人物たちは全てそろっていました。

 

アーサー皇帝もその一人です。

相変わらず女たらしなアーサーは、エリナをよそに、色んな婦人たちとの会話を楽しんでいます。

 

そして、今日の重大発表の内容について質問され、自分なりの考えを答えます。

婦人たちから、さすが皇帝ともてはやされて、嬉しそうなアーサー。

 

アーサーの予想は全く違いますけどね!

 

そこに現れたアルフォンス。

挨拶をして、首都に広く公表したいことがあると、話始めるのでした。

公爵夫人の50のお茶レシピ69話の読んだ感想

アルフォンスの大胆な行動で、クロエが少しずつ救われそうです。

広く公表したいこととは、何を話すのでしょうか?

 

噂の流れで考えると、クロエを愛しているということを公表するのでしょうか?

でも、そんなことで宴会を開くとは思えませんし…アルフォンスの発言が気になります。

まとめ

今回は漫画『公爵夫人の50のお茶レシピ』69話の原作/韓国版の小説を先読みお届けしました。

当サイトではピッコマ漫画の通常/日本語版のネタバレもご紹介していますので、そちらもぜひ読んでみてください。

 

≫≫次回「公爵夫人の50のお茶レシピ」70話はこちら