韓国→日本語略訳|公爵夫人の50のお茶レシピ先読みネタバレ!

漫画公爵夫人の50のお茶レシピ」72話の原作/韓国版の小説を先読みして読んだので、あらすじ&ネタバレをご紹介します。

 

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

≫≫日本語版のネタバレはこちら

公爵夫人の50のお茶レシピ72話【原作】韓国版のあらすじ込みネタバレ

愛を確かめて、距離感が今まで以上に縮まったクロエとアルフォンス。

アルフォンスが服をプレゼントしたいと向かった先で、クロエは驚きました。

 

さて、アルフォンスはどんな服をプレゼントするのでしょうか?

【ネグリジェショップのメイベリーデザインショップ】

 

驚いたクロエの目には、マネキンに着せられたネグリジェたちが映っていました。

そう、メイベリーデザインショップは、ネグリジェショップだったのです。

 

アルフォンス、大胆!

 

慌てるクロエですが、本気のアルフォンスには、なぜクロエが慌てているのか全く分かりません。

プレゼントしたい服がネグリジェということに動揺しますが、夫が妻にプレゼントするのにおかしいことはないと、アルフォンスの気持ちを受け取るクロエでした。

 

店主に連れられ奥の部屋に入った二人。

まずは、クロエの体を採寸します。

 

いきなりで、慌てるクロエですが、このお店にはバーデンベルグ夫妻と店員しかいないということで、いざ採寸へ。

照れるクロエは、体まで真っ赤になってしまいます。

 

照れるクロエもかわいいですね!

そのころアルフォンスは何をしているかと気になるクロエですが、横を見るとアルフォンスは採寸の様子をじっと見ているのでした。

 

採寸が終わり、デザインカタログを見るクロエですが、アルフォンスが試着できるものがないかと訪ねます。

絵ではなく、直接見て判断したいとのことでした。

 

恥ずかしがりながらも、クロエはサンプルを着ることに。

どのようなデザインを着るか迷うクロエ。

 

覚悟を決めて試着をしてアルフォンスの前に登場します。

 

【ネグリジェファッションショーと深刻なアルフォンス】

 

シンプルなデザインを選んだクロエ。

薄いピンクのデザインがとても似合ってます。

 

次は、青の後ろが少し空いたデザインのもの。

少しセクシーな感じですね。

 

どれも似合うとほめてくれる店主ですが、クロエはアルフォンスがどう思っているかが気になります。

アルフォンスが良いと思ってくれてるの、可愛いと思ってくれてるのか…しかしアルフォンスは深刻な表情をしています。

 

気に入ってくれないのかと寂しくなるクロエですが、一人で考えて、一人で期待して、一人で落ち込んでいる場合ではないと気持ちを切り替えます。

 

試着を終え、メイベリーデザインショップを出る二人ですが、アルフォンスの表情は深刻なままです。

目も合わないし、怒っているようで、クロエは不思議に思います。

 

アルフォンス、どうしたんでしょうか?

馬車に乗り、何か失敗をしたかと自分を省みるクロエですが、何かに気付くのでした。

公爵夫人の50のお茶レシピ72話の読んだ感想

クロエの恥ずかしさを感じない、アルフォンスの真面目さがとても好感がもてますね!

 

アルフォンスがいかにクロエを愛しているかを感じましたが、なぜ深刻な表情なのでしょうか?

この後馬車の中で、何が起こるのか気になります。

まとめ

今回は漫画『公爵夫人の50のお茶レシピ』72話の原作/韓国版の小説を先読みお届けしました。

当サイトではピッコマ漫画の通常/日本語版のネタバレもご紹介していますので、そちらもぜひ読んでみてください。

 

≫≫次回「公爵夫人の50のお茶レシピ」73話はこちら