韓国語を略訳|悪女のペット先読みネタバレ!

漫画悪女のペット54話の原作/韓国版の小説を先読みして読んだので、あらすじ&ネタバレをご紹介します。

 

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

≫≫日本語版のネタバレはこちら

悪女のペット54話【原作】韓国版のあらすじ込みネタバレ

楽しい旅はそれぞれの決意を固める旅になりそうです。

 

メアリーが書いたリリスの母への手紙がどのように影響してくるのか気になるところですが、とりあえずは様子見ですね。

ティグリス出発の準備

ペインは、ティグリスの動向について分析をしていました。

隣接国カナッタの影響で軍力も強くなく、気候が悪いので軍の食料を集めるような状況で、戦争の準備をしているのであれば、カナッタの強迫によるものではないかと。

 

カナッタが関心をそらすために、ティグリスにさせていること、最近調子が良く戦士のトップであり大陸的に有名はカリアを取り入れたらしいとカナッタへの分析も同時に行います。

 

その状況でのティグリス派遣に、へレイスは異議を唱えますが、ペインは旅行がてらに行こうと諭します。

へレイスは、年頃なの外国ばかりに行って、挙句の果てにはペインと一緒にいることで戦争狂という噂までされていると、同機はどんどん結婚して子供を産んでいくのに、自分はペインの元に配属されて海外続きだと駄々をこねます。

 

へレイス、かわいそうですね。

 

うるさいと止めるペインに対して、へレイスは、ペインがリリスと交際していることが皇宮で噂になっているのに、そんなことが言える立場なのかと反論します。

そのことを祝いながら、シャシャやイビーのようなリリスの友だちを紹介してほしいとお願いするのでした。

 

へレイス、ちゃっかりしてますね!

 

そして、そこでシャシャにも相手がいるということを知るへレイスは、大ショックを受けます。

一人にしてほしいと言われ外に出たペイン。

 

リリスがティグリスに着いていくと話したことを思い出し、もう少し説得しようと考えていると、メアリーとぶつかってしまいます。

メアリーは鋭い目つきでペインを睨みます。

 

メアリー、相当ペイン嫌っているようです。

 

メアリーは手紙を落とし、ペインがそれを拾います。

リリスの母に宛てた手紙と知ったペインは、アースとの会話を思い出し、アースの言ったとおりに事が進んでいると思うのでした。

ペインとアースの取引

アースにお願いをしたいペインでしたが、アースもペイント話す機会が欲しかったようです。

リリスの育った環境を共有した二人。

 

ペインはリリスが自分の家門との縁を切るようしたいと思っています。

そこで、問題となるのは、リリスが連れてきた侍女のメアリーでした。

 

幼いころから一緒にいる侍女なので、リリスの行動に干渉することが多いが、リリスの母に対する忠誠心が高いのです。

 

侍女として主のいうことを守ることが当たり前だと考えたうえで、アースはペインがメアリーを殺したり、監禁したり、追い出すことを考えたであろうが、どれも選択できないことを指摘します。

それは、ペインがそのように侍女たちと接してきたこと人だからです。

 

ペインは、侍女たちに寛大に接してきたこと、民間人を軍人の厳しい物差しで見てはいけないと思っていることを振り返ります。

そして、目の届くところで監視をしようとすると、頻繁にリリスに干渉するのが気に食わないと話、どうすればいいかをアースに聞くのでした。

 

アースは、メアリーを餌として使うべきだと助言をします。

 

もっと詳しく聞きたいペインですが、アースはもっと聞きたいのであれば、それないの対価が必要だと持ち掛けるのでした。

 

ペインは危険なにおいを感じながらも、リリスのためにとアースにどのような対価を望むか問います。

 

すると、アースが話すます。

皇帝になりたくないかと。

悪女のペット54話の読んだ感想

メアリーの動向がきになりますが、それよりもアースの提案がもっと気になります。

このあと、どのような話し合いになって今に至っているのでしょうか?

まとめ

今回は漫画『悪女のペット』54話の原作/韓国版の小説を先読みお届けしました。

当サイトではピッコマ漫画の通常/日本語版のネタバレもご紹介していますので、そちらもぜひ読んでみてください。

 

≫≫次回「悪女のペット」55話はこちら