かりそめの公爵夫人ネタバレ

漫画かりそめの公爵夫人原作Jin Saeha先生、漫画Han Jinseo先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「かりそめの公爵夫人」59話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

国外の温泉地に旅行に来たクロードとイヴォナは、魔法で髪と目の色を変えて街へと繰り出しました。立場や身分を忘れて夫婦水いらずのひとときを楽しむ2人。競馬場にやってきた時、イヴォナが賭けをしようと言い出しました。

≫≫『かりそめの公爵夫人』の他の話数ネタバレはこちら

かりそめの公爵夫人59話の見どころ・考察予想

国外旅行の初日、魔法でちょっと変装して街に繰り出したクロードとイヴォナは、競馬場にやってきました。

そこで、2人だけの賭けをします。

 

負けたほうが勝った方の願いをひとつきくと提案したイヴォナは、わざと負けようと思いました。

ところがクロードも同じことを思ったようで…。

 

競馬には勝ったイヴォナですが、勝負には負けた!?

 

それから2人はガラス細工の店に入ったり食事を楽しんだり、仲睦まじい様子が繰り広げられます。

2人の距離が縮まった?

 

というより、イヴォナのちょっと頑なだった「愛」に対する考えが変わりつつあるような予感のするお話です。

かりそめの公爵夫人59話のネタバレ込みあらすじ

競馬場で、賭けませんかと言い出したイヴォナ。

お金じゃなくて、負けたほうが勝った方の願いを訊くと提案しました。

 

クロードがすんなり同意したので、日頃から何かお願いがあるのかと勘ぐったイヴォナは、わざと負けようと思います。

馬を選ぶとき、クロードはコホコホと咳をしている騎手に気付きました。

わざと負けた!?

賭けの勝者はイヴォナでした。

 

クロードは一番いい馬を選んだはずなのに、とイヴァナが不思議に思っていると、クロードは競馬では騎手の隊長も大事だからな、と言います。

 

イヴォナはクロードがわざと負けたことを察しました。

そう問うイヴォナに、「何をいう。勝負とは神聖なものだ」と胸に手を当てるクロード。

 

イヴォナは観念して願いは少し考えると言うのでした。

イヴォナの召喚獣勢揃い!?

ガラス細工の店のショーウィンドウで足を止めるイヴォナ。

クロードがここテジュラはガラス細工でも有名だと教えてくれました。

 

気を引かれる商品があったので、中へ入ってみることに。

イヴォナはその商品を手に取り、ハスラートそっくりだと思います。

 

すると今度はシャルルそっくりなものが!

これはルキウス様…あとは…と店内を見回していると、クロードが「これを探しているのか?」とアスワンそっくりのガラス細工を手にしています。

 

どうしてわかったのかとイヴォナが訊くと、すべてイヴォナの召喚獣だからと答えました。

 

でも、クロードが手にしたアスワンは、遺跡でひと目しか見ていないはずだと思うイヴォナ。

それでも覚えていてくれて、アスランが知ったらきっと喜ぶと伝えました。

 

クロードが、イヴォナの力になってくれているから召喚獣には自分も感謝していると言います。

そんなクロードに、イヴォナはわたしの力になってくれているのはクロードも同じだと呟くのでした。

ラブストーリーの演劇に赤面するイヴォナ

夕食を街で済ませた2人。

食事に薬草が使われていることを指摘するイヴォナに、クロードがこの近くに薬草市場もあると教えてくれます。

 

ベンティラはパラマ帝国みたいにハルネタル教が盛んじゃないから薬草市場もあるだと思うイヴォナ。

帝国でも薬草がもっと使えたらいいのに、と思うのでした。

 

クロードが演劇をやっていることに気付きます。

イヴォナは観ていこうと誘いました。

 

演劇はベンティラ王国に伝わる昔話で、愛し合う2人が試練を乗り越え結ばれるというラブストーリー。

 

愛しているよ、という積極的な愛情表現とロマンティックな台詞に、さすが愛とロマンの王国だとイヴォナは感心します。

 

台詞を聞いて、あんなこと恥ずかしくて私には言えない…そう思っていると、なんとキスまで交わして!!

かりそめの公爵夫人59話の感想&次回60話の考察予想

本当にクリードはイヴォナのことを好きなんだなぁ、ってわかるのですが、当のイヴォナだけは気付いていません。

気付いていないというより、クロードの優しさはあくまで契約者として信頼している相手に対しての好意だと思っているようです。

 

確かに、契約を言い出したのはイヴォナです。

だからこそ、クロードに対しては誠実でいようと思うし、それ以上を望むのはよくないと思ってしまうのでしょう。

真面目過ぎますね。

 

でも、今回の旅行で「人を愛すること」に臆病になっていたイヴォナにも変化があったのでは?

演劇に刺激されて、クロードが愛の言葉でも口にすればいいのに、と思ってしまいました。

まとめ

今回は漫画『かりそめの公爵夫人』59話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫『かりそめの公爵夫人』の他の話数ネタバレはこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら