韓国語を略訳|悪女のペット先読みネタバレ!

漫画「悪女のペット」55話の原作/韓国版の小説を先読みして読んだので、あらすじ&ネタバレをご紹介します。

 

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

≫≫日本語版のネタバレはこちら

悪女のペット55話【原作】韓国版のあらすじ込みネタバレ

屋敷で偶然ぶつかったときに、侍女メアリーがリリスの母親と密に連絡をとりあっていることを知ったペイン。

 

ペインはリリスが実家と縁を切るためには侍女のメアリーが障害になると考えていましたが、優しいペインには彼女を殺すことも追い出すことも監禁することもできないのでした。

 

メアリーの始末に悩むペインにアースは彼女を餌として利用することを助言します。

どういうことだと詰め寄るペインでしたがアースは交換条件が必要だと食い下がります。

 

アースはペインに、皇帝になりたくないかと問いかけたのでした。

ペインの説得を試みるアース

皇帝の右腕として働きながら皇帝の座を奪うことをペインに勧めたアース。

その皇帝を裏切るかのような発言にペインは腹を立てます。

 

しかしアースは落ち着き払った様子で、ペインには民間人に優しすぎる以外に欠点がないからだと言います。

アースは自分が守った国の人々に冷遇されて悔しくないのかとペインに尋ねますが、彼は全く悔しくないと答えます。

 

ペインは自分の屋敷で働く皆の生活や家族を守りたいがために、戦場で命を懸けて戦うのだと言い切ります。

そして、敵や部下の前でだけ威厳があれば十分だと、アースへ反論するのでした。

 

そのようなペインの様子を見たアースは焦りを感じます。

平和を愛し、皇帝への忠誠心も強いペインのことを説得するのは難しいと悟ったのでした。

 

アースはクロード皇子へ話を持ち掛けるのも延期することを決めます。

 

まだ怒りが収まらず皇帝へ謀反を告げ口に行くとアースを脅すペインでしたが、アースはどこか余裕の表情。

アースは皇帝がペインの話を信じないと言うことを始めから見越して話を持ち掛けたのでした。

皇帝に呼び出されたヨハネス

一方、皇帝と皇后はアースが婚約をしたという話に驚きを隠せずにいました。

皇后はあまりの驚きに、本の登場人物ではなく実在の人なのかと尋ねます。

 

しかし二人は内心とてもほっとしていました。

ヨハネスにも、レベッカとの結婚を早く進めてほしいと願っているのでした。

 

話の途中で現れたヨハネス本人へ、皇帝陛下は彼に今回のカナッタからの使節団の対応を任せると告げます。

いつも自分の息子へ任せていた接待を任せられることの重大さを悟ったヨハネスへ緊張感が走ります。

 

しかし彼はこの出来事でペインとの力の差を見せつけることができると意気込むのでした。

悪女のペット55話の読んだ感想

リリスを過去の呪縛から解き放ってあげたいと、アースとの危険な取引に乗り出したペイン。

しかし、彼の気持ちは全く皇帝に揺らぎませんでしたね。

 

アースの焦りと失望が、読んでいるこちらまで伝わってくるようでした。

そんな中、カナッタからの使節団をもてなすことでペインとの差を一気に詰めようともくろむヨハネス。

 

ペインのまっすぐな優しさが裏目に出てしまうことになるのでしょうか。

次回のエピソードも楽しみです。

まとめ

今回は漫画『悪女のペット』55話の原作/韓国版の小説を先読みお届けしました。

当サイトではピッコマ漫画の通常/日本語版のネタバレもご紹介していますので、そちらもぜひ読んでみてください。

 

≫≫次回「悪女のペット」56話はこちら