韓国語を略訳|悪女のペット先読みネタバレ!

漫画「悪女のペット」56話の原作/韓国版の小説を先読みして読んだので、あらすじ&ネタバレをご紹介します。

 

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

≫≫日本語版のネタバレはこちら

悪女のペット56話【原作】韓国版のあらすじ込みネタバレ

リリスの母親と連絡を取り合う侍女メアリーの始末に悩むペインへメアリーを餌に使うことを提案したアース。

その言葉の真意を知るためにアースが出した交換条件とは、ペインが皇帝になることでした。

 

しかしペインの皇帝の座への関心は薄く、皇帝への忠誠心も強いことを知ったアースは結局彼を説得することを諦めたのでした。

一方でヨハネスは皇帝じきじきに、来るカナッタからの使節団の接待をするよう命じられます。

 

ヨハネスにとってこの出来事は、ペインと自分の力の差を見せつける絶好の機会なのでした。

アルチェン家を継ぐ決意をしたレベッカ

アルチェン家は、一つの大きな悩みを抱えていました。

それは、家主を継ぐ後継者がいないことです。

 

女性が爵位を継いだ前例がなかったため、レベッカは初めから議論の的にもなっていないのでした。

しかもレベッカは皇子の婚約者のため家名を継がない存在だと思われていました。

 

しかしそのレベッカがアルチェン家を継ぐと言います。

シャシャは、レベッカがアルチェン家を継ぐために剣術の腕を磨いていたことに気が付いたのでした。

 

シャシャは自分にできることなら何でも手助けしたいと思いますが、前例のない女家主となるのは人々から白い目で見られる険しい道なのでした。

レベッカを後押しするアース。そしてシャシャは…

悩むシャシャにそっと近づくアース。

彼はシャシャに、レベッカはアルチェン家を継ぐにふさわしい聡明な女性だと言います。

 

その言葉を聞いたシャシャは、レベッカひとりでは難しいアルチェン家主の道もアースの助けがあれば不可能ではないと心強く感じるのでした。

 

レベッカは、世界で一番大事なのは自分だと教えてくれたシャシャの言葉が自分の背中を押したのだと感謝します。

レベッカのためにアースが寄り添う姿を見て、原作では仲が悪かったふたりの関係が良くなっていることに、シャシャは感動を覚えるのでした。

 

シャシャにはまだ、怒る方法も断る方法も、自分自身を大切にする方法すらもわかりません。

しかし、そんな自分自身に気づかせてくれたナスカにとても感謝しているのでした。

 

やっとで自分を表現する決心がついたシャシャはふたりを応援することを伝えます。

そして、ふたりにも、自分を応援してくれるようにお願いするのでした。

シャシャへ胸の内を打ち明けるレベッカ

翌朝、シャシャはすっきりとした気分で目覚めます。

彼女を訪ねてきたレベッカも、今日は彼女を見て微笑みます。

 

シャシャはその笑顔を見て、改めてアルチェン家を継ぐレベッカを応援しようという意志が固まるのでした。

 

自分が男に生まれていたら、と暗い気持ちになるレベッカはついシャシャへ心の中の質問を投げかけてしまいます。

レベッカが男に生まれていても変わらず美しかったはずだと断言するシャシャにレベッカは、それなら損をしない男に生まれたかったと言うのでした。

 

その言葉にシャシャは、レベッカが男なら婚約者がいて自分はいまのように近くにいることもできなかったはずだと想像上の婚約者に嫉妬するのでした。

そのとき、背後の茂みから何か物音がします。

 

茂みの中にいたのはナスカ。

彼はひとりで花冠と指輪をつくっていたのでした。

 

シャシャに見つかったことで顔を赤くするナスカですが、シャシャは彼が上手く作れなかったことが恥ずかしかったのだと勘違いをし、彼を手伝うと言います。

無邪気なシャシャの様子をみて、レベッカは人知れず微笑むのでした。

悪女のペット56話の読んだ感想

殺伐として見えたアースとレベッカでしたが、いつの間にか仲が深まっていたようで安心しました!

アースという支えがあればレベッカも心強いですね。

 

一方、シャシャに好意を寄せるナスカの愛情表現に、次回も期待です。

まとめ

今回は漫画『悪女のペット』56話の原作/韓国版の小説を先読みお届けしました。

当サイトではピッコマ漫画の通常/日本語版のネタバレもご紹介していますので、そちらもぜひ読んでみてください。

 

≫≫次回「悪女のペット」57話はこちら