悪女の定義ネタバレ&感想

漫画悪女の定義は原作HÆON先生Yuns先生、漫画Min(REDICE STUDIO)先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪女の定義」106話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

皇后から問答を言い渡され、アイリーンはシャティを貶めることが目的であるかのような発言をしました。口を挟めないシャティは腹を立てますが、問答で圧倒しようと気合をいれます。しかし皇后はシャティに宮に帰るよう促したのです。

≫≫「悪女の定義」その他話数ネタバレはこちら

悪女の定義106話の見どころ・考察予想

皇后は狩猟祭のときにできなかった問答をここでしようと言い出したのに、シャティには発言の機会さえ与えずに宮に帰るよう促しました。

 

シャティは腹を立てますが、皇后に対して言い返すことなんてできません。

これが皇后の目的かもしれないと思いながらも、すごすごと引き下がれないと思った時、皇太子が助け舟を出します。

 

シャティを宮まで送っていくと言い出しました。

 

アイリーンと皇后を振り切って、皇太子はシャティの手を取り会場を後にします。

シャティはもちろんホッとしたし嬉しいのですが、実際のところ混乱していました。

 

アイリーンを支持していると思っていたし、狩猟祭のパートナーにもアイリーンを選んでいたのに、なぜいつも助けてくれるのだろう…と。

 

でも皇太子は、今はまだシャティに何も言えないのです。

 

そんな皇太子の近辺にも変化がありました。

秘密裏に探していた人物が見つかりそうだと報告を受ける皇太子!

悪女の定義106話のネタバレ込みあらすじ

問答の発言権さえ与えられずに宮へ帰れと言われて、シャティは愕然とします。

このまま大人しく引き下がるわけにもいかないし、かといって皇后に歯向かうようなことも言えるわけがないシャティ。

 

腹の虫の収まらないシャティが、何か言い返してやろうと思ったとき、皇太子がシャティを宮まで送ると言い出します。

シャティは差し出された皇太子の手をとりました。

皇太子の真意がわからないシャティ

2人が立ち去ろうとした時、アイリーンが「殿下!」と声をかけます。

でも、勢いで呼び止めてしまったようで、シャティはまだ体調が優れないから急に動いては…とどうでもいいことを口にしました。

 

殿下がしっかり支えてくれているから大丈夫だと当てつけるように言って、シャティは会場を後にします。

シャティは皇太子のおかげでイメージを悪くすることなく、狩猟祭の主役である皇太子を独占する形になったのでした。

 

部屋まで送ってもらったシャティは、謝罪やお礼の言葉を口にしたいと思うのですが…。

伝えたいことがまとまらなくて声になりません。

 

その代わり、出た言葉は「必ず皇后になります」というものでした。

 

今でさえこんな様子なのに、皇后になれなければ大変なことになると言うシャティ。

すると皇太子は、シャティのことを自分の皇后だと思っていると伝えます。

 

そう言われても、シャティは人々の噂話が頭から離れません。

皇太子は、能力ではシャティの方が優れていると思っていても、心はアイリーンに向かっているという噂…。

 

殿下はステナ嬢を支持していると思っていたから意外だとシャティが言いました。

 

今までも助けてもらっているけれど、狩猟祭のパートナーにアイリーンを選んだりする皇太子の真意がわからないと、正直に伝えるシャティ。

 

皇太子は「そうか」と言うだけです。

もう戻ると言って、部屋から出ていこうとしました。

 

去り際、皇太子はもう少しだけ待っていてくれ、と意味深なことを…。

祭儀の後の敗北宣言と励ましの言葉

自分の宮に戻った皇太子はラティスから報告を受けます。

奴がいそうな場所を見つけたと聞き、皇太子はすぐに向かうと言い出しました。

 

危険だとラティスが止めますが、自分が声を聞かないと確認できないと言う皇太子…。

 

その頃シャティは祭儀が終わって戻ってきた侍女たちから、シャティが出ていってからの様子を聞いていました。

 

会場では一時騒然となったけれど、シャティの肩を持つ人もいたようです。

しかし、アイリーンの執り行った儀式は完璧で強烈な印象を残したと報告を受けたシャティ。

 

今回の競合はアイリーンの勝利だと認めるしかないと言いました。

 

気落ちしているシャティに、最初は劣勢だったのに今ではその状況をひっくり返したのは、今まで成し遂げた成果だと励ます侍女長。

そうね、とシャティも気持ちを切り替えます。

 

そのとき、カイラードが面会に来ました。

 

最終的には普段のような気楽な雰囲気に戻ったけれど、ダンスを受けた時に感じた激しい後悔を思い出すと、今会うことが躊躇われます。

シャティは、体調が悪いと言って面会を断りました。

 

しばらくして、エスターがカイラードからだと持ってきた箱の中には、狩りで捕らえたプラタシベールの毛皮が。

カイラードが言っていた贈り物とはこれだったのです。

 

シャティは悩みの種を増やしたくなかったのですが、そう簡単ではなさそうだと複雑は気持ちになるのでした。

悪女の定義106話の感想&次回107話の考察予想

今回は皇太子の助け舟で難を逃れたシャティ。

あのまま何か言い返したら、絶対悪く言われていたでしょう。

 

それこそが皇后の狙いだったのかもしれません。

シャティもそれは気付いていたようです。

 

皇太子はあんなこと言ってしまってよかったのでしょうか。

シャティを皇后に推している言っているようなものです。

 

今の皇太子は、優柔不断・八方美人と受け取られても仕方ないです。

能力はシャティの方が上だと、周りに人も認め始めているから皇后にはふさわしくて、それでも気持ちはアイリーンにあるのだろうとシャティが勘ぐってしまうのも無理ありません。

 

さて、皇太子が探していた人物の居所がわかりそうです。

皇后に差し金で第7皇子を殺害した犯人!

皇太子は捕らえることができるのでしょうか。

まとめ

今回は漫画『悪女の定義』106話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫「悪女の定義」その他話数ネタバレはこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら