ある継母のメルヘンのネタバレ&感想

漫画ある継母のメルヘン原作ORKA先生、漫画Spice&Kitty先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「ある継母のメルヘン」19話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

兄のルーカスに絡まれているところを通り掛かりの少年に助けてもらったシュリー。

どこかで見たことがあるような気がします。

 

お互いにどこかでまた会えることを願っていました。

≫≫「ある継母のメルヘン」その他話数ネタバレはこちら

ある継母のメルヘン19話の見どころ・考察予想

ジェレミーの結婚相手の登場とヨハンとの約束

ついに追悼招宴の日です。

夜になり招待客が訪れます。

 

ハインリッヒ公爵は娘のオハラを連れて来ました。

オハラは未来のジェレミーの結婚相手です。

 

夫のヨハンは生前ジェレミーとヨハンとの結婚をシュリーに託していました。

もしジェレミーが拒否した場合は母親の働きに任せると言われ・・・?

ある継母のメルヘン19話のネタバレ込みあらすじ

宴に向けた準備に朝からバタバタ!

レイチェルとレオンの支度を終えたメイドのグウェンが急いでシュリーの元へとやって来ました。

家族が準備している間に双子が新調した服で庭園を走り回っていたようです。

 

グウェンは別の準備のため他の場所へ行きます。

使用人たちが忙しく屋敷を走っていました。

 

わかっていたことですが、早い時間から準備をしているのに全然余裕がありません。

シュリーは双子を見て、着飾るとやっぱり可愛いと思います。

 

厳しい日程でも服を新しくして良かったと実感するシュリーです。

そしてジェレミーとエリアスは問題ないはずだと思っていると、2人がやって来ました。

 

ジェレミーは腰に剣を下げています。

皇室の方が参加するのになぜ武器を持っているのかと驚くシュリー。

 

騎士としての階級を受けるのは来年だから良いと思っていたジェレミーですが、渋々剣を置くことにしました。

シュリーはエリアスのチェックもして予想外にまともで安心します。

 

今日は本当に大切な日なので子供たちに行儀よく過ごすようお願いをしました。

そこへ他の場所を確認していたグウェンがシュリーの支度をしにやって来ます。

 

まだシュリーの準備が済んでいませんでした。

未来のジェレミーの結婚相手・オハラ

追悼招宴のための準備が整った屋敷に次々と招待客がやって来ました。

ハインリッヒ公爵も到着し、シュリーに挨拶をして子供たちの様子を伺います。

 

子供たちは別の場所で先に来た参列者に挨拶をしているのです。

問題がないか心配なシュリー。

 

ハインリッヒ公爵は娘のオハラをシュリーに紹介します。

愛くるしい顔でオハラはシュリーに挨拶をしました。

 

オハラは未来のジェレミーの結婚相手です。

シュリーは子供の頃のオハラを初めて見ます。

 

子女の参席も可能とのことで、シュリーへの挨拶も兼ねてハインリッヒ公爵が連れて来てくれました。

オハラは12歳になったばかりです。

生前のヨハンの願い、託されるシュリー

夫のヨハンが生前、ジェレミーの結婚相手についてシュリーに話をしていました。

まだまだ子供のジェレミーですが、大人になって他人の人生も背負えるようになったらシュリーが率先してハインリッヒの息女を妻にするよう誘導してほしいと伝えられます。

 

シュリーはハインリッヒ公爵を覚えていました。

オハラは幼くして社交界デビューをしたので名前を覚えています。

 

オハラは父によく似ていると話すヨハン。

ハインリッヒは気高く名声と人望があるように見えます。

 

実際は戦時中に支援という建前で皇室に取り込まれてしまった3つの公爵領の影響で、貴族という名前だけで維持しているだけです。

そんなハインリッヒ公爵家は彼の妻であるクラウディアのおかげで建て直されました。

 

クラウディアは製造と商談に興味のあったクライン伯爵家の娘です。

実家の力もあって爵位に合う富を得ました。

 

しかし製造と商業は庶民の仕事です。

これがハインリッヒの恥ずかしい部分でもあります。

 

ハインリッヒ公爵が娘とジェレミーの結婚を期待している理由は立場を回復するためです。

ジェレミーとオハラ、お互いに良い結婚ではないかと考えるシュリー。

 

ヨハンは、これからこういった話を多くするようになると話します。

力の流れ」に理解を深めることに慣れなければいけません。

 

これが公爵夫人として生きる道です。

シュリーは今は難しいですが、了承します。

 

しかしジェレミーが結婚を拒否した場合はどうしたら良いか尋ねるシュリー。

ヨハンは、確かに利害関係の結婚を理解するにはまだ難しいので、生きている内にヨハンからジェレミーに伝えるようにすることにします。

 

不謹慎な発言にシュリーは焦りました。

ヨハンに残された時間が少ないのはシュリーもわかっています。

 

もし生きている内にジェレミーを説得できない場合は、母親であるシュリーの気転に任せると話すヨハンです。

ある継母のメルヘン19話の感想&次回20話の考察予想

ジェレミーの結婚、少女のオハラの登場です。

生まれ変わる前は、結婚が決まってからオハラと会ったシュリー。

 

大人のオハラはシュリーに冷たい目を向けていました。

今世では少女のオハラとの出会いを成し遂げます。

 

少女のオハラは素直そうな良い子です。

ヨハンとの約束の通り、ジェレミーとオハラが結婚すればシュリーの娘となる訳なので良い関係を築いてほしい思います♪

まとめ

今回は漫画『ある継母のメルヘン』19話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫「ある継母のメルヘン」その他話数ネタバレはこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら