悪女の定義ネタバレ&感想

漫画悪女の定義は原作HÆON先生Yuns先生、漫画Min(REDICE STUDIO)先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪女の定義」109話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

第7皇子を殺害した実行犯を捕まえた皇太子は、アイリーンが映像を公表することはないだろうと胸を撫で下ろします。早速次の公式行事にシャティにパートナーとして参席して欲しいと誘いました。

≫≫「悪女の定義」その他話数ネタバレはこちら

悪女の定義109話の見どころ・考察予想

新年の宴にパートナーとして参席することになったシャティは、貴族たちにレジーナとしてアピールすることに成功します。

会場では、領地からきていた両親や、見知った顔に会い、シャティは楽しく過ごすことができました。

 

そしていよいよセオフェル伯爵との賭けの結果が出ます。

 

鉄は水に浮くというシャティに、小馬鹿にする態度をとっていたセオフェルですが、結果を見て愕然とします。

 

シャティは約束通り商団の通行権を得ることになるのですが、皇太子のセオフェルに対する要求は思いがけないものでした。

それは、シャティに対する謝罪でした。

悪女の定義109話のネタバレ込みあらすじ

皇太子に新年の宴のパートナーに選ばれたことを話すと、エディスたち侍女は大喜びします。

当日は念入りに着飾らないと!と張り切る侍女たち…。

皇太子と新年の宴に参席するシャティ

気合を入れる侍女たちにちょっと引き気味のシャティ。

当のシャティは、なぜ急に皇太子が誘ってきたのか不思議に思っていました。

 

祭儀の日に、アイリーンを支持していると思っていたと言ったことを気にしているのかとも思うのですが、いくら考えてもその理由はわからないのでした。

 

そして、あっという間に年明けが―。

この場所に来て初めて迎える新年に、シャティはひときわ感慨深く感じます。

 

新年の宴の日がやってきました。

皇太子がシャティの手をとり会場に姿を現します。

 

すこぶる上機嫌な皇太子に、何か良いことでもあったのかと思うシャティ…。

 

レジーナとして貴族たちへのアピールは大成功!

開幕式が終わって、皇太子とダンスを踊った時、シャティは前回より息を合わせて踊ることができたと感じました。

 

ダンスを終えたシャティに、領地から来ていた両親が声をかけます。

皇太子が気を利かせてまた後でと言って去っていきました。

 

両親と久しぶりに話をして、シャティは心が安らぐのを感じます。

すると、シャルアン卿とアルベルが挨拶にやってきました。

 

シャリアン卿が綿花事業が完了したら帝都に戻ってくる予定だとシャティに話すのを聞いて、アルベルがしゅんとした顔を見せます。

そこでシャティが、コーゲン令息も一緒に来たらどうかと提案しました。

 

焦ったアルベルはしどろもどろになります。

コーゲン令息は仕事ができるから中央でも活躍できるとシャティが言うと、光栄だと気を取り直したアルベルが言いました。

 

シャティはアルベルの反応をちょっとからかったのですが…。

 

そんなアルベルをシャルアン卿がじっと見ています。

その顔はまんざらでもない様子。

 

シャティはやっぱり他人の色恋沙汰は面白いと、2人を盛り上げていました。

そこへ皇太子がやってきて、賭けの確認をしに行こうと声をかけます。

鉄は水に浮く?賭けの結果が…

祭儀の時に、セオフェル伯爵とした「鉄は水に浮くか浮かないか」の賭けの確認に行こうと声をかけた皇太子。

 

人工湖の回りに人が集まり始めています。

皇太子が、セオフェル伯爵に賭けの内容を再確認して、自分が勝ったときに伯爵から何をもらうかは、結果が出た時に話をすると言いました。

 

模型の鉄船が運び込まれてきます。

シャティは、この人工湖は深いから充分浮くはずだと確信していました。

 

おおおお!と言う歓声が聞こえ、見事に鉄船は水に浮いています。

セオフェルはそれでも何か裏があるはずだと言いました。

 

しかし、中立を保つために今回は皇帝陛下に用意してもらったと皇太子に言われ、言葉を失います。

 

負けを認めたセオフェルに、皇太子が求めたものはシャティへの謝罪でした。

シャティが許すまで謝罪をすることが条件だと厳しい視線を向ける皇太子。

 

シャティは商団通行権や鉄規制がかかった賭けなのに、なんでそんな些末な要求をするのかと耳打ちします。

しかし皇太子は、自分にとってもっとも重要な問題だと言うのでした。

 

シャティは訝しんでいましたが、予想に反してこの要求はセオフェルにとって耐え難いものだったのです。

 

眉間にシワを寄せしかめっ面をするセオフェルに、たったこれだけのことで金貨千枚に値するほどの借りを返せるのに、とシャティは心底呆れるし見苦しいと思いました。

 

いつまでも黙り込んでいるわけにはいかないので、セオフェルは謝罪をしましょうと重い口を開くのでした。

悪女の定義109話の感想&次回110話の考察予想

今回の宴はシャティにとっては追い風となりました。

今の所、ですが。

 

皇太子はごきげんです。

今までアイリーンと一緒に参席していたときとは表情が雲泥の差で、シャティに対する好意がダダ漏れ!

 

シャティはそんなこと全然分かっていないのですが…。

 

セオフェル伯爵に対しての要求は思ったとおりでした。

シャティに対する無礼は忘れない、って言ってましたしね。

 

セオフェルにシャティは恨みをかったと思いますが、元々アイリーン推しだったからどうでもいいのかもしれません。

政治的な敵から、私怨が加わってやっかいになる可能性もありますけど。

まとめ

今回は漫画『悪女の定義』109話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫「悪女の定義」その他話数ネタバレはこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら