公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ

漫画公爵夫人の50のお茶レシピ原作Lee Jiha先生、漫画Ant Studio先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「公爵夫人の50のお茶レシピ」56話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

クロエはダンスのレッスンを始めました。その理由は舞踏会でアルフォンスと一緒に踊りたいから。それを聞いて、アルフォンスは胸の奥が温かくなるのを感じます。クロエは公私ともに充実した日々を送っているのでした。

≫≫『公爵夫人の50のお茶レシピ』の他の話数ネタバレはこちら

公爵夫人の50のお茶レシピ56話の見どころ・考察予想

今回は、クロエの使用人のひとりであるロックウッド夫人の悩みから始まります。

義理の両親と仲良くなれずにほとほと困っているのでした。

 

義父がお酒好きで、最近はお茶にも興味を持っていると聞いたクロエは、ティーカクテルをふるまうのはどうかと提案します。

 

今回のクロエのレシピは「ロイヤルアールグレイ」と「ルイボスストロベリーモヒート」。

参考にして試してみたくなります。

公爵夫人の50のお茶レシピ56話のネタバレ込みあらすじ

めずらしくロックウッド夫人が時間に遅れてクロエの執務室にやってきました。

 

何かあったのかと心配したクロエ。

手助けできることはないかと訪ねます。

 

しかし、個人的なことだと躊躇う夫人。

仕えるものの管理をするのも主人の役目だとクロエに説得され、夫人はおずおずと話し始めました。

ロックウッド夫人の憂鬱

夫人は恋愛の末結ばれました。

まだ結婚半年の新婚です。

 

夫のロックウッド男爵の両親であるロックフッド子爵夫妻はこの結婚に難色を示していました。

その理由は家門の格の違い…。

 

夫人は両親に認めてもらおうと、あらゆる手をつくしましたが何の成果も得られず半年が経っていたのです。

 

夫人の話から、ロックウッド子爵はお酒が好きで、最近は皇帝が飲んでいるうお茶にも興味を持っていることを知ったクロエは何か閃きます。

 

夫人に子爵はカクテルは好きかと訊ねました。

好きだけど、子爵は常に新しいものを求めているから、普通のカクテルには見向きもしないだろうと答えました。

 

そこで、クロエはティーカクテルと提案します。

お茶は酒とも相性がよいことを説明し、レシピを教えるから作ってあげたらどうかと言いました。

ロイヤルアールグレイ

クロエは夫人を伴ってティールームに向かいました。

さっそく子爵が好みそうなティーカクテルを作り始めます。

 

熱いお湯でアールグレイを3分間煮出して抽出したら茶葉を除いて冷やしておきます。

冷めたアールグレイにジンとハチミツをスプーン1杯ずつ入れ、そこにオレンジを絞ったら完成です。

 

それほど難しくないので、夫人はこれなら作れると言いました。

 

クロエが乾杯といってグラスを手にします。

最初は飲むのを躊躇っていた夫人ですが、その独創的な味に感心しました。

 

ジン特有の強いアルコールの香りをアールグレイのフローラルな香りが包み込んで、甘すぎず酸味があってすっきりしている、と…。

ルイボスストロベリーモヒート

次にクロエは子爵夫人はどんな果物が好きかと夫人に訊きました。

イチゴが好きだと聞いて、夫人向けのティーカクテルも提案します。

 

このカクテルに使うのは紅茶ではなくルイボス。

クロエは夫人にルイボスについて説明しました。

 

ルイボスは南部熱帯地方で生産されるハーブティーで、カフェインが含まれていないので紅茶の代わりとして広く飲まれています。

特有の匂いがあるため初めての人は抵抗を感じることのあるけれど、他の材料と混ぜてカクテルを作ると、その香りも魅力へと様変わりするのです。

 

さっそく作り始めるクロエ。

 

イチゴとミントの葉、そしてシュガーシロップをよく潰し、ライムのの絞り汁と冷ましたルイボスティー、そしてラム酒を混ぜ合わせます。

それに小さく砕いた氷と水が炭酸水を入れたら完成!

 

クロエが作っているのを見て、夫人はこちらもそんなに複雑ではないと思いました。

試飲してみると、こんなに美味しいお酒は初めてだと感激する夫人。

 

クロエはアールグレイとルイボスの葉を夫人にプレゼントしました。

 

夫人は、クロエに教わったティーカクテルを子爵夫妻に披露したところ、味にうるさいロックウッド夫妻を魅了します。

夫人の長期に渡る義理の両親との確執は、クロエの提案したカクテルによって解決の糸口を見つけることになったのでした。

公爵夫人の50のお茶レシピ56話の感想&次回57話の考察予想

今回は、レシピがメインでした。

ティーカクテル、どちらも飲みたくなりました。

 

クロエは、以前講座を開いたらどうかと提案されて、まだ自分は人に教えられるほどではないと断っていましたが、十分じゃないですか!?

 

特に今回のティーカクテルは、貴族の紳士たちにも評判になりそうです。

夫人たちも、普段飲んでいるのはワインだろうから、ティーカクテルも好みそうですね。

まとめ

今回は漫画『公爵夫人の50のお茶レシピ』56話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

クロエの紹介するティーカクテルの2種類のレシピが、とっても参考になるお話です。

ぜひお試しあれ!

≫≫『公爵夫人の50のお茶レシピ』の他の話数ネタバレはこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら