できるメイド様 ネタバレ37話【ピッコマ漫画】マリは2名の令嬢のどちらにつくのか?

漫画できるメイド様 は原作sanho先生、漫画yuin先生の作品で『ピッコマ』で配信されています。

今回は「できるメイド様 」37話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

獅子宮殿のメイドとして働くマリ。

皇太子の妃候補が来ることになりました。

 

話によれば、候補者は2名。

どちらの令嬢を選んでも、帝国にとってはメリットになります。

 

しかし、マリは皇太子が自ら恋に落ちるとは到底思えないのです。

そこでマリは、2名の候補者のいずれかに協力しようと思うのでした。

≫≫前話「できるメイド様 」36話はこちら

できるメイド様37話の見どころ・考察予想

マリはどちらの令嬢の味方になるのか?

ついに、皇太子妃の候補者2名が獅子宮殿へと到着します。

噂によれば2名の候補者は、帝国にとってどちらの令嬢を選んでもメリットがあるのです。

 

マリはどちらかの令嬢の味方となり、皇太子妃となれるよう協力することを決意するのです。

 

まだ見ぬ、皇太子妃候補の2名の令嬢は、いったいどのような方なのでしょうか?

できるメイド様37話のネタバレ込みあらすじ

アリエル令嬢・レイチェル令嬢どちらの味方になる?

ついに皇太子妃候補が獅子宮殿へやってくる当日。

皇太子はいたって冷静です。

 

側近は、皇太子のために選びに選んだ令嬢であり、結婚をするのは皇太子自身だからこそ興味を示してほしいと懇願するのです。

しかし皇太子は2名の候補者の中で、未だに関心を抱く人物はいません。

 

皇太子としては、シュレーアン家のアリエル令嬢、イーストバーン家のレイチェル令嬢のどちらが帝国の利益になるかが重要であり、自身の気持ちは関与していないのです。

 

結婚とは、一生一緒にいる人を選ぶことでもあります。

皇太子自身、自分の人生よりも国のこと、国民のことを優先して考えるのでした。

 

側近としては、皇太子自身が心を許せる人に巡り合ってほしいと密かに願うのです。

 

本来であれば、帝国の利益を考えるとクローヤン地方を治めるためにもモリナ王女が適任。

未だに行方をつかむことができないのです。

 

皇太子はモリナ王女との結婚を諦めようとするのでした。

 

2人の令嬢が獅子宮殿へ到着します。

皇太子妃候補を「デルフィナ」と呼ぶメイド総長。

 

2名のデルフィナはとても美しい容姿をしています。

 

メイド達は到着したデルフィナを見て、どちらが皇太子妃に選ばれるかと話が盛り上がっています。

 

メイド達の中でも、アリエル令嬢、レイチェル令嬢どちらが選ばれるかまだ分かりません。

マリは悩むのです。

 

2名の令嬢は、容姿端麗、家柄も帝国にメリットがあるため、皇太子がどちらを選ぶか想像がつきません。

 

ふと、昔の記憶がマリの脳裏によぎります。

一瞬不安になりますが、気を持ち直して自身の計画の成功を祈るのです。

 

マリは知らない女性から声をかけられます。

 

声をかけたのは、アリエル令嬢の側近マチルダ。

アリエル令嬢がマリに会いたいと言っているとマリを呼びに来たのです。

 

貴族の出身ではないマリに失礼がないように注意をし、アリエル令嬢の元へ案内します。

 

アリエル令嬢へ挨拶をするマリ。

なぜ自分が呼ばれたのか疑問に思っているマリへ質問をするアリエル令嬢。

 

あなたの階級は?と尋ねます。

マリは正直に捕虜ですと答えるのです。

 

戦争捕虜は皇室に所有権があるが、奴隷ではありません。

しかし、アリエル令嬢は奴隷と同じことだと言うのです。

 

続けて、なぜマリのことを呼んだのか分かるかとマリへ質問をします。

 

アリエル令嬢は皇太子が特別に可愛がるメイドを一度見ておきたかったためマリを呼んだのでした。

 

アリエル令嬢としては、特別なメイドは皇太子の愛人でもあるのではないかと思ったのです。

しかし、マリを直接見たアリエル令嬢は大した問題ではないと安堵しました。

 

あくまでも、マリが皇太子の不眠治療をしているだけという噂は本当のことだと確信したからです。

 

用が済んだアリエル令嬢はマリを部屋から追い出します。

 

マリは品位に欠ける数々の言葉を浴びせてきた、アリエル令嬢へ怒りがこみ上げます。

そして、性格の悪いアリエル令嬢の味方をすることはできないと思うと同時にレイチェル令嬢に希望を託そうかと悩むのです。

 

マリが考え込んでいると、再度見知らぬ女性から声をかけられました。

その女性は、タイミングが良いのか悪いのかレイチェル令嬢の側近ジーナです。

 

レイチェル令嬢がマリに会いたいと言っているとジーナは言うのでした。

できるメイド様37話の感想&次回38話の考察予想

物語の重要な展開になりそうな、皇太子妃選び。

ついに2名の女性がマリの務める獅子宮殿へやってきましたね。

 

さっそく、マリの計画が狂ってしまったのです。

 

アリエル令嬢は、表向きはとても美しい女性ではありますが、内面は闘争心メラメラの口の悪いお嬢様でしたね……。

 

果たして、皇太子の前では猫を被るのでしょうか?

マリとしてはレイチェル令嬢の味方をする選択しか残されていないようですが、果たして性格に問題はないのか気になるところですね。

 

次回は、マリとレイチェル令嬢が対面します。

果たしてマリはレイチェル令嬢の味方となるのか?もしくは妥協してアリエル令嬢につくのか、気になりますね!

まとめ

今回は漫画『できるメイド様』37話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

獅子宮殿へ2名の令嬢が皇太子妃としてやってきました。

一方、皇太子は自分の気持ちよりも帝国の利益になる女性を選ぼうとするのです。

 

マリは、候補のどちらかの令嬢の味方になろうとしますが、アリエル令嬢の性格の悪さに驚きます。

そんなマリに、レイチェル令嬢との面会のチャンスが訪れるのでした。

 

果たしてマリはどちらの令嬢の味方となるのでしょう?

≫≫次回「できるメイド様」38話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら