ネタバレ全話|悪女は2度生きる【ピッコマ漫画】1話から最新話・最終回まで臨時まとめ!

漫画悪女は2度生きる原作Mint先生、漫画PEACHBERRY先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪女は2度生きる」17話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

アルティゼアが自分のために母・ミライラが悪行を働きそれをハンソン家に被せた事実を述べた時、ハンソンの身体は憎しみで震えます。

 

当時の記憶を蘇らせます。

ハンソンが証拠があると苦しむ姿に、ハンソンの娘がこれ以上争うことは賢明ではないと助言しました。

 

ハンソンは犯人が分かっているのにと言います。

 

しかし、たとえ犯人が明かされようともその前にミライラに殺されてしまうかもしれないことも助言したのでした。

そして、犯人を明らかにしてもローサン家を継ぐのはアルティゼアであり、その母を犯人としても敵対心しか生まないと。

 

ハンソンは悔しいながらも、その名を捨てることを家族に宣言しました。

 

ハンソンはなぜ自分に会いに来たのかとアルティゼアに尋ねます。

アルティゼアは理由を話す前に、ローサン家最後の子孫としてハンソンに謝りたいと申し出ます。

 

その心に感動するハンソンとセドリックでした。

 

一方、ミライラは荒れていました。

セドリックが動き、ミライラを牽制したのでした。

 

そして、二人の帰りをローサン家で待っていろと命令したのです。

 

≫≫「悪女は2度生きる」その他話数ネタバレはこちら

悪女は2度生きる17話の見どころ・考察予想

アルティゼアとハンソンが和解できたのかなと思える描写で、安心しましたね。

さて、アルティゼアの本当の目的はなんだったのか気になります。

 

さらに、セドリックとミライラの直接の対峙はあるのか楽しみです。

悪女は2度生きる17話のネタバレ込みあらすじ

ローレンスからみたミライラ

執事が、セドリックの使いが来ていることに驚きます。

イライラしているミライラの耳に入れたらどうなる事かと固唾を呑んだ時、背後から誰かが来ました。

 

それはアルティゼアの兄・ローレンスでした。

執事はひざまずき、おかえりなさいませと言います。

 

ローレンスは、セドリックの使いが来ていたが何事だと尋ねました。

執事が返答に困っていると、ミライラがローレンスに近づきおかえり私の皇子様と可愛がります。

 

そして、どうしてここに来たのかを聞きます。

ローレンスは、ミライラがセドリックと何か問題を起こしたのかと問い詰めました。

 

接点もないのに、なにもないと答えるミライラ。

戦うことしか知らない軍人が、アルティゼアを尋ねてきて不思議だったと答えるのです。

 

怒った表情のローレンスにどうしたのかとミライラが尋ねます。

大公に失礼なことをしていないかとローレンス。

 

失礼なことなど何もしていない、アルティゼアが外出していると聞いてそこに向かっただけだと言ったミライラ。

今度セドリックが訪ねてきても何もするな、自分が対応すると言うローレンスでした。

 

不思議がるミライラに、セドリックは清廉潔白な人間でありせっかくアルティゼアが掴んだチャンスをミライラのような人が台無しにしてはいけないからだと言います。

 

私のような人とはどういう意味かと憤るミライラ。

ローレンスは、セドリックと共に自分もミライラを軽蔑していると答えます。

 

皇帝が、ローレンスを皇太子にしないのもその理由だと断言するのです。

言い当てられたミライラはショックを受けました。

再び執事へ

アルティゼアは、間もなく結婚すること、そしてそれにはハンソンの力が必要なことを伝えます。

ローサン家の全財産を回収したいが、ハンソンならその財産と昔の使用人たちを知っているだろうとも。

 

いるべき場所で私を助けてとアルティゼアはお願いしたのでした。

 

しかし、ハンソンは罪を被せられた一族がどのようにして戻る手立てがあるのだと言います。

 

自分はローサン侯爵になる人間だとアルティゼアは伝えます。

他の問題はいくらでも方法があるから、自分が解決していくと。

 

ハンソンは、アルティゼアを信用してついていくと答えました。

アルティゼアのために

帰りの馬車、セドリックは驚いたと話しかけます。

人の心を動かすのは感動させることであり、アルティゼアはまだ幼いのにそれをよく理解していると。

 

アルティゼアは下を向き、感動させようとしたわけではなくもっともな言い訳を与えただけだと答えます。

 

ハンソンは生活苦な事、一刻も早くスラム街を出たいと思っていると。

けどきっかけもない上に、アルティゼアを頼ることも出来なかったから、抜け出すための言い訳を与えたのだと言ったのです。

 

それを聞いたセドリックは微笑みます。

微笑んだセドリックを訝しがるアルティゼア。

 

自分を悪人だと思っているんだとセドリックが言うと、事実だからとアルティゼアが答えました。

 

セドリックは、誇らし過去を持っているものは不名誉な現実から抜け出したいと思っていると言います。

だからアルティゼアは言い訳を与えたわけではなく、誇り高い瞬間を思い出させただけだと伝え、必ずアルティゼアのために帰ってくると明言するのでした。

 

ハンソンはローサン家を愛していて、アルティゼアはその末裔だからと。

 

馬車はアルティゼアの家に到着しました。

セドリックが差し出した手を掴んで馬車を降りるアルティゼア。

 

そこにミライラの執事がやってきます。

セドリックに、ローレンスが一緒に夕食をと言っていると伝えます。

 

セドリックは断りますが、その誘いがアルティゼアからのものだったら話は別になると答えたのでした。

悪女は2度生きる17話の感想&次回18話の考察予想

ローレンスがミライラを軽蔑していて、アルティゼアの出逢いを尊重するとは思いませんでした。

その後ろには何か考えがあるのか、純粋な兄妹だからの想いなのか読み取るまでにはいかなかったので今後どのような展開になるのか気になります。

 

また、セドリックがアルティゼアに轢かれているのかどんどん関係が良くなっていることと、馬車から降りる際に自然と手を取っている二人の関係にこの先も注目です。

まとめ

今回は漫画『悪女は2度生きる』17話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫「悪女は2度生きる」その他話数ネタバレはこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら