悪女の恋人は主人公様のネタバレ&感想

漫画「悪女の恋人は主人公様」は原作R.su先生、漫画Lee Haron先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪女の恋人は主人公様」47話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

クラーケンが開けた穴を埋めるため湖の底へ向かったユニフェたち。

穴を塞ぐには激流の中、オルチェが直接岩に触れて種類を把握しなければなりません。

ユニフェはオルチェのサポートをすることになります。

≫≫前話「悪女の恋人は主人公様」46話はこちら

悪女の恋人は主人公様47話の見どころ・考察予想

作戦は成功!でも体力尽きたユニフェは…

オルチェのサポート役として同行したユニフェ。

作業の間ずっと魔法でシールドを作っていたために体力の限界を迎えてしまったようです。

 

水面へ浮上する途中で気を失ってしまったユニフェ

ユニフェはイシードと再会することができるのでしょうか?

悪女の恋人は主人公様47話のネタバレ込みあらすじ

過酷な作業にユニフェの体力は限界!

オルチェたちとともに岩の近くまで来たユニフェ。

2人の土の魔法使いが岩の種類を把握しようとしている間、シールドを作って呼吸ができる空間を作るのがユニフェの役割です。

 

作業はユニフェが想像していたよりも時間がかかっており、こんなこと思ってはいけないけど来るんじゃなかった、と思うほど辛いものでした。

急かすとうまくいかないよ、とオルチェに言われたユニフェはじっと我慢しようとしますが、ふと気づくと視界の奥に光が見え、しかもそれはどんどん明るくなっているように見えます。

 

つい先程2人に話しかけないようにしよう、と思ったユニフェですが、さすがに変なのであれは何か、とオルチェに尋ねました。

オルチェは「あれはゴルシーで、船人たちを飲み込む魔物だよ」と平然と答えます。

 

「穴が大きくなったら私たち食べられちゃうってこと?」と土の魔法使い。

ゴルシーが穴を壊すドンドンという音まで響いてきました。

 

焦る2人の若い魔法使いをよそに、オルチェは落ち着いています。

「このままもう少し放っておきましょう」と作業を進めます。

 

ユニフェがこのままだと本当に壊れる、と泣きそうになったとき、オルチェがすっと立ち上がりました。

そして「把握できたから始めましょう」と足元を踏みしめるとゴルシーのいる穴付近に向かって地面が盛り上がってきます。

 

穴に背を向けていたユニフェですが、水の流れが変わったのを感じました。

オルチェが穴を塞ぐことに成功したようです。

 

ユニフェが振り返ると、なんと穴があった場所からゴルシーのしっぽが見えています。

オルチェはゴルシーごと穴を塞いだのでした。

 

「挟まってくれたおかげで早く埋まったわ。私たちの手柄なのに数万年後に化石として発見されるのかな」とオルチェ。

「名前でも書き残しますか?」と土の魔法使い。

 

ユニフェはこの人たちおかしいわ、と呆れています。

 

3人は水面へ向けて浮上し始めましたが、ユニフェは体調に異変を感じます。

シールドを維持するのに無理をしすぎたようです。

 

めまいがして視界がぼやけてきたユニフェ。

そのまま眠ってしまいそうになりますが…

 

そのとき誰かがユニフェの腕をつかみ引っ張り上げます。

イシードがユニフェを迎えに来たのです。

 

イシードの姿を確認したユニフェはそのままイシードの胸に倒れ込み、眠ってしまいました。

服は脱がす?脱がさない?

イシードのテントの中でベッドで眠るユニフェ。

その横にイシードが座り、ユニフェの手を握っています。

 

ユニフェの手はとても冷たく、服も濡れたまま。

イシードは服を乾かさないと、と思うものの悩んでいます。

 

イシードが迷っているのは、服を脱がせばユニフェはよく眠れるけれど起きときに服を脱がされたことに気がついて怒るかもしれないということと、服が濡れたまま寝ると風邪を引いてこのあとの日程でユニフェが辛い思いをするかもしれない、ということのどちらがいいか、ということでした。

 

結局、自分が怒られることよりユニフェの健康が大事、という結論に達したイシード。

思い切ってユニフェの服を脱がせにかかりますが、緊張のあまりボタンを外すのにもゴソゴソと手間取っています。

 

なんとかボタンを外し、ぐっすり眠っていてよかった、とユニフェの顔を見ると…

ちょうど目を覚ましたユニフェと目が合ったのでした。

悪女の恋人は主人公様47話の感想&次回48話の考察予想

まずは無事に湖の底の穴が埋まってよかったですね。

ゴルシーが現れたときには、またこれで一波乱あるのかと思い心配しましたが、あっさりオルチェに埋められてしまったのは予想外でした。

 

イシードと同じく、オルチェも只者ではないようです。

 

そんなオルチェたちのためにシールドを維持し続けたユニフェの負担は相当なものだったようですね。

体力ぎりぎりまで無理をしていたことがわかります。

 

そんなユニフェの性格を知っていて迎えに来てくれたイシード。

イシードがいなければユニフェは危なかったのではないでしょうか?

 

優しいイシードですが、ユニフェの服を脱がす脱がさないでもじもじしているところがかわいかったです。

苦労してボタンを外したところでユニフェに気づかれてしまったイシード。

 

目を覚ましたユニフェはどんな反応をするのでしょうか?

変な誤解をされないことを願いましょう!

まとめ

今回は漫画『悪女の恋人は主人公様』47話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

湖の底の穴を塞ぐことに成功しましたが、体力が尽き眠りこむユニフェ。

自分のベッドにユニフェを寝かせたイシードはユニフェの濡れた服を脱がせようと四苦八苦しているところで、目を覚ましたユニフェと目が合ったのでした。

≫≫次回「悪女の恋人は主人公様」48話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら