韓国語を略訳|悪女のペット先読みネタバレ!

漫画「悪女のペット」57話の原作/韓国版の小説を先読みして読んだので、あらすじ&ネタバレをご紹介します。

 

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

≫≫日本語版のネタバレはこちら

悪女のペット57話【原作】韓国版のあらすじ込みネタバレ

アルチェン家を継ぐことをシャシャへ伝えたレベッカ。

シャシャはその前例のなく大変な決断に戸惑います。

 

しかし、仲が悪いと思われていたアースまでもが支えになろうとしている様子を目にしたシャシャは、レベッカの今後を出来る限り応援してあげたいと心から思うのでした。

 

翌朝、男に生まれたかったというレベッカに、女に生まれたからこうして一緒にいられるのだとシャシャは声を大にして伝えます。

 

そんな二人の背後で突然した物音。

目をやると、そこではナスカがひとりで花冠をつくっていたのでした。

シャシャとふたりで出かけたいアース

花をすべて根元から折ってしまっていたナスカに、シャシャは呆れ顔です。

枝付きの花では花冠というより、植え直すか爪を染めるのに使うほうがいいと彼女は言うのでした。

 

爪を染める方法を知らないナスカに、シャシャは時間が経てば落ちるからやってみようと提案します。

ナスカはどうせ消えるのになぜ染めるのかといぶかしげな表情。

 

しかし、爪の色が初雪の日まで消えなければ初恋が叶う、というシャシャの言葉には興味をそそられた様子でした。

 

そこへアースがやってきて、シャシャへ何をしていたかと尋ねます。

ナスカのことを話している間に、ナスカはすっかり花冠には興味を失ってしまったのでした。

 

アースは頭を休めるためにいつも読んでいるより易しい本を読んでいるところだと言います。

シャシャが確認すると、その本は薬草学で、お世辞にも簡単そうには見えないのでした。

 

そしてアースは、シャシャに伝えていないことがありました。

今日はシャシャとふたりきりで出かけるためにすでにナスカとレベッカの許可を得たというのです。

 

シャシャはいきなり自分を口説くかのようなアースの態度に戸惑います。

シャシャへ恩返しがしたいアース

そして結局ふたりきりで出かけたシャシャとアース。

シャシャは、いくら婚約予定とはいえアースとふたりきりでいることにどこかまだ違和感を覚えるのでした。

 

それはシャシャが、ルックスも頭も性格もいいアースより優れている部分が愛嬌くらいしかないと考えているせいでした。

 

何か欲しいものがあるかと尋ねたアースに、シャシャは一軒の店を見ることを提案します。

それはドレスの店でした。

 

フィオールは湖畔の町で、年に一度の祭りのときに人々が身に付ける妖精の仮装が店にはたくさん用意されていました。

そのドレスたちを見たシャシャは、次はお祭りの時期にまた来たいと嬉しそうな様子。

 

最終的に二着のドレスで迷うシャシャに、アースは二着どちらも購入します。

レベッカもアースも自分にあまりにもよくしてくれると申し訳なく思うシャシャでしたが、アースは、彼女が自分たちにしてくれたことに比べれば安いくらいだと言います。

 

シャシャの言動が、自分の人生を選択するきっかけになったり、新たなことを学ぶきっかけになったり、自分の感情に正直になったりと人々を変えているのでした。

アースは今度は自分たちがシャシャへ恩返しをする番だと言います。

 

アースはシャシャを抱きしめ、彼女のためなら何でもすると伝えたのでした。

悪女のペット57話の読んだ感想

シャシャのことを大切に思う周囲の人々ですが、好意に鈍感なシャシャの様子がもどかしいですね!

自分のことを大切に思えないシャシャの気持ちを汲み取ったうえで、彼女がしたことの重大さを伝えるアースの言葉に胸がじんと熱くなりました。

シャシャは周囲に心を開けるようになるのでしょうか。

次回が楽しみです。

まとめ

今回は漫画『悪女のペット』57話の原作/韓国版の小説を先読みお届けしました。

当サイトではピッコマ漫画の通常/日本語版のネタバレもご紹介していますので、そちらもぜひ読んでみてください。

 

≫≫次回「悪女のペット」58話はこちら