転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?ネタバレ&感想

漫画「転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?」は原作kkiming先生、漫画N’oah先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?」64話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

皇帝たちが自分に隠し事をしていると感じたレアナ。ポールとミアに探りを入れますが、ミアが直接皇帝に聞いてみたら教えてくれると言って無理やりレアナを執務室に連れていきました。その頃、闇市で新たな動きが!?

≫≫『転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?』の他の話数ネタバレはこちら

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?64話の見どころ・考察予想

襲撃事件の調査に進展がありました。

作戦会議を開くテリアとルマン、ロードニアン、魔法使いの4人。

 

このとき皇帝はレアナと執務室にいました。

 

事件に関しては、着々と調査が進んでいるのですが、テリアは何だか腑に落ちないようです。

ルマンのことを完全には信用していないのです。

 

その頃皇帝とレアナは、気まずそうに向かい合っていますが…。

レアナがなぜ自分が落ち込んでいたのか正直に気持ちを伝えます。

 

皇帝も…。

2人の距離が縮まった瞬間!

 

それでも恋愛初心者の皇帝は、計画も虚しくスマートにデートに誘えないのでした。

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?64話のネタバレ込みあらすじ

闇市を調査していた騎士たちからテリアは報告を受けていました。

テリアの懸念

回収した品はオブリオで間違いないと魔法使いが言います。

証言からもフォーグが関与していることは間違いないから尋問をするべきだというロードニアンをルマンが制しました。

 

フォーグは皇室騎士団員だし、伯爵家の子息だからすでに商人が捕まったと知らせを受けているかもしれないと言うルマン。

慎重になったほうがいいと穏やかに諭しました。

 

気が急いていたロードニアンも納得します。

テリアがこのまま何もしないのかと訊くと、ルマンは自分が直接行くと言いました。

 

体調も完全に回復していないのに、さすがにそれはどうかと止められると、ルマンは補佐官のエルヘンを送ると言って、テリアに意見を求めます。

 

2人の間に微妙な空気が流れますが、テリアは現状ではそれが適切だろうと答えました。

それを受けてすぐにエルヘンを送ると言って、ルマンは先に退室します。

 

魔法使いがルマンのことを相当なやり手だと評価すると、ロードニアンも有能な方だと同意して、すぐに解決するだろうと言いました。

ただ、テリアは不自然なくらい話が順調に進んでいると訝しんでいます。

 

捕まえる過程で何か起きたら陛下に進言しよう…と考えたところでハッと大事なことを思い出しました。

皇帝の執務室の前にミアを残してきてしまったのです。

気持ちを伝え合う皇帝とレアナ

テリアたちが会議をしている間、皇帝はレアナと執務室にいました。

お互い話を切り出すのを躊躇っています。

 

皇帝が、何か言いたいことがあるのだろう?とレアナに訊きました。

レアナは、先日の無礼を謝りますと切り出し、皇帝がなぜ何も言わずにあんな態度をとったのか悩んだのだと言います。

 

皇帝の気遣いはわかっているけれど、まるで何の役にも立たない無力な存在だと言われているようで寂しかったと正直に気持ちを伝えました。

 

レアナの話を聞き、皇帝も襲撃事件に触れることでレアナの不安を煽るのではないかと心配するあまり、かえって不安を感じさせてしまったと言って謝罪の言葉を口にします。

 

レアナは一瞬目を丸くしますが、静かに微笑み、あの日と同じ話をしているのに今はお互いの気持ちを理解し合えたように感じると言いました。

 

そして、今までの私の行動を考えれば信じられないのは当然だから謝る必要はないと笑います。

そういう意味ではないと焦る皇帝。

 

ちゃんと分かっています、と笑うレアナ。

でもこれからはちゃんと話してほしいし、捜査官に会っても構わないと言いました。

 

陛下が守ってくれるとわかっているから怖くないし、役に立ちたいのだと…。

 

すると皇帝はレアナをぎゅっと抱きしめ、これからは傷つけないよう気をつける、二度とこんなことがないようにすると言います。

ありがとうございますと言って、レアナも皇帝を抱きしめるのでした。

レアナをデートに誘おう!

わだかまりも解けた皇帝とレアナ。

そこでレアナがここへ来た本題を切り出します。

 

昨日はみんなで何を話していたのか訊ねました。

執務室で相談しているくらいだから国政に関することだと思ったと言います。

 

それなら簡単に内容を教えて欲しいと言うレアナ。

ミアが皇帝に聞けば教えてくれると言っていたとさらっと問い詰めます。

 

話せない理由があるのかと訊かれ、ギクッとする皇帝。

そういうわけではないと見るからに焦った様子ですが、祝祭の2日目に一緒に見に行かないかと誘いました。

 

その時にレアナの質問に答えるといって、食事に誘おうとしているようですが…。

 

執務室のドアに張り付いて、ミアとポールが聞き耳を立てていました。

上手く誘えない皇帝に痺れを切らしたミアが無断でドアを開けてしまいます。

 

勝手に入るな!と怒鳴るポール。

皇帝の味方をするなんて妃殿下の護衛騎士として失格だとミアが言うと、レアナの味方は余がするから必要ないと皇帝まで口を挟みます。

 

執務室でまたもギャンギャン口喧嘩が始まってしまいました。

そこへ息を切らして駆けつけたテリアが。

 

やっぱり…とげんなりした顔をするのでした。

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?64話の感想&次回65話の考察予想

ようやく本音で話し合うことができた皇帝とレアナ。

皇帝は人が変わったように素直になりましたね。

レアナも成長しているから、これからはお互いもっと会話をして思ったこと、感じたことを素直に言い合える関係になれれば素敵です。

 

まぁでも、皇帝は溺愛モードに入ってますから、またまた気遣うあまり言葉が少なくなってしまいそうな予感もするのですが…。

 

ルマンとテリアは相変わらず牽制しあってますね。

テリアは確固たる証拠がない限り、ルマンが怪しいなんて皇帝に言えないからもやもやしています。

 

マンに関しては、何か闇があることは確かですが、最終的に皇帝の、そしてレアナの敵なのかはいまひとつ確信が持てません。

次回からは、襲撃事件に的を絞った展開になるのでしょうか!?

まとめ

今回は漫画『転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?』64話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫『転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?』の他の話数ネタバレはこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら