ピッコマ漫画・悪役令嬢の計画のネタバレ&感想

漫画悪役令嬢の計画は原作Bae Hee Jin先生、作画Lemi先生、文Yusoo先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪役令嬢の計画」12話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

前話ではシャンノンに仕返しをされつつも、ハーロンの助けもあって無事に乗り切ったバイオレット。

シャンノンが自分に嫌がらせをし、自分がそれに賢明に対応するという小説とは逆の展開に戸惑います。

 

そんな中、エアハルトの婚約の申し出について父親から賛成すると言われてしまい…。

≫≫前話「悪役令嬢の計画」11話はこちら

悪役令嬢の計画12話の見どころ・考察予想

11話の最後で、エアハルトの婚約に父親が賛成しているところがわかり、この父親をどうやって説得するかが12話のポイントになると思います。

 

シャンノンに対しては、作戦を立てて挑むバイオレットですが、ほかの登場人物に対しては比較的ストレートにぶつかっていくので、自分の父親にも真正面からぶつかっていくのではないでしょうか?

悪役令嬢の計画12話のネタバレ込みあらすじ

バイオレットの揺るがぬ決意

婚約を断るバイオレットに、無理強いする気はないが理由を聞かせてほしいという父親。

バイオレットは真剣な表情で、エアハルトを愛していないときっぱりと告げます。

 

父親はバイオレットの意見に耳を傾けつつも、エアハルト公爵が日に日にちからをつけている点が気になるようで、政治的な意味も考えて婚約を考慮してくれるよう希望を伝えます。

 

バイオレットの記憶では、小説の中のエアハルトは、男主人公らしく何をしても成功していました。

徐々にその権勢は王族すら逆らえなくなるため、バイオレットも気楽に縁を切るわけにはいきません。

 

婚約についてもう一度考えると父親に伝えると、父親はほっとした表情をしつつも、バイオレットのどんな決断も尊重すると優しく微笑むのでした。

 

こうなった以上、自分が婚約を断るのではなく、エアハルトが婚約を撤回するように仕向けなければ、とバイオレットは新たに決意します。

エアハルトの愛とは

エアハルト公爵邸へ直接赴くバイオレット。

それを予測していたとエアハルトはうれしそうです。

 

バイオレットがここに来た理由がわかるりますか?とエアハルトに問うと、婚約を取り消してほしいんだろう?とエアハルトもすっかり理解しているようでした。

じっくりと話すために、バイオレットをティーテーブルへと導くエアハルト。

 

席に着くとバイオレットはあらためて婚約を撤回するようエアハルトに伝え、逆にエアハルトは撤回しないと真っ向から意見がくい違います。

 

エアハルトはバイオレットが受け入れるまであきらめないとあくまで強気です。

バイオレットも受け入れることは絶対にない!と一歩も引きません。

 

エアハルトは他の男と親し気にするバイオレットを目にしてつらくなって一時的に冷たくしてしまっただけで、今は元の二人に戻りたいと思っていると言ってきました。

 

バイオレットはエアハルトにはシャンノンがいるのだから、と再び突き放します。

エアハルトはシャンノンに異性としてひかれたことは認めつつも恋愛感情はないとっきっぱり言いました。

そして自分と婚約したくないのは、バイオレットがハーロンが好きなのが原因じゃないかと逆に質問してくるのです。

 

一瞬言葉に詰まるバイオレット。

そんなつもりはなかったが、言葉に詰まるということはハーロンのことが好きなのでは…。

 

慌てて話題を変え、婚約撤回をお願いしに来たのではなく、結婚するつもりがないことをきっちり伝えに来ただけだと怒りながら口にして、バイオレットは席を立ちます。

そんなバイオレットに、先に裏切ったのはバイオレットだと恨み言を言いつつ、今でも愛しているとエアハルトは切なげに叫ぶのでした。

ハーロンの求婚

小説とは全く違う方向に人物たちが動き出したことに戸惑うバイオレットは、部屋に帰り、いったん小説のストーリーを整理して思い出すことにしました。

 

部屋で服を脱ぎだすと、がさっと何かが動く音がして!

振りかえるとハーロンがベッドから起き上がってきたので、思わず叫んでしまいました。

 

下着姿を見たことでハーロンにカンカンのバイオレット。

なんでこんな時間に部屋に来たかと問うと、ハーロンは何と「結婚してほしい」と唐突に言い出すのでした。

悪役令嬢の計画12話の感想&次回13話の考察予想

バイオレットの父親がエアハルトとの婚約を進めているなか、バイオレットがエアハルトと結婚する気がないというシーンは一瞬緊張が足りましたが、案外父親が理解のある態度だったので安心しました。

初回でちらっと出てきただけの父親がいかにも悪役令嬢の父親といった感じでしたが、父親の性格も他のキャラ同様小説からは変化してるのかもしれませんね。

 

エアハルトの変化は父親以上に激しく、ついていくだけで必死ですが、どうやらバイオレットが浮気をしたわけではなく、少し他の男性としたしげにしたことに、エアハルトがやきもちを焼いて大事になっていただけで、こちらも一安心です。

 

最後にいきなりハーロンの求婚が出てきましたが、これまでのハーロンのバイオレットに対する態度から考えると充分考えられる展開です。問題は次回バイオレットがこの求婚にどんな答えを出すか?

次話はそのあたりに注目しながら読み進めていきたいと思います。

まとめ

今回は漫画『悪役令嬢の計画』12話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「悪役令嬢の計画」13話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら