ネタバレ全話|悪女は2度生きる【ピッコマ漫画】1話から最新話・最終回まで臨時まとめ!

漫画「悪女は2度生きる」原作Mint先生、漫画PEACHBERRY先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪女は2度生きる」26話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

兄・ローレンスに、皇太子になるためには母・ミライラから離れるように言うアルティゼア。

皇太子になるための権利をあたら得れるのは皇后陛下ただひとりなのです。

 

そこに、ローレンスに見せないように執事があるものを持ってきました。

アルティゼアが待ち望んでいた皇后からの招待状でした。

≫≫前話「悪女は2度生きる」25話はこちら

悪女は2度生きる26話の見どころ・考察予想

ローレンスはミライラの元を訪ね、皇后になる力も自分を皇太子にする力もないならおとなしくしていろと言います。

娘であるアルティゼアに出ていかれて、ローレンスからも突き放されたミライラです。

 

それにしても、ローレンスが言う2度の邪魔とはなんでしょうか。

 

そして、アルティゼアはセドリックの屋敷で幸せそうです。

周りがどんな人物なのか見極めるために、わざと財産を多めに渡しました。

 

計画を進めていくためにじゃまにならない人物かを見ているのでしょうね。

メイドがどんな動きをしていくのか気になります。

悪女は2度生きる26話のネタバレ込みあらすじ

2回目の邪魔

雨の中ローレンスを乗せた馬車が走っています。

ローレンスは皇帝の話を思い出していました。

 

実の息子であっても必ず後継者にするとは限らない、そう、肝に銘じろと。

そして、セドリックと親しくなれば後のことは自分がなんとかすると言う皇帝でした。

 

ローレンスはローサン侯爵家の屋敷に到着しました。

ミライラは飛んできて、アルティゼアが戻ってくるか気にします。

 

婚約者と客の前で晒し者にされたのに戻ってくるはずがないとローレンス。

アルティゼアの家はここだと納得がいかないミライラです。

 

セドリックが許さないだろうという事実に、怒りを見せるミライラ。

アルティゼアは自分の娘であり、結婚を許した覚えもないのに勝手にセドリックが決められることではないと強く言いました。

 

そんなミライラを、冷めた目でみたローレンス。

ローレンスの未来を潰したいのか聞きます。

 

皇帝の言葉通り、アルティゼアとセドリックは結ばれて正解だと言います。

焦るミライラは、いくらそうであっても悪気があったわけじゃないと弁明しました。

 

しかし、ローレンスはこれで2回目だと言うばかりです。

2回目とは何かと問うミライラに、自分のことを邪魔したことだというのでした。

 

アルティゼアを産んだこと、そして今回のこともローレンスを殺したいのか問います。

訳の分からない事をいうなとミライラ。

 

ローレンスは、玉座を狙うものは王になるか殺されるかどちらかしかないと言います。

ミライラに、皇后の座を奪うこともローレンスを皇太子にする力もないのだから余計なことはするなと命令しました。

 

皇后について何か知っている様子のミライラですが、言いかけてやめました

ローレンスはその場を去ろうとします。

 

もう二度とがっかりさせないからとすがりつくミライラを振り払い、ローレンスは歩き出しました。

エブロン邸での味方をみつけるため

次の日、エブロン邸の執事たちが慌ただしく動いています。

花をどこに飾るか、食器をどこに置くかなど幸せな忙しさです。

 

そんな様子を見るアルティゼア。

セドリックは、資金を気にせず好きなようにしてくれと言います。

 

欲しいものは全部揃えるといいとも。

結婚したらここはアルティゼアの家でもあるのだからと伝えました。

 

照れるアルティゼアを見て、セドリックは自分でも照れてしまいます。

 

セドリックが出ていった後、ロアメイド長を呼び寄せます。

カーテンと寝具を揃えるためにこれを使って欲しいとたくさんの金貨を差し出すアルティゼア。

 

ロアはこの半分でも十分すぎると言うのでした。

それでもアルティゼアは、わざと多めに入れてあると伝えます。

 

やることを全て執事を通していたら時間がかかるし、必要であれば人を雇う為に多めに入れてあると。

残ったら皆で分けてもいいとも言います。

 

ロアは、以前にもらった分も使い切れていないと伝えました。

それならば、もっと人を雇うかメイドたちの休憩中に使えるティーセットを買うのはどうかと提案します。

 

アルティゼアは、まだまだ自分は未熟でここも不慣れだから何かと頼るだろうとお願いしました。

ロアはこちらこそといい、退出して行ったのです。

 

アルティゼアの側近メイドであるアリスは、またお試しかと問います。

なぜそう思うかとアルティゼア。

 

過大な権限を与えてロアがどう出るか見定めるのだろうと言いました。

横領学が1割未満なら許すだろうとも。

 

アルティゼアは、何も盗っていないからどんな価値を持って動く人間なのか気になるのだと言います。

ただの真面目な人かもと言うアリスに、それなら全て任せられるからいいと言うのでした。

 

間違った形で力を使うならば、すぐに切り捨てられるとも。

 

せっかく手に入れた財産なのにというアリスに、お金は道具に過ぎなくはした金だと伝えるアルティゼアでした。

 

そこに、ノックして部屋に入ってきた人物がいました。

ごきげんようと笑顔で挨拶するアルティゼアです。

悪女は2度生きる26話の感想&次回27話の考察予想

娘だけでなく、息子までにも見捨てられるミライラ。

それでも皇后について何か知っている様子から、好き勝手が出来るのでしょうか。

 

ミライラが知っている事が気になります。

 

そして、新しいメイドを試すアルティゼアです。

計画を遂行するためには必要な事ですが令嬢だから出来る試し方で、かっこ良いと思いました。

 

アルティゼアが待っていた相手とは、次回が楽しみです。

まとめ

今回は漫画『悪女は2度生きる』26話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「悪女は2度生きる」27話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら