できるメイド様 ネタバレ38話【ピッコマ漫画】マリの能力を貸して欲しいレイチェル、専属メイドを要望するも…

漫画できるメイド様 は原作sanho先生、漫画yuin先生の作品で『ピッコマ』で配信されています。

今回は「できるメイド様」38話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

皇太子妃候補の2令嬢が宮殿にやってきました。すると皇太子のお気に入りのメイドという理由でアリエルに呼び出され、屈辱的なことを言われてしまいます。更に後日、レイチェルからも呼び出されたマリ…。

≫≫「できるメイド様 」その話数ネタバレはこちら

できるメイド様38話の見どころ・考察予想

アリエルはかなり性格の悪い令嬢だということがわかりました。

マリは皇太子は絶対あんな人を選ばないと思います。

 

レイチェルはどんな人だろうと考えていると、向こうから呼ばれました。

やっぱりマリを牽制するのでしょうか!?

マリの能力を貸して欲しいレイチェル

ところが、レイチェルはマリに友好的に接します。

レイチェルは皇太子がマリを傍に置くのは、高い能力を買っているのだと理性的に判断しているのです。

 

アリエルとは大違いですね。

レイチェルは皇太子妃になるために、マリの能力を貸して欲しいと打診しました。

 

マリは提示された条件も十分なので、協力することにします。

さっそくレイチェルはマリを専属メイドにして欲しいと申し出ますが、皇太子は速攻で却下。

 

特に何事もなく時は過ぎますが、ある日マリは夢を見て…。

できるメイド様38話のネタバレ込みあらすじ

レイチェルはアリエルとは違って温かくマリを迎えます。

あまりに丁寧に扱われるので、マリは不思議に思うほどでした。

 

レイチェルはマリにお願いがあると切り出します。

私とイーストバーン家を助けて欲しいと切り出しました。

レイチェルの事情

レイチェルは家門の事情をマリに話します。

 

イーストバーン家は内戦の時に皇太子側に負けた家門でした。

その後衰退の一途を辿り、現在は維持するのもギリギリの状態です。

 

家門を立て直すには、自分が皇太子妃になるしか道がないのだとレイチェルは語気を強めました。

 

しかし、客観的に見てアリエルが選ばれる確率が高いとレイチェルは分析しています。

シュレーアン家は勢力もあるし、長い間皇太子を指示してきた家門なのです。

 

皇太子妃に選ばれるよう、マリに協力して欲しいのだとレイチェルは頼むのでした。

 

マリはしばらく考えて、協力することを了承します。

2人が仲良くなれるよう手伝うと言うマリに、レイチェルはそんなことをしてほしいのではないと訂正しました。

 

レイチェルはマリの能力が必要なのだと言います。

 

レイチェルはマリが高い能力を持っていることを見抜いていました。

皇太子がそばに置いているのもそのためだと思っています。

 

レイチェルは、これから行われる皇太子妃選択のための試験に、マリの力を貸してほしいと言いました。

誰よりもできる女として輝く存在になるのが目標だと宣言します。

 

能力を貸してくれたら、マリの望むものを何でも叶えるとまで言うのでした。

マリはレイチェル推し

その夜、マリはレイチェルとの話を思い返していました。

 

レイチェルも家門のために皇太子妃になりたいと思っていることはわかったけれど、元々政略結婚だから仕方ないと思うマリ。

 

性格も悪くなさそうだから皇太子妃になっても問題ないだろうと思うし、提示された条件も申し分ありません。

 

利害が一致しているのです。

マリは全力でレイチェルを後押しすると決めました。

 

それに、前に出なければ人々の感心もレイチェルに向くだろうから、正体がバレる心配も減るのです。

レイチェルが皇太子妃になったら、この帝国から逃げ出すこともできるとマリは希望を見出すのでした。

俺だけの専属メイドだ

レイチェルはマリを専属メイドにと要望を出しますが、皇太子に却下されます。

お茶汲みをするのは構わないけれど、他の誰かの専属メイドになることは許可できないと言うのでした。

 

その日からマリは、昼はレイチェルの世話、夜は皇太子の不眠治療というスケージュールになります。

皇太子と2人の令嬢は、公式的な場以外でに接触を持つことなく時間だけが経っていきました。

 

しかししばらくしてマリは奇妙な夢を見るのです…。

あれは予知夢だと確信を持つマリですが、今のところ何も起こっていません。

 

夜には2人を歓迎するパーティーが開かれることになっています。

まさかそこで!?と不安になるマリ…。

 

その日レイチェルと食事の約束をしていた皇太子が、急用ができて来れなくなりました。

時間が空いたのでレイチェルはマリを散歩に誘います。

 

庭園を見て回ると、レイチェルは珍しく無邪気な笑顔を見せました。

そこへ偶然通りかかったアリエルが声をかけてきて…。

できるメイド様38話の感想&次回39話の考察予想

アリエルは論外だけど、結局は自分に有利に人を使おうとしているレイチェルもどうかな、と感じました。

家門の再興がかかっているから貴族令嬢としては立派なのかもしれませんけど。

 

マリは皇宮から、帝国から出ていくことが目的だから、レイチェルの申し出は魅力ではあるでしょう。

でも、そう簡単に皇太子を騙せるとは思えないのですが…。

 

マリがレイチェルについたということは、アリエルは完全に悪役でこてんぱんにやられてしまうポジションです。

まずは第一ラウンド、という感じでしょうか。

まとめ

今回は漫画『できるメイド様』38話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫「できるメイド様 」その話数ネタバレはこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら