悪女が恋に落ちた時のネタバレ&感想

漫画「悪女が恋に落ちた時」は原作redgu/HJ先生、漫画DCBO、Seo Gwijo先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪女が恋に落ちた時」27話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

ルペルシャが失神してしまい、皇宮に戻ったルペルシャ達。

彼女はロックスから薬を貰い、ユジンは彼女が就寝中に忠誠を誓うのでした。

≫≫前話「悪女が恋に落ちた時」26話はこちら

悪女が恋に落ちた時27話の見どころ・考察予想

ルペルシャが街へ繰り出したのは、イビエン令嬢に会うためだったのですが、途中失神してしまったので今回は仕切り直しで会くとは思います。

ユジンが忠誠を誓った事は、彼女は知らないはずなので、所々ユジンの心配が過剰になってきそうですね。

 

今回はヘイレスの監視はあるのでしょうか?

前回連れて行きそびれたリニを連れて行くのかも気になりますね。

悪女が恋に落ちた時27話のネタバレ込みあらすじ

お姉さまの8歳の記憶

ルペルシャは寝ている間夢を見ていました。

それは、お姉さまが8歳の時の夢

 

夢の中のお姉さまは、座ったままプレゼントを静かに数えていた。

6歳の祝いに貰った羽ペン、7歳の祝いにもらった分厚い本。

 

そして、今回8歳の誕生日に貰ったプレゼントを眺めています。

まだ開けずに眺めているのを不思議に思う彼女。

 

そこへエマは不安そうに聞いてきます。

開けない理由は、開ける前のほうがワクワクするとのこと。

 

開ける前の幸せな気持ちが消えるのが怖いと知り、今すぐ抱きしめたいと思う彼女。

なんでこんな愛らしいお姉さまをみんなはないがしろにするんだ!と、バックハグをしますが、掴めません。

 

枕を掴みながら目が覚めた彼女。

もっと見たかった・・と思いながら口から流れる血を拭きます。

 

昨日早く寝たからか、身体が軽いと思うルペルシャ。

昨日の夜は、ロックスから安定剤をもらったのです。

 

気付け薬は断られ、代わりに処方されたのです。

心配するロックスには悪いけど、また市場にいかないと思う彼女。

 

そしてあの酒屋にもと・・

しかし、またユジンが泣くかもと思ってしまいます。

 

とりあえずヘイレスに会うのは保留にし、出掛ける次いでにサロンを売却したお金を取りに行こうと思い行動にでました。

 

エマが言うには、人気サロンだからすぐ売れたとのこと。

そのお金でイビエン令嬢を探すことに。

 

イビエン令嬢はラビロフを愛していたのに、ヒロインの友達でい続けた不思議な存在。

ルペルシャお姉さまの事はひどく嫌ってたと思い出します。

 

でも、原作のような事件はおきないから大丈夫と安楽します。

リニを連れての市場

市場にでたルペルシャ達。

今回はリニも一緒です。

 

嬉しくてはしゃぎまくるリニ。

色々な物が不思議にみえるようです。

 

実はリニはかなり名のある一族の出身だった。

しかし、リニが子供の頃に事故で両親を亡くし、リニは皇宮入りすることになったのです。

 

子供の頃から仕事に追われていたので、外の世界を知らないリニには、初めて外出した私と同じくらい全てが新鮮だと思うルペルシャ。

 

リニがこっち見てと言った先には凄い人だかりができていました。

何かの実演をやっており、ピエロの格好をした男性が、魔法の粉を振りかけるとカラフルなふわふわした物ができあがりました。

 

作る時の動きは軽やかで大袈裟なのですが、これって綿あめじゃないの?と心の中で突っ込む彼女。

だけど、怪しげではあるが、七色に光っていて美味しそう・・・とルペルシャもリニも釘付けになってしまいます。

 

一緒に食べに行こうと向かう2人をみて、ユジンはにっこり微笑むのでした。

 

結局はしゃぎすぎてぐったりしてしまったルペルシャは、ユジンにお姫様抱っこをされていました。

ユジンは「ロックスに体力を補う薬も頼んでおきます」と伝えます。

 

この一連のユジンの行動を考え、ユジンの過保護が心なしかエスカレートしていると彼女は感じました。

薬の他にもエマが頼んだ料理も高カロリー物。

 

ここまでする必要ないのに・・と思う彼女は、1人では食べきれないのでリニと一緒に食べました。

もぐもぐ食べるリニは二日で太った気がすると言うが、リニは太っても可愛いから大丈夫という彼女。

 

そんな日々を過ごしていたら、お姉さまの9歳の記憶がよみがえりました。

一年経って少し大人びましたが、時折氷の人形のような姿が見えて胸がざわつく彼女。

 

だけど、相変わらず勉強と折り紙が大好きだった。

おそらく自由に歩き回れないので、この趣味になったと予測。

 

お姉さまの事を知れば知るほど胸が苦しいと思います。

 

そして、折り紙に自分も挑戦してみると、うまくできなく悔しい状態が・・・

そこへエマが声をかけてきます。

 

頼んでいた日記の詳細

以前頼んだ日記のことだそうです。

日記の一部分を押すと皇女様を主人と認識するのだそう。

 

その本には様々な機能があるようだが、その機能は主人だけがわかると。

セキュリティ面は万全だというエマに、よく分からないけど凄そうと感心する彼女。

 

そして、軽く硬いので護身用として使えるとも。

危険な機能はないので安心してお使いくださいと言うエマでした。

 

本を不思議に眺める彼女のエマは「私にとって皇女様は大切な方です」と打ちあけます。

照れる彼女は、エマの手を掴み「私にとっても大切な人よ!エマはもはや家族同然!」と言いました。

 

驚くエマに「あ・・嫌だったらごめんね」と言う彼女ですが、エマは光栄だとにっこり微笑ます。

そして「私はいつも皇女様の側にいますのでお忘れなく」と伝えるのでした。

悪女が恋に落ちた時27話の感想&次回28話の考察予想

今回はリニの可愛い一面が見れる回でしたね。

ルペルシャが可愛がりたいのがわかる一面でした。

 

そして、案の定の過保護状態(笑)。

元々過保護気味だったから、さらに加速してるとなると、ルペルシャが窮屈になるのでは?と思ってしまいました。

 

今回もイビエン令嬢とは会わずじまいでしたね。

今の所ヘイレスに会うのは保留というのは正解な気がします。

 

そして、エマの本心がいまいち掴み切れないところがありますね。

前回の出発の時に、少し不穏な感じがあったので、それが取り越し苦労だといいのですが。

 

次回の展開を見守りたいと思います。

まとめ

今回は漫画『悪女が恋に落ちた時』27話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「悪女が恋に落ちた時」28話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら