韓国→日本語略訳|公爵夫人の50のお茶レシピ先読みネタバレ!

漫画公爵夫人の50のお茶レシピ79話の原作/韓国版の小説を先読みして読んだので、あらすじ&ネタバレをご紹介します。

 

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

≫≫日本語版のネタバレはこちら

公爵夫人の50のお茶レシピ79話【原作】韓国版のあらすじ込みネタバレ

さつまいもを流行らすために、クロエは何かを思いついた様子です。

アルフォンスに何をお願いするのでしょうか?

さつまいもの花のプレゼント

クロエは、アルフォンスにきれいな花を渡して、胸に飾ります

 

花のプレゼントに喜ぶアルフォンスですが、実はこの花はさつまいもの花

クロエは、アルフォンスの端麗な容姿に、さつもいもの花が映えるので、皇宮行った際さつまいもの花をアピールしてほしということでした。

 

クロエ、発想は素晴らしいですが、直接的過ぎてアルフォンスは少し戸惑います。

しかし、プレゼントして直接飾ってくれた花に、嬉しさを隠せません。

アルフォンスとアーサー、相容れない二人

皇宮に入ったアルフォンスに声かけたのは、アーサーでした。

クロエは元気かと尋ねると、すぐに胸の花に気が付きます。

花に触れようとするアーサーを、アルフォンスは制止します。

 

触ってはいけないのかと、戸惑い気味のアーサー。

 

ひと時はクロエが愛した男に、アルフォンスはどうしもて快く接せないようです。

 

アルフォンス、あまり過去にとらわれないで!

 

花はクロエがくれたものだと話すアルフォンスの姿に、アーサーは花を手に入れたくなります。

しかし、皇帝たるものが、花ごときを欲しがるとは、自分に違和感を感じるのでした。

 

クロエの愛が大きくて、歴史に残るようないい夫婦だと茶化すアーサーに、アルフォンスは礼を言いながら、クロエをバカにするように態度をやめるように迫ります

手を払い、立ち去るアーサー。

 

アーサーは、アルフォンスの振る舞いを見ながら、クロエがバーデンベルグ家に嫁いだことを憂うのでした。

 

アーサーとアルフォンスは相容れなさそうですね。

アーサーの初めての気持ち

数日後、アーサーはサツマイモの花のことが気になって仕方がない様子です。

手に入れたいものは何でも手に入れてきた自分が、名前も知らない一つの花に対して、こんなにも気になるなんて、初めてのようで、顔色が優れません。

 

そこで、目に入ったのは、アルフォンスと同じ花を飾った二人。

アーサーは、それは何かと尋ねると、さつまいもの花ということを知り、さつまいもが流行るなんて思ってもみなかったと考えます。

 

そして、皇帝である自分がサツマイモの花を飾る必要はないと自分に言い聞かせるのでした。

 

そこに、クロエが現れます。

クロエは皇帝にプレゼントがあると、胸にさつまいもの花を2輪飾ります。

 

アーサーは、デレデレです。

 

そして、クロエはアーサーに何かを伝えようと、口を開きます。

 

そこで、アーサーは夢から覚めました

 

寝ても覚めても、あの花のことばかり考えているアーサーなのでした。

公爵夫人の50のお茶レシピ79話の読んだ感想

アーサーのクロエに対する感情が、どんどん大きくなっていますね。

難関が多いほど恋は燃えると思うと、これからの展開がどうなるか気になります…。

まとめ

今回は漫画『公爵夫人の50のお茶レシピ』79話の原作/韓国版の小説を先読みお届けしました。

当サイトではピッコマ漫画の通常/日本語版のネタバレもご紹介していますので、そちらもぜひ読んでみてください。

≫≫次回「公爵夫人の50のお茶レシピ」80話はこちら