悪女の定義ネタバレ&感想

漫画悪女の定義は原作HÆON先生Yuns先生、漫画Min(REDICE STUDIO)先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪女の定義」111話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

皇太子はアイリーンが証拠の映像を公表できないと確信し、もう言いなりにならないと告げます。今までの言動や皇后の犯した罪など全てををシャティに話しました。そしてシャティに愛の告白を…。

≫≫「悪女の定義」その他話数ネタバレはこちら

悪女の定義111話の見どころ・考察予想

シャティは皇太子に告白されて、嬉しいのはもちろんですが懸念することもありました。

転生者のシャティは、すべてを話すわけにはいかないですし。

 

すぐに答えを言うことができないシャティに、皇太子は急かすわけでもなくシャティの気持ちを優先してくれます。

でも、返事が聞けないことにがっかりしたり、可愛い一面もシャティに見せる皇太子。

 

2人に中は確実に縮まっていきますが、そんな時シャティにまたも厄介なことが降りかかりそうな予感が…!

悪女の定義111話のネタバレ込みあらすじ

その日も皇太子は晩餐の前だと言うのにお茶でも飲もうと早めにシャティの元を訪れていました。

エスコートをするときに、皇太子の手はシャティの手をに…。

 

まだお付き合いをしているわけではないとシャティが諌めます。

というのも…。

私を誘惑してみてください

皇太子に気持ちを打ち明けられたシャティは、急に2人の関係を変えてしまうことに躊躇いました。

 

だから少し怖いのだと口にしますが、シャティの本当の懸念を伝えるためには、前世のことを話す必要があります。

 

シャティが困惑しているのを感じた皇太子は、敢えてその先を訊きませんでした。

少し考える時間がほしいというシャティに、もちろんだと快諾する皇太子。

 

今日答えを聞けないのなら緊張を解いても良さそうだと大きなため息をつくので、シャティはそんな皇太子を可愛いと思ってしまいました。

同時に、少しがっかりしている様子を可哀相とも…。

 

シャティは確信が欲しいのです。

自分も好意を感じているからこそ。

 

だから、答えを出すまでに私を誘惑してみて下さいと提案したのです。

皇太子は面白そうに笑って、覚悟するといい…とシャティの手にキスをしました。

 

その日以来、皇太子は何かに付けてシャティに顔を見せるようになります。

ただ頻繁に会って距離を縮めているだけなのに、イケメンがすれば効果があるとシャティもドキッとしてしまうのでした。

シャティが鉄船の発議者?

その日も2人でお茶をしている時に、皇太子が鉄船を作ってみようという話が出ていると切り出します。

 

新年の宴の時に模型を浮かべることに成功したのを見て興味を持つものが増えたのだと。

シャティにもこの計画に参加するよう皇太子は促しますが、シャティは困惑します。

 

そんなシャティに以外だと言う皇太子。

人々がより良く暮らせるために変化をもたらすことを好むはずだとお見通しです。

 

競合のことでいっぱいなのだと言葉を濁すシャティに、嘘だなときっぱり言って、本当のことを当ててみせようと皇太子は言いました。

 

鉄船作業を任せることになるピオゲル伯爵家は、シャティの侍女長の家門です。

余計な噂や陰口に振り回されるのが嫌なんだろうと図星をついてきました。

 

具体的な話がなかったときでさえ、アイリーンはその話を引き合いに出してシャティを責め立てたこともあります。

 

しかし皇太子は、ピオゲル家が適任である正当な理由があるし、もしそのことでシャティに無礼を働く者がいたら自分が許さないと言いました。

 

そこまで分かってくれている皇太子に、シャティも本音を話します。

鉄船ができることによって、帝国民の暮らしがどんな変化をもたらすのか気になると言いました。

 

そこで、皇太子が通信具をシャティに渡します。

重要な事業を推進するためには必要不可欠だと言いますが、シャティが承諾する前から準備してきたのは明らか。

 

まさかこれを渡すことが一番の目的?と思うシャティ。

 

さらに、業務時間以外にささいな雑談を交わす用途としても使えるとしれっと皇太子が言うので、そっちが主な用途じゃないですよね…?と口にするのでした。

 

そのとき、2人の元へアイリーンが倒れて意識が戻らないと知らせが入ったのです。

悪女の定義111話の感想&次回〇話の考察予想

いやーな予感です。

皇太子にもう恋人のフリはできないと言われて、後の無くなったアイリーン。

 

絶対なにか企んでいますね。

シャティを陥れようとしているのは明白です。

 

せっかくいい雰囲気になってきたのに…。

 

皇太子はシャティの能力を高く評価しているから、鉄船の造船事業に誘ったのですが、それ以外にも目的があるのは一目瞭然ですね。

大手を振ってシャティと連絡を取り合えるから!

 

あの通信具は一度シャティが返したものですね。

皇太子はすごくショックを受けていたから、いつもう一度渡そうか機会を伺っていたのでしょう。

可愛いです!

まとめ

今回は漫画『悪女の定義』111話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫「悪女の定義」その他話数ネタバレはこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら