悪女の定義ネタバレ&感想

漫画悪女の定義は原作HÆON先生Yuns先生、漫画Min(REDICE STUDIO)先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪女の定義」112話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

告白を受けたシャティと皇太子の距離は縮まっていきます。ある日皇太子が鉄船の造船事業にシャティも発議者として参加するよう提案してました。懸念はあるものの、皇太子を信じてその気なるシャティ。そんな時、アイリーンが倒れたと知らせが!

≫≫「悪女の定義」その他話数ネタバレはこちら

悪女の定義112話の見どころ・考察予想

アイリーンは毒を盛られて倒れたのでした。

見舞いに行ったシャティは、意識の戻っていないはずのアイリーンが自分を見た気がします。

そこに激しい憎悪を感じ…。

 

その後、アイリーンに毒を盛ったのはシャティではないかという噂が出回ります。

シャティの嫌な予感はあたったようですね。

アイリーンは自作自演だったのでしょうか!?

悪女の定義112話のネタバレ込みあらすじ

アイリーンが倒れたと知らせを受け、シャティは皇太子と一緒にお見舞いに出掛けます。

シャティの姿を見て、アイリーンの侍女たちはあからさまに嫌な顔をしました。

 

皇太子がいなければ拒まれていただろうとシャティは思います。

心外だと思うシャティ…。

アイリーンに毒が!?

主治医に許可は出たけれど、アイリーンの意識はまだ戻っていないから話すことはできないと言われました。

中へ入るとアイリーンはベッドに横たわっています。

 

主治医にアイリーンの倒れた原因は毒だと言われました。

口にしたものから体内に入ったと思われ、現在関係者の調査中だと説明する主治医。

 

アイリーンの状態は、症状は緩和したものの解毒はまだできていないと困った様子です。

弱音を吐く主治医に、シャティは叱責し、治療に専念するように言い渡しました。

 

シャティは苦しそうなアイリーンを見て、改めてこの世界のこの場所にいることに恐怖を覚えます。

 

毒を盛られたアイリーンのことだけではなく、皇太子から告げられた皇后の策略など、皇宮は殺人が怒り得る場所なのだと実感しました。

 

自分の認識が甘かったことも。

アイリーンでさえ、シャティの考えているよりずっと卑劣な人間だったのです。

 

シャティがアイリーンの顔を覗いているとかすかに動いたように見えました。

しかし主治医は反射的に動いているだけだと言います。

 

もう一度シャティがアイリーンを見ると、アイリーンはシャティの方に顔を向けていました。

虚ろな目は焦点が合っていないものの、瞳孔の中にはシャティに対する激しい憎悪を感じるシャティ。

 

鳥肌が立つほどの違和感を覚えるものの、苦しんでいる相手にそんなことを感じてしまうことに後ろめたさも覚えるのでした。

シャティの新たな危機

その後、シャティの感じた不吉な予感は現実のものとなります。

シャティがアイリーンに毒を盛ったという噂が出回り始めたのでした。

 

狩猟祭の競合に負けた腹いせだと、安易な理由で噂が広まっていると言う侍女たち。

しかし、噂が広まるのが早いことに疑問も湧いてきます。

 

誰かが意図的に流しているのではないかと…。

 

そのとき、皇太子がシャティを訪ねてきました。

顔を見るなり大丈夫かと訊いてきます。

噂を聞いて飛んできたのでした。

 

実は皇太子も噂を広めたのはアイリーンではないかと疑っていたのです。

あくまで推測に過ぎないけれど、アイリーンは執拗だからと言いました。

 

そこでシャティも、見舞いに行った時にアイリーンがわずかに笑っているように見えたと話します。

その時から、アイリーンの自作自演を疑っていたとシャティは白状しました。

 

なぜそこまでするのか理解できないと言うシャティに、理解しがたいこともこの世に存在すると説く皇太子。

噂を早く鎮められるよう努力するとシャティを安心させます。

 

するとシャティは、自分がアイリーンの看病をすると言い出しました。

 

噂には噂で帰すべきだと言うシャティ。

看病をする姿を実際に見せるのが効果的だと説明しました。

 

皇太子は、シャティが言い出したら止めても聞かないだろうと了承し、十分気をつけるように念を推します。

ご心配なく、と笑顔を見せるシャティ。

 

シャティは、また新たな危機が訪れたけれど、今は皇太子という味方がいるから乗り越えられそうな気がしているのでした。

悪女の定義112話の感想&次回113話の考察予想

やっぱりシャティを陥れるためにアイリーンが自分で毒を飲んだと思います。

それまでは割りと能天気に考えていたシャティ。

元いた世界に比べて、毒殺とか暗殺といった血なまぐさいことが身近に起こっていると知ったら恐怖を感じて当たり前です。

 

アイリーンは捨て身でシャティに挑んできていますね。

このことは皇后は知っているのでしょうか。

それともアイリーンの独断?

 

皇太子という立場は案外脆いと思うので、絶対にシャティを守れるという確証はないと思ってしまいました。

皇后怖いし…。

まとめ

今回は漫画『悪女の定義』112話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫「悪女の定義」その他話数ネタバレはこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら