公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ

漫画公爵夫人の50のお茶レシピ原作Lee Jiha先生、漫画Ant Studio先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「公爵夫人の50のお茶レシピ」57話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

帝国でお茶を広めたいというクロエの努力が少しずつ実を結び、貴族の間でもお茶が流行し始めます。クロエに仕えるロックウッド夫人の義両親との確執も、クロエの提案するティーカクテルで和解へと向かい、順風満帆に見えていたのですが…。

≫≫『公爵夫人の50のお茶レシピ』の他の話数ネタバレはこちら

公爵夫人の50のお茶レシピ57話の見どころ・考察予想

貴族社会にもお茶を飲むことが流行りだすと、他のお店でも紅茶を扱うようになりました。

そうなると、あくどい商売をする輩も出てきます。

 

今回は、イゾルテが紅茶を飲んで腹痛を起こしたという令嬢が複数人いることを訝しんで、クロエに知らせたことで明るみに出ました。

 

クロエ、早速問題の茶葉を購入したという店に行き、購入してみます。

見た目のお茶とは呼べない代物だし、実際に入れてみたらお湯が濁ってしまいました。

 

これは放っておけない!と、クロエは店に再び乗り込んでいきます。

公爵夫人の50のお茶レシピ57話のネタバレ込みあらすじ

イゾルテは令嬢たちが集まるお茶会の時に、お茶について不審な話を耳にします。

 

紅茶を飲むといつもお腹が痛くなり、今では口を付けるきにもならないと言うのです。

おまけにカビの臭いまですると!

 

おかしいと思ったイゾルテは、その令嬢たちから購入したお店を聞き出します。

 

最近はクロエの経営するトリプルスイート以外にも紅茶を扱う店が増えてきていました。

でも、悪臭と腹痛を訴える人たちが購入したのは同じ店だったのです。

これは紅茶とは言えない!

イゾルテはさっそくクロエに手紙を書きました。

それを知ったクロエは、流通過程で衛生管理を怠ったのだろうと推測します。

 

しかしこのままではお茶に対するイメージが悪くなることを懸念して、件の店に行ってみることに。

 

店に入ると、店主の男はクロエの品定めを始めます。

高価な身なりをしているけれど、侍女1人を伴ってきた夫人を、せいぜい成金のにわか奥方だろうと値踏みしました。

 

クロエは紅茶の葉を見せて欲しいと頼みます。

紅茶缶を持ってきた店主に産地はどこかと訊ねるクロエ。

そんなことまでは知らないと言われクロエは呆れます。

 

蓋を開けて中を見ると、明らかに紅茶とは違っていました。

クロエの知っている茶葉ではないばかりか、木の皮の欠片みたいな代物です。

 

ひとまず100グラム購入して店を後にしました。

 

購入した葉を淹れてみると濁っていて、明らかに不純物が混じっていることがわかります。

こんなものは紅茶とは言えないとクロエは腹が立ってきました。

 

その時。春鈴がクロエが頼んでいた調査報告書を持ってやってきます。

その手には、偽物の茶葉製造の証拠品が…。

クロエ、店に乗り込む

後日、クロエは件の店を再び訪れます。

 

この前買った茶葉をもう一度見せて欲しいと頼みました。

目の前の夫人が大量購入してくれるものと思い込み、店主は愛想よく応えます。

 

クロエはこの茶葉でお茶を淹れて実際に飲んでみたいと言いました。

 

しばらくして店主はポットとカップを持って戻ってきて、これが豪邸陛下もお飲みになるという東洋の神秘紅茶ですと仰々しくお茶を注ぎ始めます。

 

そのあともアレコレとうんちくをたれますが、クロエは黙って訊いていました。

注ぎ終わったカップを見て、とても濁った水色だと指摘します。

 

店主は悪びれもせず、紅茶とは元来こういうものだと言いました。

そこでクロエは、あらそうかしら?不思議ねととぼけます。

 

私の知っている紅茶はこうではないと鋭い視線を向けるのでした。

公爵夫人の50のお茶レシピ57話の感想&次回58話の考察予想

商売人としては、流行に乗るのは当然ですが、偽物を販売するのはダメです。

まして健康被害が出るようなもの!

 

いったいあの店は何をどうやってお茶と偽って販売したのでしょう?

せっかくお茶が飲まれるようになったのに、ここで誤った情報でお茶離れが起きたら、クロエの苦労も水の泡です。

見逃すわけにはいきませんね。

 

何よりも、クロエはお茶を愛していますから、こんな卑劣なことをして儲けようとする商人を許せるはずがありません!

 

でも、実際にクロエにお茶を淹れてもらった人なら違いはわかるでしょうけど、茶葉を見たこともない人は誤解してしまっても仕方ないのかも。

そうなると、やっぱりお茶講座を開いてティーマイスターを教育するしかないのでは?

まとめ

今回は漫画『公爵夫人の50のお茶レシピ』57話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫『公爵夫人の50のお茶レシピ』の他の話数ネタバレはこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら