テムパル〜アイテムの力〜

漫画テムパル〜アイテムの力〜原作Saenal先生、作画Team Argo先生、脚色Monohumbug先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「テムパル〜アイテムの力〜」45話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

前回の44話で、とうとう『ファグマの剣舞』を体得したグリード。

渓谷に住むマーマンも難なく蹴散らすことが出来るようになりました。

 

また、NPCのフィアロからの復讐の依頼については断ったのでした。

≫≫前話「テムパル〜アイテムの力〜」44話はこちら

テムパル〜アイテムの力〜45話の見どころ・考察予想

ファグマの剣舞』を体得したので、クエストを進めるためにカンの工房に戻ってきたグリード。

とうとう『ダーウィンスレイヴ(模造品)』を手に入れます。

 

そこに国の行政官がやってきて、グリードに作ってもらいたいものがあると依頼をするのでした。

依頼はエピック以上の等級の<神聖な盾>を2日以内に納品するというもので、盾の設計図付きのクエストになります。

 

神聖な盾は材料が多いため、全財産を使っても2つまでしか作れません。

期限も短いので徹夜で神聖な盾を完成させるのでした。

 

果たしてエピック以上の神聖な盾を作る事は出来るのか?

そして、神聖な盾を依頼した行政官の意図とは?

テムパル〜アイテムの力〜45話のネタバレ込みあらすじ

『ファグマの剣舞』のクエスト完了

前回の話で『ファグマの剣舞』を体得したグリードはカンの工房に戻り、クエスト報酬の<ダーウィンスレイヴ(模造品)>を受け取ります。

 

スキル<金色の閃光>を生成する事が出来るユニークアイテムです。

ダーウィンスレイヴは最上位のランカーでもこれだけのレベルの武器はもっていないというほどの代物です。

 

カンも『ファグマの剣舞』を見ることが出来ることに感動して涙します。

今回のクエストでレベルは95になり、<鍛冶職人の憤怒>と<折れない正義>が共にレベル2に挙がったのでした。

 

続けざまにファグマの他のクエストに着手しようとするグリードの所に、ブラディ行政官からの遣いが訪ねてくるのでした。

行政官ブラディからの依頼

ウィンストーン城に行って、依頼内容を聞くグリード。

城の中の鍛冶場に通されます。

 

ヤタン教の第8番目のしもべユラによって、ウィンストーンの村が襲われており、ほどなくキンバイ要塞でヤタンの進撃を防ぐ必要がある。

そのために、今回の依頼の品である<神聖な盾>のエピック等級以上の品を納品するというクエストが発生。

 

併せて、<神聖な盾>の製作方法が載った設計図を渡されます。

クエストの期限が2日以内であるため、徹夜で作業する必要があります。

また、<神聖な盾>の材料は魔石にミスリル、黄金と高価なものが多く、グリードの手持ちを全て使っても2つ盾を作る事が精いっぱいである事が分かりつつも、クエストを受注するのでした。

 

神聖な盾>の作成工程の最後に加護を与える必要があるため、レベッカ教の司祭「NPC カーサス」が鍛冶場にお供する形で作業をスタートさせます。

 

不眠不休で作業を進めたため、2日目の納品日には盾2つ分を完成させたグリード。

最後にカーサスの祈祷によって幸運を盾に宿す工程に入ります。

 

少し仮眠をとったグリードが目を覚ますと、1つ目の盾はレアであることが分かり、落胆します。

続いて2つ目の盾がレジェンダリーであったため、無事にクエストをクリアーする事が出来ました。

クエストの報酬は?

作成したレジェンダリーの<神聖な盾>を手にブラディ行政官に向かうグリード。

報酬を後ほど支払うと言われ、納得しません。

 

グリード自身の自腹で材料を買って作ったものなので、戦争の中の財政状況とは言え、代金を得られない以上は盾を渡すことは出来ないと言います。

以前の<無我境地の剣>の時の対応と全く違う事にも腹を立てます。

すると、グリードは憲兵によって牢に入れられそうになるのでした。

 

それを横で見ていたカーサスはスキル<浄化の光>を唱え、ブラディ行政官が何者かに洗脳され操られている状態から解放します。

カーサスは<神聖な盾>を使うには聖騎士が必要であるにもかかわらず、盾の作成に必要な司祭(カーサス)のみが派遣されたことに違和感を感じていたことを告げるのでした。

そしてカーサスの考えは、ヤタン教徒による盾の「奪取」が目的であり、行政官から盾を受け取った役人がヤタンの高位信徒であることが明るみになります。

 

すると、急に壁に穴が空き、「NPC イザベル」が登場します。

イザベルはレベッカの娘と呼ばれ、その手には<リファエルの槍>を持っているのでした。

 

計算外なイザベルの登場に動転したヤタン教徒は盾を持ったまま外に走りだし、逃走します。

イザベルとカーサスはヤタン教徒を追って出て行ってしまったため、ポツンと部屋に残されるグリード。

 

度重なる展開とNPCの登場に混乱気味です。

とりあえず、次は奪われた盾を取り戻すクエストがウィンドウに表示されるだろうと、待つこと30分。

 

クエストが起きない事に気づき、盾の奪取に向かうのでした。

テムパル〜アイテムの力〜45話の感想&次回46話の考察予想

『ダーウィンスレイヴ』×『ファグマの剣舞』を拝むことができると思ったのですが、お預けになりました。

それにしてもダーウィンスレイヴ自身にもスキルがあるため、今後のバトルが楽しみです。

 

また、今まで盾を装備していたことはありませんが、ダーウィンスレイヴが大剣であるため、神聖な盾とダーウィンスレイヴによる騎士スタイルの装備展開も面白そうです。

 

次回の話の展開としては、やはり逃げたヤタン教徒を追うのではないかと思いますが、30分も遅れたとなると追いつくことはできるのか?が心配です。

まとめ

今回は漫画テムパル〜アイテムの力〜』45話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「テムパル〜アイテムの力〜」46話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら