怪物公爵と契約公女ネタバレ

漫画怪物公爵と契約公女は原作MinJakk先生、漫画Liaran先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「怪物公爵と契約公女」68話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

最初の司祭の二次試験で移民の世話をしていたエリーは、落ちぶれて浮浪者と見間違うほどのスペラード侯爵に出会います。エリーはそんな父親に嫌悪感を覚えますが、マディアの入れ知恵によって匿うことにしました。

≫≫『怪物公爵と契約公女』の他の話数ネタバレはこちら

怪物公爵と契約公女68話の見どころ・考察予想

エリーとスペラード侯爵が接触し、エリーは侯爵を匿うことに。

そんなことは知らないレスリーは、エリーが大人しくしていることを不思議に思っていました。

 

レンティウスに新しい護衛が着くと聞いていたレスリーは、コンラッドだといいなと思っていますが、他の神殿に言ったと聞いていたのでそれはないと思っています。

 

ところが、目の前に現れたのはコンラッドでした。

嬉しそうなレスリーがすごく可愛いです。

怪物公爵と契約公女68話のネタバレ込みあらすじ

エリーはスペラード侯爵に、自分が皇后になって爵位を取り戻すと言いました。

侯爵は最後の弁論でエリーが自分を裏切ったことを思い出しますが、どうせこれが最後のチャンスだと差し出された手を取るのでした。

王族が来る!?

その頃レスリーは最終日にアラベーラ選定試験があり、王族が来ることを知らされます。

アラベーラはその王族からブローチを与えられると聞き、エピアルテスを封印したブローチをモチーフにしたものかとレスリーは思いました。

 

レスリーは誰が来るのか気になります。

第一王子のアーレンドじゃないといいと思うレスリー。

 

アーレンドがエリーとの婚約を解消しなかった理由は、正式な配偶者にはなれなくても、気に入っているからだとアシュラから聞いていました。

 

それにしてもエリーが大人しくしていることが腑に落ちないのです。

レスリーはエリーが逆恨みして掴みかかってくるくらいはすると思っていました。

 

ただ、アーレンドははエリーと目も合わせないという噂もあるから、諦めただけかも…とも思います。

結局、誰が来るかは決まっていないと聞かされました。

レスリーの新しい護衛

その夜、レンティウスがレスリーの新しい護衛を迎えに行きました。

 

到着した護衛の一行は偵察を終えてから合流しましたが、なぜ神殿にすぐ向かわずに偵察をしろと言われたのか不思議に思っています。

どうせ通り道だろうと、レンティウスは詳しい説明はしてくれませんでした。

 

その中の一人に向かってレンティウスは俺に感謝しろと声をかけます。

レスリーの護衛を買って出て、その護衛を呼んだのでした。

 

レスリーの護衛をしたかったのが丸わかりの騎士をからかうレンティウス。

レスリーが誰よりも真面目に取り組んでいることを伝え、力になってやれと言いました。

 

あんなことがあったから…とあの火事のことを思い出している騎士、それはコンラッド…。

 

翌朝、レスリーは目の前に現れたコンラッドに夢を見ているのかと思います。

思わず部屋のドアを閉めてしまうレスリー。

 

再びドアを開けたレスリーに、コンラッドが挨拶をしました。

夢じゃないとわかったレスリーは嬉しそうに目を輝かせます。

 

笑顔を交わす2人をレンティウスは微笑ましく見ていました。

新しい告知

その日の朝、候補者たちに新しく伝えられたことがありました。

各候補者は他の候補者の中からアラベーラにふさわしいと思うものを推薦すること、という内容。

 

候補者たちはそれまでサボっていた仕事を取り合うようにアピールします。

レスリーは呆れますが、自分の仕事をやるだけだと関与しないようにしていました。

 

山と積んである洗濯物を前に、井戸で洗うには多いと考え込んでいると、コンラッドが近くに川があるから案内しましょうと声をかけます。

 

聖騎士は候補者を手伝ってはいけないという決まりがあるからレスリーは戸惑いますが、この程度は問題ないと言って洗濯物を持ち上げるコンラッド。

 

随分慣れているとレスリーが思っていると、レンティウスが騎士団は見習いになると神殿で共同生活を送るから、今レスリーたちがしているのと同じような生活をするのだと教えてくれました。

 

騎士はそれに加えて騎士団の訓練もすると聞いてレスリーは驚きます。

 

騎士団は身分などに関係なく能力のある物を受け入れるから、辛い見習い期間を耐え抜いた者が資格を手にすると言い、それは高位司祭になるためのルーエン司祭たちの試練にも劣らないとレンティウス。

 

レスリーは、彼らが経験するような生活を貴族たちにさせているのかと思うと、辞退者も出るはずだと納得します。

試験まであと4日ですが、すでに辞退者が多くて今の時点で最初の司祭の数と同じくらいしか残っていないのです。

 

そこで、レスリーははたと気付きます。

まさか…嫌な考えが頭をよぎるのでした。

怪物公爵と契約公女68話の感想&次回69話の考察予想

絶対新しい護衛はコンラッドだと思っていましたが正解でした。

レンティウスは最初からコンラッドを呼び寄せるつもりだったのですね。

レスリーの嬉しそうな顔が久しぶりに見られました。

 

エリーとスペラード侯爵が接近したのは気になりますが、今の侯爵には何の力もないです。

ただ、エリーの後ろにはマディア大后がいるから油断できません。

 

レスリーは何に気付いたのでしょう?

そろそろ何かが動き出しそうです。

まとめ

今回は漫画『怪物公爵と契約公女』68話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫『怪物公爵と契約公女』の他の話数ネタバレはこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら