怪物公爵と契約公女ネタバレ

漫画怪物公爵と契約公女は原作MinJakk先生、漫画Liaran先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「怪物公爵と契約公女」69話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

コンラッドが新しい護衛について喜ぶレスリー。候補者へ新しい告知がされてざわつく中、レスリーは目の前の仕事をやるだけだと洗濯物にとりかかります。大量なので川を案内すると言ってコンラッドが籠を持ち歩き出しました。

≫≫『怪物公爵と契約公女』の他の話数ネタバレはこちら

怪物公爵と契約公女69話の見どころ・考察予想

今回は神殿での試験で気を張り詰めていいたレスリーが、コンラッドが護衛として現れ、しばしの休息を取るお話です。

何気ない会話からも、レスリーの緊張の糸がほぐれていく様子が感じられてほっこりします。

 

今はまだ、侯爵との契約を見直してもらうことで頭がいっぱいのレスリーですが、コンラッドに対する淡い恋心が感じられ、レスリー自身が気づくのもそう遠くないのでは?と感じさせられます。

怪物公爵と契約公女69話のネタバレ込みあらすじ

レスリーは二次試験が騎士団や高位司祭になるための司祭がするような共同生活だと聞いて、何の苦労もなく生活している貴族の子供たちが耐えられなくて辞退者が出るのも仕方ないと思いました。

 

もうすでにかなりの辞退者が出て、最初の司祭の人数くらいまで減っているのです。

そこでレスリーは不吉な考えが頭をよぎります。

 

今年に限って難易度が高いと言われている試験。

もしかしたらエリーをパスさせるためではないのか…?

すぐにその考えは払拭しますが…。

ルーエンティとコンラッド

しばらく歩いていくと、レンティウスが急に見回りをしてくると言って走っていってしまいました。

 

コンラッドは本当のレンティウスにやってもらおうと思っていたのに、と逃げ足の早いレンティウスに文句を言います。

レスリーはそんなコンラッドを意外だと言って笑いました。

 

レスリーが洗濯を始めると、コンラッドが隣に並んだので手伝うと怒られてしまうとレスリーが心配します。

すると上着を脱いで自分の服を洗うついでなら問題ないと言うのでした。

 

並んで洗濯をするレスリーとコンラッド。

レスリーが、どうやってルーエンティと仲良くなったのか訊ねました。

 

神殿と魔法使いの館は相容れない存在だから、以前から不思議に思っていたのです。

コンラッドが討論会で会ったと言いました。

 

神殿と魔法使いの館が、お互いの知識を高めあって親交を深めようという趣旨で開いたものですがうまく行かなかったのです。

そこで、若者がいれば少しは場も和むだろうと、コンラッドたちは強制参加させられていて、そこで2人は知り合ったと説明しました。

 

何度も集まり駆り出されているうちに仲間意識が生まれてきて、話をしているときにナイロキアの話題が出たと言うコンラッド。

レスリーもピンときました。

 

その時の様子を聞いて、私のときと同じだと思わず笑ってしまいます。

ただ、ナイロキアが好きという共通点だけで親しくなったわけではないこともコンラッドはわかっているのでした。

レスリー、しばしの休息

話をしているうちに、気がつくとコンラッドは大量の洗濯をこなしています。

 

いつの間に、とレスリーが驚くと、セントルーアの見習い期間を経験しているから料理も人並みにできると言うコンラッド。

そこでレスリーは以前ホットケーキを作ったときのことを話して聞かせました。

 

コンラッドに手伝ってもらったので、思いの外作業が早く終了します。

するとコンラッドがマントを木陰に広げました。

 

汚れてしまうとレスリーが心配すると、洗えばいいと言ってレスリーに座るよう促します。

レスリーはちょっと考えますが、ちょこんと腰を下ろしました。

 

温かい日差しに、思わずあくびが出てしまうレスリー。

コンラッドは、こうでもして息抜きをしないと最後までもたないし、このくらいなら誰も咎めないと言います。

 

レンティウスが見張りもしてくれているから、少し休んでいこうと言って、小さな袋をレスリーに渡しました。

中を開けるとビスケットと飴が入っています。

 

ビスケットは割れてしまっていて、コンラッドはこの辺はお菓子が売っていないから別の場所で買ってきたからと残念そうに言いますが、甘いものは好きでしょう?と優しく訊きました。

 

レスリーは嬉しそうに笑ってお礼を言います。

手の中のビスケットと飴が、今まで食べたどんなお菓子より美味しそうに感じるレスリー。

 

口に含み、幸せそうな顔を見せます。

そしてレスリーは卿も好きでしょう?とコンラッドの手に飴を乗せました。

 

その飴を握りしめて、コンラッドはありがとうございます、レスリー嬢と言うのでした。

怪物公爵と契約公女69話の感想&次回70話の考察予想

レスリーのコンラッドへの気持ちは、友情とか親愛だけでなく「恋」に変わりつつありますよね。

 

レスリーは子供らしい笑顔を取り戻したと言っても、サルバトール公女としての今の立場は契約によるものだとまだ思っているから、他のことは考えられません。

 

年頃の娘が自然に感じる恋心にも蓋をしていると思うから、鈍感になっているのでしょう。

コンラッドはレスリーに対して確実に恋愛感情を持っていると思いますけど。

 

そろそろ二次試験も終盤。

エリーは動き出すのか!?それよりも神殿と皇室の動きが気になります。

 

レスリーの危惧しているようにエリーは最初の司祭に選ばれるのでしょうか。

流れ的にはそうなると感じますけど。

まとめ

今回は漫画『怪物公爵と契約公女』69話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫『怪物公爵と契約公女』の他の話数ネタバレはこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら