韓国→日本語略訳|公爵夫人の50のお茶レシピ先読みネタバレ!

漫画「公爵夫人の50のお茶レシピ」81話の原作/韓国版の小説を先読みして読んだので、あらすじ&ネタバレをご紹介します。

 

前回はサツマイモを使ったスイーツをご令嬢方に振舞ったクロエ。

今回はお菓子と食べ合わせの良いお茶がメインのお話です!

 

このお茶とお菓子の相性も食の楽しみの一つ。

マリアージュと言って今回のお茶会でも大切な要素なんです。

 

サツマイモのおいしさを伝えるためにクロエはとっておきのお茶を用意していました。

なんと東洋のお茶も含まれていたのです。

 

野蛮と思われていた青国のお茶とサツマイモ羊羹は令嬢たちに大好評でした。

貴族の間でブームを巻き起こしたおかげで、領地での栽培が盛んになります。

そのおかげで、飢えていた民たちも食料を手にすることができたのでした。

 

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

≫≫日本語版のネタバレはこちら

公爵夫人の50のお茶レシピ81話【原作】韓国版のあらすじ込みネタバレ

美味しそうな3種類のお茶

今回はサツマイモを美味しく食べる為のお茶が3種類も登場しました。

香ばしいアッサム、とうもろこし茶、そして東洋文化の緑茶です。

 

サツマイモの甘味を、さっぱりとしたお茶が後味引きます。

緑茶はもちろん急須で淹れます。

 

身分の高い人が低い人のためにお茶を入れることもあるという東洋。

美しい精神をお茶の作法に落とし込んだ東洋の文化を知って、令嬢たちは初めて異文化への偏見や思い込みに気づきました。

 

世界のお茶を通して各地の文化を学ぶこともよりいっそう美味しく飲むコツなんでしょうね。

いよいよ販売!サツマイモミルクティー

冬限定で売り出し始めたサツマイモミルクティー。

寒ーい冬にあったかミルクティーはそれだけでも最高だけれど、サツマイモピューレが入っているなんてよりいっそう幸せな味がしちゃいます!

 

順調に売れて、クロエのアイデアは大成功でした。

広がるサツマイモ栽培

こうしてサツマイモの下品なイメージをアップさせることが出来たクロエ。

貴族間でも大流行し、たくさんの領地で栽培されました。

 

安価で管理しやすいことから、貧しい人たちの救済用の食料として政界でも認められます。

数ヶ月後に大規模栽培が行われて、人々に配られたのでした。

公爵夫人の50のお茶レシピ81話の読んだ感想

サツマイモはお菓子にももちろん良いですが、こんなにたくさんの飲み物にも合うんですね♪

私はアッサムと緑茶は知っていますが、とうもろこし茶って飲んだことありません。

 

漫画によるとさっぱり系のお茶のようでした。

アッサムとサツマイモケーキ、緑茶とサツマイモ羊羹も美味しい組み合わせだとわかります。

 

きっと、とうもろこし茶もサツマイモに合わせると美味しいのだと思います。

とうもろこし茶もぜひ飲んでみたいです!

そしてクロエが広めたサツマイモのおかげで、飢えた子どもたちや民を救うために政界も動きました。

栽培が安定して安価なので、多くの人の手に渡ったんですね。

 

自分の商品も売ることができ、国も動かして国内の貧困問題を解決するなんてクロエの目のつけどころは大正解でした。

最後に花畑でクロエが聴いた声はいったい誰の声なんでしょうか?

 

クロエは1人で花畑にいるような描写でしたが。

続きも気になります。

今後のアルフォンスとの展開も見逃せません!

まとめ

今回は漫画『公爵夫人の50のお茶レシピ』81話の原作/韓国版の小説を先読みお届けしました。

当サイトではピッコマ漫画の通常/日本語版のネタバレもご紹介していますので、そちらもぜひ読んでみてください。

 

≫≫次回「公爵夫人の50のお茶レシピ」82話はこちら