悪党の母になりましたネタバレ&感想

漫画悪党の母になりましたは原作Yulji先生、漫画Iro先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪党の母になりました」8話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

毎日カシウスと顔を合わせることになり、心が休まるときがないロゼリア。

一方でカシウスはロゼリアが自分を避ける理由がわかります。

どうすべきだと考えていました。

≫≫前話「悪党の母になりました」7話はこちら

悪党の母になりました8話の見どころ・考察予想

慣れることのない恐怖、ロゼリアの望むものは

カシウスはロゼリアに怯えないで慣れるようにと話します。

慣れることができるのかと不安な思いを飲み込み、謝るロゼリア。

 

カシウスは何かほしいものはないかと尋ねます。

ロゼリアが望んでいることは、お金や権利ではなく血のついたものを持ち込まないことです。

 

その後、カシウスとアインは拷問部屋にいました。

母上を怯えさせないようにと念押しするアイン。

 

部屋の中にはカシウスやアインを狙うスパイが囚われていて・・・?

悪党の母になりました8話のネタバレ込みあらすじ

このままだと原作通りに?ロゼリアのピンチ

庭でウトウトしているロゼリア。

顔の前が少し暗くなった気がします。

 

もう夕方でしょうか?

目を開けると、そこにはカシウスがいました。

 

眠っているところを見られたのかもしないと焦ります。

ロゼリアは、なぜカシウスがここにいるのか尋ねました。

 

カシウスは、あのことで怯えているのか聞きます。

突然こんなことを言うはずではありませんでした。

 

ただ、仕事のことはロゼリアがチェイド家に入ったときからわかっていたはずです。

初めは戸惑うかもしれませんが慣れるので怯えないようにと話します。

 

これを警告に感じるロゼリア。

言葉をグッと飲み込み、謝ります。

 

慣れる日が来るのか不安な思いを抱きながら、カシウスの元から去ろうとしました。

するとカシウスは何か欲しいものがあるかと聞いてきます。

 

警告をしておいて急にほしいものを尋ねるなんてどうしたのかと怪しむロゼリア。

カシウスは欲しいものはできるだけ用意すると伝えます。

 

まるでアメとムチだと感じました。

ロゼリアが望んでいるものは、血がついたものを持ち込まないでほしいということです。

 

こんなこと怖くて言えません。

ロゼリアは欲しいものはないと答えます。

 

カシウスは生活費を増やすことを提案しますが、ロゼリアは断りました。

すると今度は公爵家の管理権を与えると言うのです。

 

必要ないことを伝えると、カシウスは何がほしいのかとしつこく聞いてきます。

ロゼリアは現状に満足していることを伝えました。

 

ロゼリアは、突然カシウスが試すようなことをしてきて頭が混乱しています。

何よりの悩みは3人での食事です。

 

やはりカシウスの視線に慣れません。

まだ自分がロゼリアになれていないのかと悩みます。

 

このままだと原作通りにロゼリアが亡くなってしまうのです。

カシウスやアインを狙う裏切り者が多く存在する

カシウスのいる拷問部屋にアインがやって来ました。

アインはロゼリアを怯えさせていることに対して我慢ができないのです。

 

怖がらせているつもりはないと答えるカシウス。

いつからロゼリアに興味が出たのか疑問のアインは、夫婦のようなことをするのはやめてほしいと言います。

 

カシウスは、アインらしくないと話しました。

使用人たちが最近のアインが可愛らしい子供になったと噂になっているようです。

 

使用人に甘く見られるつもりはないと言うアイン。

カシウスに心配性になったと鼻で笑います。

 

部屋の中にいる囚われている人たちは怯えました。

その中には教師のふりをしてアインに近付いてきたスパイもいます。

 

カシウスとアインを狙うスパイや裏切り者は多くいるのです。

その中心人物はユリエン宰相の存在があります。

 

アインもうんざりしていました。

スパイに目をやったアインは、もう息の根を止めていいかカシウスに尋ねます。

 

生かしておくのはチェイド家や国、皇帝にとって面倒になるのです。

部屋には叫び声が響きました。

 

その後、アインが廊下に出ると使用人が次の授業の案内をしますが、先にシャワーを浴びようとします。

しかし次は剣術の授業もあるのでその後の方がいいと勧められました。

 

アインは先に行く場所があると笑います。

悪党の母になりました8話の感想&次回9話の考察予想

相変わらず怯えているロゼリア。

血に慣れる訳がないですよね。

 

ただ、チェイド家も好きでこのような稼業をしている訳ではなさそうです。

国や皇帝のために汚れ仕事をしているのかなと思いました。

 

周りには裏切り者が多いのでこんな性格の親子になってしまったのでしょう。

アインが使用人に厳しいのはなめられないためですね。

 

カシウスはぶっきらぼうなだけでロゼリアに気を遣っています。

プレゼントで気を引こうとしているのが可愛いです。

 

そしてアインはまた何か企んでいるようでハラハラします!

まとめ

今回は漫画『悪党の母になりました』8話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「悪党の母になりました」9話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら