ネタバレ全話|悪女は2度生きる【ピッコマ漫画】1話から最新話・最終回まで臨時まとめ!

漫画悪女は2度生きる原作Mint先生、漫画PEACHBERRY先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪女は2度生きる」29話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

アルティゼアは西部地方の下級貴族、レクセン卿との結婚誓約書を取り付けます。爵位を買い取るよりレクセン夫人の名だけを取るほうが有益だと考えたらからです。誓約書を手に入れたアルティゼアの元へ1人の女性が訪ねてきました。

≫≫「悪女は2度生きる」その他話数ネタバレはこちら

悪女は2度生きる29話の見どころ・考察予想

アルティゼアがプレイルに秘密裏に動いている理由を話します。

皇位争いにセドリックを巻き込むことに懸念を示すプレイルですが、アルティゼアの話しを聞いて、納得せざるを得なくなりました。

 

プレイルは、エブロン家の多くの人間が考えたことはあるけれど、避けていた事実をアルティゼアに突きつけられたように感じたのでは…。

 

誠実なだけでは生き残ることはできないという真実に、自分もアルティゼアと共に陰になろうと決意するのでした。

悪女は2度生きる29話のネタバレ込みあらすじ

アルティゼアを訪ねてきた女性は、デアリー・フォードと名乗ります。

先程レクセン卿と交わした結婚の誓約書に書かれていた名前でした。

爵位が必要だった理由

アルティゼアはデアリーにレクソン夫人として南海の都市に行くよう命令を下します。

 

道中、リアーガン公爵夫人の侍女へ紹介状を与えるけれど、その後は自分の力で対応することになると言いました。

可能なら公爵夫人の信頼を得るよう、少なくとも侍女の友人になるよう言い渡します。

 

そして用意した指輪を付けるよう命じ、使える人間だと判断したら連絡すると言いました。

デアリーは指輪をはめ、良い知らせを神にお祈りすると頭を垂れます。

 

アルティゼアが、祈るべき相手は神ではなく悪魔だと言うと、デアリーはどちらでもかまわないと答えました。

 

デアリーが出ていくと、プレイルがリアーガン公爵家の間者を送るために爵位を買ったのかと訊いてきます。

そうだと答えたアルティゼアは、帝国全土を統べるためには南部の勢力も意識するべきだと言いました。

 

継承争いに飛び込むつもりですかとプレイルの顔色が変わります。

 

血統でいえばセドリックが皇位継承の一位といっても過言ではないと口にするアルティゼアに、プレイルはエブロン家を無意味な争いに巻き込むのはやめてほしいと抗議しました。

アルティゼアの真意

アルティゼアは、プレイルに生き残るために必要なことだと断言しました。

皇帝にとってセドリックが脅威であることは事実なのです。

 

プレイルも考えなかったわけではありません。

皇位争いを傍観していると、その刃はセドリックにも向けられるのは至極当然でした。

 

プレイルは、アルティゼアの言うことは理解するが、ローレンスの実妹であるアルティゼアをどう信じればいいのかと問います。

 

信じてもらえないことを前提に、アルティゼアは実兄のローレンスやロイガール大公が帝国をまとめる力がないからセドリックしかいないと言いました。

 

あくまでも帝国の未来を思っての考えだと言うアルティゼア。

エブロン家ではできないことを成し遂げるために2年と言ったのだと納得したプレイルは、このことはセドリックには報告しないと伝えます。

 

アルティゼアに跪き、敬意を示したプレイルは、自分にも手伝わせて欲しいと言うのでした。

アルティゼアを気遣うセドリック

草だらけの庭園を散歩するセドリックとアルティゼア。

庭園らしくないけれど森にいるみたいで悪くないと言うアルティゼアに、セドリックはバツの悪そうな表情を見せます。

 

アルティゼアにはなるべく健康的な生活を送って欲しいと思っているのに、庭園が荒れ放題では散歩もまともにできないと思うセドリック。

 

自分の体を労っているようには見えないアルティゼアに、毎日軽い散歩くらいはして欲しいと頼みました。

 

しかしアルティゼアは自分に対する気遣いは、一緒に食事をとってくれるだけで充分だと言ってしまいます。

するとセドリックは、頻繁に顔を見せるのが鬱陶しいのですかと訊いてきました。

 

困ったアルティゼアはそうではないと言いますが、全てを話せないことに負い目があるので言葉を濁します。

問い詰めるつもりではないとセドリックは言いますが…。

 

アルティゼアはセドリックが理解してくれようとしていることはわかっています。

今後、自分が隠し事をしたり悪事を働くことがあったとしても、気付いた時にその理由を訪ねてくださいとしか言えないアルティゼア。

 

そうしてくれたら、絞首台に乗せられたとしても喜んで死ねる気がするのでした。

 

そのとき、セドリックがアルティゼアに手を伸ばします。

泣いているように見えたのでした。

 

そうではないと気付いて、慌てて手を引っ込めます。

道が険しいと言ってアルティゼアの手をとって歩き出すセドリック…。

悪女は2度生きる29話の感想&次回30話の考察予想

プレイルはアルティゼアに言われたことを、うすうすは感じていたのだと思います。

誠実であることは正しい、それはそうかもしれないけれど、セドリックの境遇では生き残れないでしょう。

 

その陰の部分を担うと言っているアルティゼアに、忠誠を誓った形になったプレイル。

ひざまずいて手にキス…ってそういうことですよね?

 

セドリックは本当に善人という感じです。

アルティゼアとしては、余計に心が痛むでしょう。

復讐劇はほどほどにして、今生は愛する人と幸せな時間も過ごして欲しいと思いますが、まだ先の話になりそうですね。

まとめ

今回は漫画『悪女は2度生きる』29話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫「悪女は2度生きる」その他話数ネタバレはこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら