お見合い相手はうちのボスのネタバレ

漫画「お見合い相手はうちのボス」は原作Haehwa先生、漫画NARAK先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「お見合い相手はうちのボス」58話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

ジュンが交通事故に遭った原因は、スアが車に轢かれそうになったのを庇ったからなのでした。

ジフはユナを引き留め話を聞いてもらおうとしますが、ユナはジフを突き放すのでした。

≫≫前話「お見合い相手はうちのボス」57話はこちら

お見合い相手はうちのボス58話の見どころ・考察予想

祖父もスアの父親に会いに行くんだったら、結構丸く収まりそうですね。

どうも、体裁にかなり敏感なスアの父親なので、祖父が会いに行くと頭が上がらそうです。

 

ユナとジフは、少し心配ですね。

すぐにジフが本音を言ってくれればいいのですが。

お見合い相手はうちのボス58話のネタバレ込みあらすじ

思っていたことを素直に話すジフ

私はシン・ユナさん、あなたと結婚すると決心したと話すジフに「やっぱりお見合い相手が私だから」と怒りながら言うユナ。

 

ジフは「見合い相手があなただったから運命を感じた」と話します。

「運命?」と聞き返すユナに、ジフは見合いの経緯を話しました。

 

元々結婚に興味がなく仕事一辺倒だったジフは、女性とお茶をしても仕事の事を考えます。

なのに祖父からは見合いの催促が。

 

だからあの時どんな相手で絶対結婚すると決めていたと。

そのせいで最初は少しやけになっていたかもと言い、ユナさんには申し訳ないと謝ります。

 

しかし、私を待ちながら居眠りしていたあなたを見た瞬間に運命に気づいたとのこと。

あの時ユナさんは運命の人を待ってると言っていたことを聞き、私もそうだったと語ります。

 

その話を聞いてユナは心臓が高鳴りました。

心臓の高鳴りが止まらないユナ。

 

ジフは続けて「あなたが私をだましてたと知ったときも、祖父を言い訳に恋愛練習をするときも、あなたの正体に気づい時にも、ずっと結婚だけを考えてた」と話します。

誰とでもというわけでなくユナさんとの結婚を・・

 

おかげで、生まれて初めて嫉妬して仕事が手につかなかったと。

そうとは知らなかったユナは顔が真っ赤になります。

 

ジフは「ユナさんが電話拒否したり、泣きながら終わりだとかいうからですよ」と痛いところを突くジフ。

ユナの本音

ユナはうつむきながら「私も・・好き・・です」とつぶやきます。

するとジフは顔を寄せて、もう一回お願いしました。

 

ユナは怒って「私も好きです!」と叫びます。

そして、真っ赤な顔で「社長のことを・・」と言うのでした。

 

半信半疑なジフに「好きだからキスしたし、契約恋愛お願いしたのも、おじい様に認めてもらって・・社長と付き合いたくて・・」とブツブツ言うユナの頬に手をあてるジフ。

「本当ですか?だったら結婚しましょう」とストレートに言うのでした。

 

驚いて「待ってください」と言うユナは、社長の事完全に信用できないからと待ったをかけます。

疑われてると落ち込むジフに「そうじゃなくて、結婚は人生で一番大事だから慎重に・・」と説得するユナ。

 

どうすれば信用してくれるかという問いに「しばらくは結婚の話はなしで、私がいうまでは」と提案しました。

もし言ったら、今日言ったことは全部嘘ですと忠告するユナに「ユナさんらしい・・」と納得し「分かりました」と了解するジフ。

 

そして、二人は指切りをしますが、ジフから条件が。

それは、ユナさんの口に直接カギをかけてほしいと。

 

「どうですか?」という問いに「もちろんです」と二人キスをするのでした。

孫が2人

場面はかわり、スアの父親がいる場所に乗り込んできたスアと祖父。

「カン会長!?と・・スア!?」と驚く父親。

 

「お久しぶりです」とペコペコする父親に、元気にしてたかという祖父。

要件をきくと、祖父は椅子にすわり「聞きたいことがあってな・・」と言いました。

 

「聞きたいことですか?」と言いながら、スアになんでカン会長と一緒にいるか尋ね理由を聞くと「あいつが怪我をしたのに、なぜおまえが病院に!?」と怒ります。

私を助けようとして怪我したからと説明すると「なんだと!?お前は大丈夫なのか!?」と聞きました。

 

スアは、ジュンさんのおかげでと言い「パパに文句言いに行こうとしたら、カン会長も用があるからって一緒にきたの」と説明します。

すると、祖父は携帯をとりだし、紹介したい人がいると画面を見せました。

 

そこにはビデオ通話で映ってるジュンの姿があり「ワシの孫じゃ、紹介する」と言い、スアもスアの父親もびっくり!

実は隠し子がいてな・・と言う祖父ですが・・それは冗談でした。

 

冗談はさておき「ぺ会長、キム室長が孤児だといって無視したそうじゃな」とスアの父親を睨み言います。

「ワシも小さい頃親をなくして50年以上も孤児だった。君の娘だって君がしんだら孤児になる。君がお父さんを亡くして会社を繁栄させようと苦労しているときに、ワシが無視したことあったか?」と捲し立てました。

 

「ありません」というスアの父親に「なぜキム室長を無視した」と責める祖父。

「何も持てないやつには・・」と言い訳するスアの父親に、「キム室長は何ももってないわけじゃなく、性格・教養・頭脳すべて兼ね備えてる」と反論する祖父。

 

うちのスアは綺麗で愛嬌もあるし、私が助けなくても自力で・・」と負けてられないスアの父親。

しばらく言い争いが続いたのち、祖父が「キム室長は顔が100万ドル急なんじゃ」と言う言葉に、ごもっともとうなずくスア。

 

スアも負けじと「私もジュンさんも覚悟してます。それに、付き合ってからパパのカード使ってない」と怒ります。

ひるんだ父親は「そ・・そうなのか、だったら前回の見合いは?」と聞くと、「それはハナがしつこくジュンさんに付きまとうから」と説明しました。

 

ハナという名前をきき、身を乗り出す父親に「ジュンさんの事を気に入って口説いてたみたいだけど、ジュンさんは私をえらんでくれた」とのろけます。

父親は「ストーンブリッジの鼻をへし折るなんて・・さすがわが娘」と喜んで肩をたたきました。

 

ジュンを見る目が変わる父親は「見る目はあるようだな」と思います。

祖父は「そろそろ交際を認めたらどうじゃ」と提案します。

 

戸惑う父親に「ジュンが戸籍上でもワシの孫にでもなったら認めてくれるのかの?あいつは孤児じゃないぞ、ワシもジフもいる。戸籍が違うだけで・・」と話しました。

 

ワシの大事な家族じゃ」と。

お見合い相手はうちのボス58話の感想&次回59話の考察予想

戸籍上は違うけど、カン家の一員としてジュンは迎え入れられてるのですね。

かなり前からジフとは親しかったみたいですね。

 

ジフがジュンをかわいがるのもわかるし、ジュンがジフを慕ってるのも凄いわかります。

兄弟という感じですね。

 

スアの父親も、ジュンを認めていってそうに見えました。

父親は少しずれてる感ありますが、ジュンも今後頑張らないといけないですね。

 

そして、やっとユナとジフはお互いの本音を言えてよかったです。

またしばらくすれ違いが続くのかと冷や冷やしました・・・

 

これからどんどんラブラブになっていって欲しいです。

まとめ

今回は漫画『お見合い相手はうちのボス』58話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「お見合い相手はうちのボス」59話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら