異世界剣王生存記ネタバレ

漫画異世界剣王生存記は原作SOON-G先生、漫画YKB先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「異世界剣王生存記」48話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

光輝とエピルとメイデンは、次々とトラップをコンプリートして行きます。
アーティスは、論文を読む内にこの建物自体がトラップだと気付くのでした。

そして、アーティファクトがメイデンだと言うことも・・。

≫≫前話「異世界剣王生存記」47話はこちら

異世界剣王生存記48話の見どころ・考察予想

メイデンが守って来た館は、グレイトアースの研究拠点でした。

中核となったメイデンは、既に人口ガイドラインを移植されており優れた被験者だった為中核になることができたとアーティスは理解します。

 

その中核を倒さなくては、館ごと全員が消失してしまいます。

メイデンは時間稼ぎをする為に、安全な場所として光輝に取り憑き精神を壊し身体ごと乗っ取ってしまおうと考えました。

 

光輝とメイデンの頭脳攻撃が始まり、取り憑いてしまうと相手の記憶が協調し合い辛い過去の記憶をぶつけ合い心理的にダメージを繰り返して心身を壊してしまう戦いを行うことに・・。

 

二人の不毛な戦いの中アーティスは、グレイトアースの研究材料を使って装置を作り出すのでした。

 

一方、リチャードとレズリーは魔法国に到着し、レズリーのメダルが割れたことで館は処理できたと思います。

リチャードたちは、あの方に報告をする為にシンカーズに隠密に忍び込みます。

 

そこに、現れた女性こそが「4大英雄大魔術師ゼノビア」でした。

異世界剣王生存記48話のネタバレ込みあらすじ

お化け屋敷を装っていたのは、グレイトアースの重要資料施設でした。

 

人工ガイドライを移植された治験者が優秀であれば、アーティファクトになることができると理解するアーティスです。

 

その治験者のメイデンを速く探し出すことで屋敷の破壊を阻止できるが、メイデンは安全な所に身を潜めて時間稼ぎをしているとアーティス。

 

その時、一番安全な場所は光輝の身体の中では?と気付くアーティスでした。

光輝とメイデンの心理戦

憑依された光輝は、エピルに剣を振り下ろそうとします。

エピルは、その衝撃波で吹き飛ばされますが無事でした。

 

「なぜ?子供ではなく、メイデンは光輝さんに乗り移ったのでしょう・・。」とエピル。

 

光輝は4大力を持っていない上に、メイデンは優秀な治験者であり狙いは光輝の人格を潰し身体を乗っ取るためだとアーティスが話します。

 

エピルは「私たちは、メイデンさんの見方です!ここから皆で出ましょう!!」と呼び掛けるますが、メイデンは高笑いしながら襲って来るのでした。

 

だが、その振りかざした拳はエピルではなく、光輝自身の顔面を強打します。

崩れ倒れる光輝は、親指を立て俺に託せろ!と言っているようでした。

 

アーティスは「孤独で極限まで鍛え上げられた身体は、並外れている!」と驚きますが、エピルは「脳みそも筋肉だと思ってました。」と冷静なエピル。

 

光輝の頭の中では、光輝とメイデンの思い出の一部が類似し分かち合うようになり、光輝の昔の過酷な記憶を蘇らせて精神的な苦痛を受けさせていました。

 

過去の過酷だった頃の記憶が蘇ると苦痛と恐怖で心身的に強い打撃をしまい、その打撃が重なってしまうと自分自身を保つことができずに気が狂って・・。

 

さらに、光輝は22年間も岩山で生活していた為、その過酷な経験は数知れずありました。

だが、メイデンも暗い性格の為に、外出することを嫌い彼女も思い出したくない過去が沢山あって・・。

 

光輝はお返しとばかりに、メイデンの妄想で書いた恋人への想いのこもった手紙の内容を思い出させるのでした。

 

二人の思い出したくない、過酷な過去を罵り合うという心理戦が続きます。

アーティスとエピルは、グレイトアースの資料を基にして装置を作っていました。

 

異世界人は共通してガイドラインのサポートで魔法を使用しているので、魔法の原則を知らないとアーティス。

 

それなのに、個人的に創れないランクの魔法の技術資料なのでシンカーズに内通するスパイがいるとアーティスは言うのでした。

魔法国ルーン

アーティスが作った装置を稼働させると、レズリーの持っているアイテムにひび割れてしまい屋敷の崩壊を知らせます。

 

その頃、リチャードとレズリーは魔法国ルーンにいました。

物資調達の前に、あの方に任務の報告が先だとリチャード。

 

魔法学会が行われるので街は人が多く、人目に触れないように姿を隠してシンカーズの第一支部へ向かうリチャードとレズリーでした。

 

魔法学会の当初は一般的な学会でしたが、シンカーズが考案した魔道具が高貴な方々の嗜好品として持てはやされて新作の道具を試すことがステータスとなっています。

 

リチャードとレズリーが会場に侵入すると、人工ゴーレムが「侵入者を排除します。」と言って襲い掛かって来るのでした。

4大英雄、大魔術師ゼノビア

リチャードは、人工ゴーレムを倒すと「新作を壊して、屋敷も壊すって酷くな~い?」と黒いハイヒールを履いた女性が現れます。

 

リチャードとレズリーは、謝りひざまずくのでした。

 

「あなたたちのお土産が、それにふさわしいモノなら許してあげてもいいわ。」とその女性が言います。

その女性は、4大英雄の大魔術師ゼノビアでした。

異世界剣王生存記48話の感想&次回49話の考察予想

もう、ビックリしました!憑依された光輝がいきなりエピルに斬りつけるシーンから始まって!!

でも、憑依されているけれど意識の中では光輝は、完全にコントロールされてはいなかったようですね。

 

目に見えて攻撃を見ることはできないものの、光輝の中では静かなる攻防が繰り広げられていました。

それも、過去の辛い記憶を競い合っての潰し合いと言う不毛な攻撃でした。

 

光輝とメイデンの辛い過去は、辛さを比べると人それぞれ感じ方と受け取り方が違うのでその人にしか理解できないことでもあります。

光輝と同じような経験を出来るかと言うと、わたしには無理です。

 

メイデンの辛い過去は、今の世界に少し似ているように思えて乗り越えられるのではと感じるものの本人にしてみれば辛くて恥ずかしいものでしょう。

女性には、ありがちな辛い思い出のようにも感じました。

 

グレイトアースの人達は、人を道具としか見ていないのですね。

その人の痛み、悲しみ、苦しみ、絶望・・、などの気持ちも理解できないのでしょうか?

 

ある意味、悲しい人々なのかもしれません。

 

さて次回は、光輝とメイデンの勝負とエピルの裁判に待ちあうのか?!

やっとリチャードの言っていた「あの方」の正体も次回明かされます。

まとめ

今回は漫画『異世界剣王生存記』48話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「異世界剣王生存記」49話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら