悪女のペット (ピッコマ)ネタバレ

漫画悪女のペットは原作Seobo先生、漫画Harnenn先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪女のペット」37話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

プロポーズを終え帰宅したアースはなぜかうれしい気持ちでいました。皇太子ヨハネスがそんなアースを挑発しても冷静に対処し、あらためてシャシャを守ろうと決意します。

 

一方でシャシャはプローズしてくれたアースに罪悪感をいだいていましたが、原作と違う展開になったことに一安心していました。

しかしそんなシャシャのもとに、「社交界のイカレ男」アルゴ・チェイスがお見合いの相手として、突然現れて…。

≫≫前話「悪女のペット」36話はこちら

悪女のペット37話の見どころ・考察予想

前回の最後に登場したアルゴはとにかくひどいイカレ男なので、今回シャシャに対してどんな態度をとるか怖いもののとても気になるところでもあります。

 

シャシャはアルゴがどんな人物かはしっていますが、性格的に自分を大事にしないし、大胆な行動をとることもあるので少し心配ですね。

こんな時活躍するナスカの動きにも注目しつつ、続きを読んでいきたいと思います。

悪女のペット37話のネタバレ込みあらすじ

見合い相手にアルゴが選ばれた理由

今一度アルゴ・チェイスが引き起こした騒動を思い出すシャシャ。

 

アルゴが自殺騒ぎを起こしたことで、アルゴに冷たくしたリリスを責める貴族もいたが、自殺という行為でリリスを脅したアルゴに対しての非難も多かった。そして当然二人はとっくに破談になっています。

 

その後アルゴはリリスを再び振り向かせようとしたが、リリスはすでにペイン皇子といい雰囲気になっていたので、なすすべはなく…。

結果としてチェイス家は、性格も評判も地に落ちた最悪な次男を何とか結婚させて厄介払いしたいと考えているはずです。

 

シャシャはこんなとんでもない男と娘を結婚させてでも権力がほしい自分の両親に驚愕しました。

アルゴに対するシャシャの思惑

アルゴはそんな過去があるにも関わらず、シャシャに一刻も早く会いたくて来た!などと思ってもないことを言ってシャシャの気をひこうとします。

 

シャシャは当然アルゴの内心を知っているので、リリスを想ってっているアルゴのシャシャへのごますり発言にドン引きです。何とか追い返したいところですが、相手が相手だけに仕返しの恐れもあります。

 

丸く収める方法を考えるとナスカが目に留まりました。するとドラゴンがそばにいるのに、アルゴにびくびくしている自分が馬鹿らしくなり、アルゴと話してみることにしてみました。

そして、ナスカに綿あめをあげると約束して、何やらこそこそ作戦を立てるシャシャでした。

 

客間に通されたアルゴは、シャシャに待たされ焦ってイライラしています。

シャシャはそんなアルゴの様子に、最後の居場所である自分との婚約をなとか成功させようと必死なアルゴの内心を見抜くのでした。

 

アルゴはそんなシャシャの内心を知りもせず、相変わらず、「一刻も早く会いたかった」「以前からシャシャのことを気にしていた」などと思ってもない言葉を並べてシャシャの気を引こうとします。

 

とりあえずアルゴの出方が見たいシャシャは、二人きりになりたいというアルゴの希望に乗ることにしました。

ナスカに退室するように目で合図します。

 

ナスカならドラゴンの力で廊下でも会話は聞こえるため、いざというときは駆け付けてくれるはずです。

アルゴと二人きりになるシャシャ

ナスカが出ていくとアルゴは、婚約を省略してもう結婚してしまいましょう!ととんでもないことを言い出します。

住む屋敷も用意されているし、子供たちに囲まれた素敵な生活が待っている、自分はいい夫になりますよと。

 

シャシャからしてみれば、婚約を受け入れるとも言っていないうちに、すでに夫としての自分をアピールするアルゴにドン引きです。

もうこれ以上この会話を続けるのが耐えられなくなったシャシャは、リリス嬢の名前を出してアルゴを揺さぶります。

 

自殺騒動も知っているので、アルゴのことを信用できないとシャシャが言うと、アルゴはあの騒動はデマだと必死に言い訳をします。

しかしそんなアルゴの言葉をさえぎってシャシャは話続けました。

自殺未遂をするまでリリスにのめりこんでいたのに、急に自分と結婚するなんて信用できないから婚約は絶対にしないと。

 

シャシャは自分は下級貴族ではあるが、公爵家の一人娘レベッカと親しい。それに対しアルゴは伯爵家の出とはいえ、次男で爵位もないし、女に縋りついた結果名誉も失ったではないかと、厳しい言葉をつづけます。

 

極めつけにシャシャは、自分にうそを言うのではなく、はっきりとリリスを愛してると言ったらどうだ!とアルゴに言い放つのでした。

シャシャを襲うアルゴ

しかしこれはさすがに言い過ぎたとシャシャが内心焦っていると、アルゴが意外にも「リリスを愛している」と素直に認めました。

 

そしてリリスへの恨み言を口にしながら懐から短剣を出し、「リリスはシャシャと仲良くなりたいらしい」から、逆に殺してしまう!と恐ろしい顔で襲い掛かってくるのです。

 

命の危険を感じたシャシャはすぐさまナスカを呼びます。

勢いよくドアが開くとそこにはナスカだけではなく、なぜかアースとリリスまでもがいたのです!

悪女のペット37話の感想&次回38話の考察予想

アルゴがイカレ男だということはリリスとの自殺騒動でわかっていましたが、想像以上にイカレていましたね。ストーカーとしても現代なら警察が出動するレベルの案件なのに、シャシャまで襲ったら完全に傷害事件!

 

アースやナスカが次回懲らしめてくれることに期待しましょう。

そしてどうやってリリスがこの場所に居合わせたのかも次回明らかになるでしょうから、気になるところですね。

まとめ

今回は漫画『悪女のペット』37話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「悪女のペット」38話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら