悪女の定義ネタバレ&感想

漫画悪女の定義は原作HÆON先生Yuns先生、漫画Min(REDICE STUDIO)先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪女の定義」113話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

皇太子がアイリーンを優先していたのは脅されていたからだと知ったシャティ。2人の関係にも変化が。その矢先、アイリーンが毒を盛られたという知らせが入ります。さらにシャティの仕業だという噂が流れ…。

≫≫「悪女の定義」その他話数ネタバレはこちら

悪女の定義113話の見どころ・考察予想

2人のレジーナのうち一人が毒を盛られたとなったら、もう一人が疑われるのは当然かも知れません。

 

でも、公然と噂になるには絶対理由があるはずだと思ったシャティは自ら看病することで噂を鎮めようと考えます。

シャティの思惑は成功し、それどころか慈悲深いとまで評価されます。

 

今回の見どころは、目を覚ましたアイリーンが本性を表す場面!

シャティに悪態をつきます。

シャティはどう返すのでしょうか!?

悪女の定義113話のネタバレ込みあらすじ

噂を払拭するために、シャティは自らアイリーンの看病をすると言い出します。

当然宮は大騒ぎに。

 

アイリーンの侍女が抗議しますが、皇太子が許可をしたので従うしかありません。

シャティの侍女たちも大反対でした。

シャティの作戦勝ち

エディスはすごい剣幕でシャティを止めます。

 

侍女を送ればいいと言われても、シャティは自分が行ったほうが確実だと譲りません。

しぶしぶ侍女たちは従いました。

 

シャティがアイリーンの寝室に入ると、アイリーンの侍女たちが鋭い監視の目を光らせます。

看病自体はほとんど侍女がするので、シャティが思っていたほど大変なものではありませんでした。

 

シャティが看病することは、予想以上に成果をもたらします。

貴族はもともと自分のことすら使用人任せだから、誰かの世話をするシャティの行動は衝撃的であり慈悲深い令嬢という印象を植え付けるのでした。

 

とにかく、アイリーンが濡れ衣を着せようとした努力は水の泡になったとシャティは感じますが、一体なぜここまでのことをしたのかという疑問は残ります。

 

今も尚意識の戻らないアイリーンの顔を見ながら、シャティは皇太子妃になることに対する怖いまでの執着を感じるのでした。

悔しがるアイリーンを前に…

シャティがアイリーンの枕元に控えている時、侍女長が他の業務で席を外しました。

 

1人残されたシャティ。

やることもないので部屋の中をシャティが見物していると、アイリーンがうめき声をあげました。

 

気が付きましたか!?とシャティが駆け寄ります。

うっすらと目を開けたシャティは、主治医を呼びに行こうとしているシャティに、またあんた…と蚊のなく声で呟きました。

 

また邪魔をしにきたのかと焦点の合っていない目で言うアイリーン。

こうなったのもあんたのせいだと言いたい放題のアイリーンに、シャティも我慢ができなくなって、人のせいにするなと言ってしまいました。

 

するとアイリーンは悔しそうに歯ぎしりをして、あんたに何がわかると怒鳴りちらします。

公爵家に産まれてチヤホヤ育ったシャティには私の気持ちなんてわからないと悪態をつくアイリーン。

 

シャティは含み笑いをして、どんな風に生きてきたのか知らないのはお互い様だと冷静に語りかけます。

 

自分に選択肢がなかったのではなくそう思いたいだけで、今までしてきたことは全部自分自身の選択だと言うシャティ。

 

上にのし上がることが重要で、皇后になれなくても良かったんでしょうと詰め寄ります。

だからあなたは私に勝てないと言い放ちました。

 

あああああ!!と絶叫するアイリーン。

私があんただったら!と今の立場を悔しがります。

 

シャティは私があなただったらこんなことにはなっていない、あなたは絶対私にはなれないと言い切りました。

悪女の定義113話の感想&次回114話の考察予想

アイリーンは自分の目論見いが失敗に終わったことをわかっていたのでしょうか?

目の前にシャティがいるから察しはついたのかもしれません。

 

命をかけて陥れようとしたのに、と考えると取り乱すのもわかります。

本性が出ちゃった…。

 

シャティは冷静に返しましたね。

 

アイリーンが皇后の座を本当に欲しているのではなくて、ただ自分のコンプレックスを解消するために、自分の地位を上げるためだけに皇太子を脅したり人を欺いたりしたのだと感じて、シャティは許せなかったのでしょう。

 

シャティの言葉にアイリーンは何を思ったのか!?

このまま大人しく引き下がるとも思えないのですが…。

皇后も後ろにいますし。

まとめ

今回は漫画『悪女の定義』113話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫「悪女の定義」その他話数ネタバレはこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら