韓国→日本語略訳|公爵夫人の50のお茶レシピ先読みネタバレ!

漫画「公爵夫人の50のお茶レシピ」83話の原作/韓国版の小説を先読みして読んだので、あらすじ&ネタバレをご紹介します。

 

1年の最後の夜を、2人きりで過ごすことにしたクロエとアルフォンス。

雑事をメイド達が変わってくれたクロエは、久しぶりにゆっくりと穏やかな夜を過ごします。

 

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

≫≫日本語版のネタバレはこちら

公爵夫人の50のお茶レシピ83話【原作】韓国版のあらすじ込みネタバレ

見どころと考察

今回は読者待望のラブラブ会でした!

アルフォンスの視点から、いかにクロエを大切に思っているのかが描かれています。

 

今回出てくるお茶はほうじ茶です。

クロエのアレンジはアルフォンスも気に入った様子。

ほうじ茶でこんなにロマンチックな夜が過ごせるなんて、キュンキュンしてしまいました。

アルフォンスの気持ち

アルフォンスは10歳くらいから孤独を抱えていました。

今はもう愛する人に会えて、その孤独感も癒されたようです。

 

クロエとの優しい日々を送っていくうちに、心に重くのし掛かっていた黒い影が力を失い、大人しく消えていくのを感じています。

愛を通わせることができてとても幸せそうですね。

 

暖かい気持ちになったアルフォンスは寝る前にお酒を一杯飲もうと提案しますが、クロエが年越しのためにお茶を準備してくれていました。

深夜のお茶会

新年をよくするために、ブレンドした東洋のほうじ茶を用意したクロエ。

来年が戌年であることから、そのテーマで準備をしてきました。

 

不思議そうなアルフォンスに、クロエは干支の説明をします。

アルフォンスに東洋文化に詳しいと言われて焦りますが、なんとか誤魔化すことができました。

 

アルフォンスは今回初めてほうじ茶を飲むようです。

ほうじ茶は緑茶の茶葉を炒めたもので、香ばしい香りと味が特徴です。

 

今回はあるものが2つ、ブレンドされています。

クロエに当てたら願いを聞くと言わせたアルフォンスは、あっさりとシナモンと生姜が入っていることを当ててしまいました。

 

味の感想はクロエに似ている、です。

2人が本当にラブラブな所が伺えますね。

そしてアルフォンスのお願いとは…?

今年最後の夜を、日が昇るまでずっと一緒に過ごしたい、ということでした。

公爵夫人の50のお茶レシピ83話の読んだ感想

クロエである楓だけではなく、アルフォンスにも心を縛るものがあったんですね。

2人が努力して愛を取り戻し、心を通わせてきたんだというのがよくわかるお話でした。

 

ほうじ茶の心がホッとするところなどがクロエに似ている…という感想には思わずツッコミたくなりました。

誰も付け入る隙がないほど、しっかり愛されています!

私はほうじ茶にアレンジってあまり知らなかったのですが、生姜とシナモンのブレンドは初めて聞きました。

 

牛乳を入れてラテにするのは、最近流行りつつありますよね。

生姜とシナモンも、ピリっとして美味しいのでしょうか?

 

また、私達にも干支はお馴染みの文化です。

あまり気にしたことはありませんが、確かに西洋文化から見てみると動物がその年のテーマになるのは不思議かもしれませんね。

 

クロエの世界での次の干支は、戌年のようです。

新年も一緒に迎えたいと甘えるアルフォンス。

新年も平和に穏やかに2人で生活できると良いですね♪

まとめ

今回は漫画『公爵夫人の50のお茶レシピ』83話の原作/韓国版の小説を先読みお届けしました。

当サイトではピッコマ漫画の通常/日本語版のネタバレもご紹介していますので、そちらもぜひ読んでみてください。

 

≫≫次回「公爵夫人の50のお茶レシピ」84話はこちら